中学受験 過去問は最後に1年分残すべきなのか?

0

受験の窓口 今日のメニュー
・「前受け」でも楽勝でも必ず1度は過去問を!
・近年の過去問は12月中に一巡しておくのが得策
・最高の志望校対策は1月入試本番
・2月の“決勝トーナメント”進出、“敗者復活戦”
・受験直前に得られる“ボーナスポイント”を有効利用せよ

スポンサーリンク

★「前受け」でも楽勝でも必ず1度は過去問を!
 冬期講習、年末年始特訓など連日塾で長時間拘束される受験生ですが、気になるのが志望校対策。学校名の冠が付いた講座を受講している生徒は、冬期も年末年始も志望校対策一色になりますが、ここ数年の過去問は各自でやり終えたでしょうか。

 第1志望に限らず、1月の「前受け校」も持ち偏差値からみれば余裕のある学校でも、必ず1度は過去問を解いてみましょう。そのあたりを甘く見て、過去に「痛い目に」あった諸先輩は数限りなくいます。先人のしくじりを繰り返さないことを祈るばかりです。

1月校を甘く見て手痛い敗北は避けたいところ

★近年の過去問は12月中に一巡しておくのが得策
 よく受験直前までに「過去問は1年分残して本番前に取り組む」ということが、受験戦術の1つとして言われることがあります。通常なら丸3年、受験勉強に取り組んできて、本番前にその成果をみる、という狙いがあってのことだと思います。そうやって合格を勝ち取ってきた先輩たちの実績も否定できません。

 考え方はそれぞれですが、私は過去問は12月中にひと通り終了しておくべきと思います。少なくとも最新の赤本に掲載されているものは残しておく必要はなく、やり終えておくのが良いと思います。というのもこの先、手つかずの過去問をやるよりも、日曜特訓や直前講習でやったものの復習とチェックをしたり、過去問の中で間違ったものを時間をおいてできるようになっているかどうかを確認する方が、より実戦力が付き、合格へのチャンスが広がるからです。残しておこうと思っていた過去問を早くやって、問題点があれば洗い出す作業を急いだほうが真の志望校対策になります。

年内に過去問の“世界”を一周することが大切

★最高の志望校対策は1月入試本番
 確かに取り組んでいない過去問に挑戦することは、意味のあることです。しかも、入試直前の1月の力試しで好結果が出れば本番へ弾みがつくことでしょう。しかし、1月には多くの生徒が過去問演習以上に「最高の舞台」になる入試が始まります。前受け校でも、すべり止めでも、第2志望校でも、この本番ほど貴重な経験はありません。

スポンサーリンク

 この経験を2、3度すれば、過去問演習の何倍もの効果があると思います。試験会場で入試を受ける独特の雰囲気、時間配分、どの問題から手を付けるかを瞬時に決める判断力、残り時間が少なくなる中で頭に血が上りながら冷静に見直しができるかどうか、名前と受験番号の記入漏れはないか…。模擬試験で同様の経験をしているとは思いますが、練習試合と公式戦くらいの緊張感の差があります。ましてや家で過去問をやるのとは全くわけが違います。

本番の緊張感は本番でしか味わえない

2月の“決勝トーナメント”進出、“敗者復活戦”
 1月受験は2月校が本命の場合の練習ではなく、本番そのものです。ここを突破できなければ先はない“予選リーグ”だと思ってください。2月の“決勝トーナメント”進出(行きたい学校ばかり受験できる)か、それとも2月は志望校を変えていかなければならない“敗者復活戦”のような展開になるのか。2月の流れを決める大切な戦いの最中に、過去問演習をしている場合ではありません。

 試験前日の何とも言えない独特の雰囲気もいい経験です。試験後の脱力感、もう一度気力を回復して机に向かう大変さも塾や家で過去問を漫然とやるより、すべて糧になる時間を過ごすことになります。1月受験は単なるお試し受験ではないのです。

2月に勝負するためには1月から勝ち上がるイメージで

★受験直前に得られる“ボーナスポイント”を有効利用せよ
 「前受け校にしてもすべり止めにしても、第1志望校の過去問とはレベルが違う」と指摘する親御さんもいるでしょう。レベルとか、傾向が違うとかが問題なのではありません。真剣勝負で白星を重ねることの方が、過去問で示された合格最低点を突破するより、はるかに意味があります。たくさんの気づきがあることは受験直前に得られる“ボーナスポイント”。あとは有効利用するだけです。(受験デザイナー・池ノ内潤)

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です