中学受験 子どもが言う「できた!」の意味を考える

+2

受験の窓口 今日のメニュー
・子どもの「できた!」にがく然とする母親
・男の子の“正解”の基準
・子どもは正解基準を深く考えない
・偏差値が“コンスタントに高い”子の点数の読みは正確
・成績が安定するレベルとは

スポンサーリンク

子どもの「できた!」にがく然とする母親
「テストどうだったの?できた?」「うん、できた!けっこういい点になると思う」――。お母さんの“定番”の問いかけに、子ども、特に男の子はこう答えることが多いのではないでしょうか。

子どもの明るく答えた言葉を信じて、お母さんはテストの結果速報を首を長くして待ちます。が、塾の「マイページ」を開き、情勢が判明すると、お母さんはがく然。「ええっ…」と声をあげることもあるのではないでしょうか。子どもが自信満々に言っていた予想点数との差があまりにも大きくて。予想より上回っていれば「わっ、やった!」となりますが、大概その逆。デジタル画面を前に、血の気が引くようなこともあります。

子どもの「できた!」は実際のところ…

男の子の“正解”の基準
模試でも本番入試でも子どもの「できた!」はあまりアテになりません。嘘をついているわけではないのですが、答えを出した時点でかなりの希望的観測で“正解”と思い込む子が男の子に多い傾向にあります。

 国語は記述の解答欄を埋められれば、漢字の書き取りができれば、算数は一応の答えが出れば、理科社会も一問一答のところが漢字で書け、記号問題に答えられれば“正解”にカウントしてしまう子が意外と存在します。

女の子は割と慎重で答えが出ても、あっているかどうかは半信半疑でテストを解き進めていくようです。男の子はそれだけ前向きということなのかもしれません。

スポンサーリンク
男の子と女の子は「できた」の基準が違う

子どもは正解基準を深く考えない
国語の記述問題はそれぞれ採点のポイントがあり、解答欄を埋めたからといって○や部分点がもらえるわけでもなく、漢字の書き取りは「トメ」や「ハネ」などもチェックされます。

算数は答えの数字が出たからといって、計算が正確にできているかどうかは分かりません。理科や社会でも頭に浮かんだ漢字で答えてしまい(社会の地名や人物名などが特に)、記号問題も細部まで検討してというより、「なんとなくこれ」という感じで選択している子は、相当数にのぼるとみられます。

 12歳の子どもたち、もちろかそれよりも幼い子も、その「あいまい」な解答を正解にカウントするから「できた!」となるのです。

成績の伸びない子は視野が狭い

偏差値が“コンスタントに高い”子の点数の読みはほぼ正確
しかし、偏差値が“コンスタントに高い”子は様相が違います。このレベルの子は、総じて予想点数と実際の点数の誤差がそれほどありません。自己採点をする前に4教科500点満点のテストで、誤差±10点程度というかなりの精度の子もいます。なぜこうも違うのでしょうか。

 偏差値が高い数字で安定している生徒は「何が正解なのか」という感覚が自然と身に付いています。逆に一応の答えは出ても体感的に「これは正解じゃない」とも分かるのです。つまり、解き終わった瞬間に点数になるかならないかの判断が比較的正確にできているのです。

偏差値の高い子は「できた」という実感を去っている

成績が安定するレベルとは
偏差値が不安定な子、伸びない子、低迷している子は問題を解いていても簡単なもの以外は何が正解で、何がそうではないか、あやふやなまま学習を進めているというのが実態です。

偏差値が大きく伸び、その後安定した生徒はこんなことを言っていました。「答えが出た時に、できているという感じが分かるようになった」。“実感がわく”とはこういうことなのでしょう。

単純暗記や解法のマスターではなく、本当に理解して、なぜそれが正解なのかを人に説明できるレベルに達すること。目標は高いですが、この域に達すると成績は間違いなく安定します。(受験デザイナー・池ノ内潤)

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です