中学受験 大学附属を選択するということ(1)

+1

受験の窓口 今日のメニュー
まずは“行き先”確保 人気の大学附属校
慶応はほぼ100% 早稲田系属校は学校によって違う
「中堅校」は少なめ、「日大系」は半分、「女子校」は幅広く
・推薦の権利を保持したまま他大学挑戦が可能なところも
・大学附属・系属校の実態は…

スポンサーリンク

まずは“行き先”確保 人気の大学附属校
 中学受験で男女御三家や偏差値上位校とともに人気なのが「大学附属(系属)校」です。高校3年次に決められた成績を校内で収めれば、併設の大学に進学できるというもので、中学入学とともに、高校、大学へと続くことから、一般的に「エスカレーター式」とよばれるものです。

 多くの私立大学は附属校を傘下に置いており、知名度も高いことから、中学受験市場でも附属校ばかりを志望校に挙げて受験する家庭も少なくありません。大学入試制度改革が迷走している昨今、不確実な受験を避け、早いうちから“行き先”を確保しておきたいという親御さんの思いはよく理解できます。

大学附属校は人気です

★慶応はほぼ100% 早稲田系属校は学校によって違う
 附属校からの併設大学進学といっても、その割合はさまざまです。早大学院や早稲田実業(系属)は、ほぼ100%早稲田大学へ、附属校という位置づけではありませんが、慶応系も100%近く慶応義塾大学へ進みます。

 同じ早稲田系でも早稲田中学・高校から早大進学は5割程度。学部ごとに推薦人数が決まっていますが、定員に満たないこともあり、東大や他の国公立大、医学部や他の私大へと進路は多岐にわたります。また、早稲田佐賀や早稲田摂陵(大阪)の系属校からの早大進学は生徒数の約半分程度が推薦枠として用意されています。

 早稲田中学・高校などは、他大学を受験する場合、早大への推薦権がなくなります。いわば退路を断っての大学受験となります。

スポンサーリンク
早稲田は学校によって推薦の割合が違う

「中堅校」は少なめ、「日大系」は半分、「女子校」は幅広く
 大学が併設されていながら、他大学進学組の方が圧倒的に多い場合もあります。中学受験の段階でいわゆる「中堅校」に位置する学校にその傾向が強く、そのまま併設の大学へ進むのは10%前後。中には推薦枠がかなり余って、大学受験著前期の12月や1月に推薦の“2次募集”をかける学校もあります。

 中学受験の世界では「中堅校」という位置づけも、高校全体でみれば「進学校」であることが多く、国公立大や偏差値的に高い他の私大が希望という生徒が大半で中堅校の併設大学へ進む生徒の中には「浪人するよりかは…」と消極的選択の子も正直なところいます。

 首都圏に多数ある日本大学系の中高一貫校から日大に進む割合は学校差があるものの、概ね半数程度。東海大学系は少し高く7割超程度というところです。

 「女子校」の場合は幅が広く、併設大学の進学が10%前後のところもあれば、学習院女子は約6割、女子美術大付で約7割、日本女子大附で8割程度と高いところもあります。

中堅校ではだ大学受験も盛ん

推薦の権利を保持したまま他大学挑戦が可能なところも
 一方で、基本は併設の大学に進学も、推薦の権利を保持したまま、条件付きで他大学を受験できるという“懐の深い”中高一貫校もあります。

 明治大学附属明治など明大系では、国公立大受験に限って推薦権を保持したまま挑戦でき、中央大学附属などの中大系は国公立や中大にない学部の受験ならば推薦との併願を可能と規定しています。法政大系では、国公立などの枠はなく、どこの大学でも法大の推薦権を持ったままチャレンジできます。

 推薦権を保持したままの大学受験は、浪人のリスク回避という、いわば「保険」がある状態です。6年後を見通すことが難しい中学受験段階で、親御さんからみれば魅力的なオプションに映るでしょう。明治、中央、法政などいわゆる人気の「GMARCH(ジーマーチ)」ということもあって、毎年中学受験では1回目の入試から実質倍率3倍超になることは珍しくありません。

都市回帰の方向を打ち出している中央大学

大学附属・系属校の実態は…
 次回は大学附属・系属校の他大学受験や大学進学、卒業後について触れたいと思います。(受験デザイナー・池ノ内潤)

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です