中学受験 入試であと10点アップの社会(2)

+1

受験の窓口 今日のメニュー
地理、歴史 10点アップへの3ポイント
もう一度「漢字チェック」を!
グラフは「解答を導く場所・品目」に注目
歴史は選択肢問題で知識の詰めをする
難関校狙いに理社が得意な子が多いワケ

スポンサーリンク

★地理、歴史 10点アップへの3ポイント
 社会の得点の命運を握るのはやはり地理と歴史です。中学によって出題傾向はそれぞれなので個々には対策を示すことは難しいのですが、最大公約数的に最後にやれることは割と決まってきます。

 10点アップ作戦でやれることは3つ。地理、歴史とも共通なのは「漢字のチェック」です。次に地理なら「グラフの読み取り」、歴史なら「選択肢の正誤問題」がカギを握ります。

地理、歴史の直前ポイントは3つ

★もう一度「漢字チェック」を!
 地理、歴史共通でチェックしたいのは「漢字」です。地名や人物名、歴史用語は基本的に漢字で答えるのが、特別指示のない限り中学受験の暗黙の了解です。いい加減覚えていると入試本番で「あれっ」となって頭が混乱してしまい、パニック状態になり、その後に大きな影響を及ぼします。

 県庁所在地として「高松市」「松山市」など、易しいものも出題されますが、「岡市」(正解は岡市)などは間違えやすいですし、地名では「佐島」(佐島)も注意。歴史でも「福沢吉」(正解は福沢吉)や「唐使」(唐使)「藤原頼」(藤原頼)「大久保利道」(大久保利)などは間違えやすい字です。

 自分が書きづらい、間違えやすいと思ったら、他の人もそう思っています。そういうものは「出題される」と覚悟して注する方が得点につながります。出ない方がいい、と逃げていると本番で痛い目に遭います。

スポンサーリンク
奈良にある遣唐使船のレプリカ

地理のグラフは「解答を導く場所・品目」に注目
 地理のグラフ読み取り問題は雨温図、農産物、貿易など、さまざまですが、どれも必ずヒントがあります。出題者が置いてくれているヒントをヒントと気が付けるかどうかが肝になります。

 農産物なら生産量も重要ですが、それ以上に「上位の都道府県」の順番がカギです。できればベスト5までの中で「解答を導く都道府県」を頭に入れておきたいです。例えば入試頻出の「ぶどう」なら1位山梨、2位長野は子どもたちもよく知っているのですが、3番目以降はあやふやです。山形、岡山、福岡の順になるのですが、ここで4位の岡山を覚えておくと回答しやすくなります。岡山は「マスカット」の産地として有名ですよね。

 「ぶどう」と混同しやすい「もも」は山梨がトップ、長野が3位、山形が5位と「ぶどう」と重なるので、ポイントは2位の福島になります。

 これが貿易関係なら「解答を導く品目」をチェックしておきます。輸出品で自動車関係が上位を占めたら名古屋港、精密機械が多い場合は成田空港といった具合です。

正解のカギは岡山の「マスカット」

歴史は選択肢問題で知識の詰めをする
 歴史では演習や過去問で解いた問題の選択肢を利用して、得点力アップと記述対策をしてしまいましょう。

 例えば中堅・上位校で頻出する江戸時代の政治改革に関しての問題で、誤っているものを選ぶ場合、
ア 水野忠邦は、物価の上昇を抑えるために株仲間の解散を命じた。
イ 松平定信は、物価の安定のために江戸や大坂周辺を幕府領にした。

 正解はイですが、この時アが江戸幕府の老中・水野忠邦が行った「天保の改革」の内容だと、もう一度理解を深めると同時に、では誤っているイの内容はどの政治改革にあたるのかを確認します。すると、これも天保の改革の一部です。もし、それが頭に入っていなかったとすれば、松平定信という名前の下に「幕府の財政を引き締めるために倹約政策をとった」と書き込み、選択肢の読点の後を囲んで「これも水野忠邦の政策」とか「これも天保の改革」などと書き込みをしておきます。

 1つ1つやっているとかなりの力が付きますが、時間もそうないので間違えたところや気になるところでやってみてください。

書き込みはあまり色は使わず、黒とあと2色くらいがベスト

★難関校狙いの子に理社が得意な子が多いワケ
 「理科と社会は暗記勝負」といわれますが、一段高いステージに行こうと思ったら、どうしてそうなる(なった)のかまで追究する必要があります。難関校を突破する子に理社が苦手な子が少ないのは、そういう姿勢があるからです。

 国語と算数がメインディシュとすれば、理社はスープやデザートかもしれませんが、これがおいしいとコース料理全体が引き立ちます。実際、合格者平均よりも高い得点をとっていれば、国語や算数で「まさか」ということがあっても救いの神になってくれます。理社は最後まで伸びる科目です。諦めずに。(受験デザイナー・池ノ内潤)

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です