中学受験 時計、ティッシュ、おやつなど

0

◆受験の窓口 今日のメニュー
・時計はアナログ派が圧倒的
・「残り時間」がすぐにわかる「合格時計」
・ティッシュペーパーについて
・ブドウ糖系と温かい飲み物を
・昼食を挟んでの入試は軽めで

スポンサーリンク

★時計はアナログ派が圧倒的
 入試はとりあえず筆記用具があればなんとかなりますが、よりよくテストを受けるために必要なアイテムがいくつかあります。その1つが腕時計です。

 各中学校の入試要項には時計の持ち込みについて記載があると思います。学校の教室以外の会場を使用する場合は、掛け時計がないケースがあり、そうなると自分で用意する必要があります。注意するべき点としてはインターネット通信機能や計算機能などがあるものは持ち込めないということ。テスト中にいじらなければ、もしそういう機能があっても「不正行為」とはみなされないとは思います(基本的に机の上に置くようにとの指示があります)が、最初から疑わしいことはしない方が無難でしょう。

 そういうこともあって、腕時計はアナログ派が圧倒的です。試験の経過時間、残り時間が一目瞭然という点もあります。言うまでもないと思いますが、スマートフォンを時計代わりにするのは認められません。

入試で持参する腕時計はアナログ派が圧倒的

「残り時間」がすぐにわかる「合格時計」
 アナログ時計は普段あまり使わないので、お父さんが使っているもの、使っているものを借りたり、改めて購入する場合もあるようです。模試が本格化する秋ぐらいから慣れるために使っている受験生もいます。

 試験専用の「合格時計」という商品もあります。一番の特徴は長針が試験の「残り時間」を指示してくれるということ。残り15分のとこから表示の色が変わって、テストが大詰めであることが分かるなど、「入試専用」感は強く、家で過去問に取り組むときから使っている受験生もいます。

スポンサーリンク

 相場は3万円程度と決して安い買い物とは言えないのですが、クリスマスプレゼント代わりに親御さんや祖父母から贈られることもあるようです。「合格時計」は東京・白金台の正規時計ショップ「ビジューワタナベ・白金台オルロジュリ」のオリジナル商品で、同社のホームページによると、「子供から親に購入を懇願する場合が圧倒的に多い」とのこと。その理由として「“いつも時間配分で失敗する”など、子供なりに自分の弱点を自覚し何とかしたいと悩んでいるからです」といいます。

入試は「残り時間」を把握しながら進める感覚が必要

ティッシュペーパーについて
 冬場なのでティッシュペーパーも入試会場に持参する必須アイテムでしょう。何があるかわからないので、少々多めに持っている方が無難でしょう。

 ポケットテッシュを机の上に出しておくことになりますが、中にはカバーをとってティッシュペーパーそのものだけを置くように指示している中学校もあります。また、無地のものという指定がある場合も見られます。厳しい学校ではハンカチやティッシュの使用は試験監督に許可を取ってから、という場合もあるので確認をしておく必要があります。

ティッシュペーパーは入れものから出して机に置くのが受験のルール

ブドウ糖系と温かい飲み物を
 途中で飲食が許可されている学校も多いです。昼食以外だとチョコレートやグミ、あめの類が多いようです。中には疲れた脳を活性化させるということで、固形のブドウ糖サプリメントやブドウ糖が含まれているラムネ菓子などを持ち込む受験生もいます。また、ブドウ糖が多く含まれている、消化も良いバナナなどもおすすめです。

 飲み物は水筒持参でお茶や紅茶など温かいものが良いでしょう。特に今年は新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から教室の窓や教室の扉が開けられる機会が多いでしょう。暖房も入っていますが、じつと座って試験を受けていると冷えるものです。保温性の高い水筒を用意して、休み時間にひと息入れると、気分を変えて次の科目に臨めます。

ラムネは手軽にブドウ糖が補給できて休み時間に口へ入れやすい

昼食を挟んでの入試は軽めで
 昼食を挟んでの入試が行われる場合は、軽めの食事で。午後はせいぜい残り1科目程度です。緊張して何ものどを通らない、なんて場合もあります。おなかを膨らませず、最後の試験科目が終わってからゆっくり食べた方がいいでしょう。(受験デザイナー・池ノ内潤)

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です