中学受験 5年生の冬は“反撃”への大切な時期

0

受験の窓口 今日のメニュー
5年生にとって“反撃”の冬
・6年夏の「天王山」で勝負するには半年の準備が必要
・「中学受験はスタートが肝心」が身にしみてわかる6年夏
・「できる親御さん」がやっている子どもの学力の把握の仕方
・受験勉強“丸投げ”体質のからの脱出を目指せ

スポンサーリンク

★5年生にとって“反撃”の冬
 1つ年が違うと、こうも違うのかというくらい、6年生の緊迫感とは打って変わってのんびりの5年生。受験勉強に慣れて、年末年始を挟んでの冬期講習も、いつもと変わらずといった雰囲気ですが、6年生進む前の“反撃”のチャンスはこの時期しかありません。

 志望校を具体的に決める時期ではまだありませんが、憧れの中学は漠然とでもあるはず。“憧れ校”に偏差値的にみて届いていないなら、この冬期講習を潮にしてアクセルを踏み込むことをお勧めします。

さあ、立ち上がれ!

★6年夏の「天王山」で勝負するには半年の準備が必要
 なぜ、5年生の冬が“反撃”のチャンスなのでしょうか。これは苦手科目や単元に取り組んでから安定した結果が出るまでに、最短でも半年くらいはかかるというところから逆算したものです。

 5年生12月の冬休みに突入して半年といえば、6年生の6月です。夏休み直前です。6年生の夏休みは「受験の天王山」といわれますが、天王山となるべく“勝負”できるのは、それまでに基礎学力が積み上がり、穴が少ない生徒のみがあてはまる言葉です。基礎力も欠けていれば、やるべきこともやっていない生徒では、天王山になりようもありません。

 つまり、6年生の夏期講習で志望校へ向かって相応の実力を付ける前段階として、基礎力を磨き、できるだけ苦手を“つぶしておく”必要があり、それをある程度完成域にもっていくには半年くらいかかるということなのです。

スポンサーリンク
天王山で勝負するには準備が必要

「中学受験はスタートが肝心」が身にしみてわかる6年夏
 受験勉強が事実上スタートする4年生の段階から基礎力マスターに時間を割き、着実に力を付けてきた生徒ならペースを刻みながら、そのまま走り続ければ6年夏の天王山を迎えられます。「中学受験はスタートが肝心」というのはまさにこの点です。

 最初にスムーズな流れをつくってしまえば、無理をする時期がなく、基礎力が積み上がり、むしろ自分の志望校に合わせた勉強をカスタマイズしていって、さらに実力をアップして成績が上位で高止まりします。

 4年生のスタート時で成績が芳しくなくても、入塾から半年かけて塾でやったことをきっちり復習し、自分の頭で考える「勉強体力」をつけていけば、偏差値は10~20くらいアップします。徐々に。というパターンもありますが、一気にドーンという場合もあります。半年経っても効果がない場合は、勉強のアプローチの仕方が間違っているか、生徒自身の復習の仕方に問題があるかでしょう。

石垣を築くようにコツコツと基礎を積み重ねたヤツにはかなわない

「できる親御さん」がやっている子どもの学力の把握の仕方
 では、5年生が6年夏に向かって反撃に転じる場合、どこに重点を置くべきでしょうか。これは個々人で抱えている課題がそれぞれなので、一概にこことは言えません。親御さんが子どもの学習の様子を見渡して判断してほしいところです。

 テストの正解、不正解だけでなく、答案や問題用紙に書かれた計算や国語の記述の下書きのあと、文章のどこに線を引いているのか、など○×だけでは分からないところに注目して、子どものクセや傾向を普段から把握してほしいところです。「できる親御さん」はそのあたりをつかみ、早い時期からケアします。

「できる親御さん」は子どもの学習を俯瞰して客観的に見られる

w@g.

受験勉強“丸投げ”体質のからの脱出を目指せ
 しかし、「できる親御さん」の数は本当に少ないです。なので、落ち込む必要はありませんので、今後塾の先生と特別に面談するなりして問題点、欠けている点を洗い出してみてください。ただ、6年生も受け持っている先生の場合、2月上旬まで慌ただしい時間を過ごすので少し待つ必要があるので、その前に親御さんの方でやれることはやっておきましょう。

 国語の漢字(トメ、ハネまできっちりチェック)、今まで授業でやってきた語彙の確認、計算の手順は正確か、理社の用語確認や地理ならグラフの見方、歴史なら時代の特徴を大まかにとらえるなど、1カ月強の間、成績の良い子もそうでない子も共通してやらなければならないことはある程度進めておきましょう。

 そこまでやって、次のステップとして「先生、ご相談があるのですが…」です。親子共々「勉強が分からないんです」という“丸投げ”から脱出するのもこの冬です。(受験デザイナー・池ノ内潤)

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です