中学受験 受験校への“道のり”確認しましたか?

0

受験の窓口 今日のメニュー
受験校への交通経路、所要時間の把握は必須
事故で電車が遅れる場合は落ち着いて受験校へ連絡を
・2、3本電車を乗り過ごしてもいいようにしておく理由
親御さんにしてほしい同じ時間、同じ曜日の電車に乗って学校へ
「調べたけど必要なかった」が最高!

スポンサーリンク

★受験校への交通経路、所要時間の把握は必須
受験校への“道のり”、こう書くと受験校合格への道のりのように聞こえますが、ここでは受験校への交通経路のことをお話しします。

 志望順位の高いところだけでなく、お試し受験やすべり止め、結果次第で急きょ受験する可能性のある学校へ、あるいは指定された試験会場へどうやって行くか、事前に調べていますか。朝早く家を出る場合、午後受験で別会場から駆け付ける場合、いろいろなケースが考えられますが、あらかじめ出発時刻や所要時間などを把握しておくことは、親御さんの必須事項です。

電車の時刻、乗り換えは必ず調べてまとめておきましょう

事故で電車が遅れる場合は落ち着いて受験校へ連絡を
まずは学校までの交通経路です。ルートがほぼ1つしか考えられない場合もありますが、その場合でも事故など電車が止まった場合の別ルートをあらかじめ頭に入れておきましょう。「ここまで行けば、この電車でどこまで出られる」など、代替ルートだけで構いません。時間はダイヤが乱れて計算できないと思いますから。

 事故で電車内に閉じ込められたなど、考えたくはないですが、試験開始時間に間に合わないと判断した場合は受験校に必ず連絡してください。基本は電話連絡かと思いますが、各校の入試要項に記されている手段で遅れる旨を伝えておけば、中学校側も入試を別室で遅れて受けさせてくれるなど配慮をしてくれるところが大半です。慌てないでください。

遅刻が避けられない場合は慌てず学校へ連絡を

2、3本電車を乗り過ごしてもいいようにしておく理由
 次に出発時間です。早過ぎてもいけませんが、ぴったりに付くというのも何があるか分からないので怖いです。電車の乗り継ぎがあれば、そのつながりもあるので一概には言えませんが、“ちょっと早いかな”“2、3本乗り過ごしても大丈夫”くらいの余裕を持って家を出てください。極端に早く到着しない限り、中学校側も控室を用意してくれているので、暖を取れるところで待たせてくれるはずです。

スポンサーリンク

 2、3本乗り過ごしても、というのは、満員電車内の暑さや緊張から気分を悪くする受験生が毎年必ずいるからです。我慢せずに1回降りて、外の空気を吸ったりするなどしてからもう一度乗車するなどした方が得策です。我慢し続けると、精神的にも身体的にもいいことはありません。お腹に不安がある場合は、家を出る際には何でもない時でも薬を飲んでおくと良いでしょう。気持ち的に不安にならないというのは大きいです。

時間に余裕をもって比較的すいている電車に乗ってください

親御さんにしてほしい同じ時間、同じ曜日の電車に乗って学校へ
 時間、交通経路、事故の場合の対応など、まとめて必ず文字にしておいてください。その上で是非親御さんにやってほしいのが、同じ時間、同じ曜日の電車に乗って受験校まで実際に1度行ってほしいということです。頭の中で想像できても、実際は思っていたのと違うこともいろいろ出てきます。手間を惜しまず「百聞は一見に如かず」です。

 特にウイークデーの上りの場合は通勤ラッシュの時間帯にかち合う時間帯です。大人なら頑張れるかもしれませんが、普段満員電車に揺られていない12歳の子どもには“大一番”を前にすし詰めの車内は酷です。なので、どれぐらいの混み具合なのかを事前に把握しておいてほしいのです。

 快速とかではなく2、3本前の各駅停車に乗れば、座るのは難しいしものの、少し余裕があるなど、最寄り駅で朝方に観察していると意外な発見もあると思います。場合によっては、その日だけ特別にグリーン車や特急指定席を利用するのも手です。それくらいは受験の「必要経費」だと思って出費してください。

親御さんのルート下調べは必須です

「調べたけど必要なかった」が最高!
 あとできればですが、乗り継ぎ駅で多少余裕をつくってトイレを済ませておくのもお勧めです。学校の最寄り駅のトイレは混雑して使えなかった、という話を受験後によく耳にします。中学校のある駅は大きなターミナルばかりとは限りません。乗り継ぎ駅で場所を調べておくのも「あり」だと思います。

 そんなことまで…と言いたくなりますが、一生に一度の“決戦”です。「調べたけど、結局必要なかった」、となるのが一番良いことです。その時は「無事受験ができて良かった」と喜んでください。何事もなく受験できるというのは、親御さんの努力があってのものです。(受験デザイナー・池ノ内潤)

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です