中学受験 質問は大切、でも苦手

0

受験の窓口 今日のメニュー
中学受験の質問はハードルが高い!?
大手進学塾が質問を“制限”する背景
・個別塾に集まる「質問が苦手な子」
・質問しても分かった“ふり”で終わらないために

「質問」をより有効なものにするには親御さんのかかわりが必要

スポンサーリンク

★中学受験の質問はハードルが高い!?
「分からないことがあったら、先生に質問してきなさい」――親御さんは子どもに向かって簡単に言います。

でも、中学受験では塾によって“簡単に”質問できない雰囲気と環境であることは、意外と知られていません。入塾して、中学受験をスタートしてしばらくしてから、親御さんも先生への質問のハードルの高さに気が付きます。

中学受験で先生に質問するのは意外とハードルが高い

★大手進学塾が質問を“制限”する背景
大手進学塾の中には、質問できる時間を決めて、それ以外は原則受け付けないというところもあります。しかも1回につき質問できるのは1つだけと制限している場合も珍しくありません。

 膨大な数の生徒を抱えている教室では、きめ細かく質問に対応したいという気持ちはあったとしても物理的に難しいという事情があります。大手塾でも教室の規模が小さい所は、手厚く面倒を見てくれる場合もありますので、大手は質問しづらい、と一概には言えませんが、大きな期待は抱かない方が良いでしょう。

質問で行列ができる塾もある

個別塾に集まる「質問が苦手な子」
 その受け皿として、大手の中には個別指導塾を併設している場合が目立ちます。授業内容に遅れがちの子、噛んで含んで教えれば理解できるが、通常授業のスピードでは「取りこぼし」のある子、そもそも中学受験のレベルにはまだ達していない子など、個別にはさまざまなタイプの子が集まります。その中で一定数いるのが「質問をするということ自体にハードルの高さを感じている子」です。

スポンサーリンク

 この手のタイプもいろいろな“問題”を抱えている子がいます。例えば「恥ずかしくて先生に質問できない」といったケース。成績自体はそう悪くないのですが、こんなことを聞いたらバカにされるとか、あまりにも基本的で質問するのはちょっと…と躊躇してしまうなど、自意識過剰なタイプです。あるいは「どう言って質問したらいいか分からない」、つまり先生にどうプレゼン(表現)していいか、うまく伝えられるか自信がないといった、内気な子もいます。

どどうしても一歩前に出られない子も…

質問しても分かった“ふり”で終わらないために
 質問することにハードルの高さを感じている子は、個別でも先生と「そりが合わない」と、ひと通り解説や説明を聞いただけでうなずき、分かった“ふり”をして終わりにしてしまいます。その先生のことを気持ち的に「無理」と思ってしまっているので、それ以上、あるいはもう一度聞いてみようという気持ちが萎えてしまうのです。個別に入れれば、何もかも解決、といかないところが難しいです。

 が、一度説明を聞いても納得いかなければ、根気よくどこが分からないかを何度も訴えることが大切です。そうすれば個別の先生は丁寧な先生も多いので、手を変え品を変え、答えてくれます。その過程で先生の方が「つまずき」の部分に気が付いてくれることも多々あり、こうすれば理解してくけるのでは、と新たな提案をしてくれる場合もあります。

質問は根気強く 新しい道が見つかる可能性もある

★「質問」をより有効なものにするには親御さんのかかわりが必要
 個別はただ分からないから教えて、とお金を払って通っても大して身にはなりません。子ども自身が「ここを分かるようになりたい」と強く思わないとなかなか前には進みません。だからと言って、性格的に前に出られない子も少なくないでしょう。そのためにも個別という選択をする前に、親御さんがアシストしてあげることも大切です。

 子どもがどこにつまずいているのかを把握し、それほど根が深くなければヒントを与えて、子ども自身が気が付けるように導きます。肝は答えを教えるのではなく、あくまでヒントで止めること。答えを教えてやり方を丸暗記しても、実際の入試では、特に中堅校以上では勝負になりませんから。

 親御さんでも手に負えない、教えようとすると親子でぶつかってしまうなどの場合は、第三者に委ねましょう。次回はより具体的な質問の仕方を紹介します。(受験デザイナー・池ノ内潤)

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です