中学受験 偏差値アップの土台「勉強習慣」

+1

受験の窓口 今日のメニュー
成績の差は「勉強習慣」と「勉強体力」の差
「勉強習慣」の確立は小テストの「勝ちグセ」から
子ども自身で考える「満点を取るためには?」
満点とれずで考え始める自分に有効な勉強法
・最初は親御さんが計画のお膳立てを

スポンサーリンク

★成績の差は「勉強習慣」と「勉強体力」の差
 中学受験の学習で安定した成績、偏差値をコンスタントにマークする子とそうではない子の差は「頭の良し悪し」ではありません。「勉強習慣」と「勉強体力」の差です。

 もともとの基礎、がある子は入塾当初から好成績を収めます。しかし、中学受験の勉強に慣れていない、入塾前後の頃は目を覆いたくなるような成績と偏差値になるのが普通です。それをもって「この子は頭が悪い」と判断するのは短絡的です。そこを起点に「勉強習慣」と「勉強体力」を積み重ねていけば、少しくらい前に行っていた子をあっという間に抜いてしまいます。4、5年生は、演習中心となる6年生の夏以降をしっかりと走り抜けるための「勉強習慣」と「勉強体力」の養成期間になります。

中学受験には「勉強習慣」と「勉強体力」が必要

★「勉強習慣」の確立は小テストの「勝ちグセ」から
 前回も話しましたが「勉強習慣」とは、「毎日計画を立て、塾でやったことの復習を、次の新しい単元に入る前の1週間以内に積み残すことなく完了する」、このサイクルをしっかり確立することです。具体的には塾で次の週にある復習テストできっちり満点(課題の積み残しがない状態)、あるいは合格点をとることを一番身近な目標にします。毎週の“定期イベント”を通して、勉強の「勝ちグセ」を付けていきます。

 毎日机に向かって2時間勉強しています――。これだけだと「勉強習慣」が身に付いているとはいいません。そこに目的に基づいた計画があり、具体的目標として塾の確認テストで合格点、できれば満点をとるという意識がなければ、効力はそれほどありません。

「勉強習慣」の具体的目標はまず小テストでの高得点

★子ども自身で考える「満点を取るためには?」
 子ども一人でも取り組みやすい、国語の漢字を例にとって「勉強習慣」について説明します。

スポンサーリンク

 塾で1週間後に漢字テストがあるとします。出題される新しい漢字をどうマスターすべきか、満点を目標に(課題の積み残しがないように)計画、勉強法を練ります。ちなみに「10回ずつ書いて覚える」という勉強法は極めてオーソドックスですが、あまり“意味がある”とはいえません。多くの子が10回というノルマが気になり、早く終わらせるためにただひたすら書くだけで終わり、しっかりマスターしていないことが往々にしてあります。つまり時間をかけて量もやっているけど、“意味がある”勉強とは言えないのです。

 どうすれば“意味がある”勉強になるのでしょうか。「勉強する日数と時間、やり方は任せるが、塾の漢字テストで確実に〇をもらう」というミッションを子どもに課します。じっくり眺めるもよし、なぞるもよし、やっぱり10回書くかなとなってもよしです。時間も毎日10分でも前日に30分まとめてでもまずはよしとします(そのうち修正せざるを得なくなります)。要は自分で「こうすれば点がとれる」というオリジナルの引き出しを見つけるのが大切なのです。

まずは自分で満点をとるには…を考える

満点取れず、で考え始める自分に有効な勉強法
 1週間が経ち、漢字テストに臨みましたが、結果は70点。1個5点で6個間違えました。合格は80点なので、不合格。塾に残されて、間違った漢字の再テストをしました。

 「確実に〇をもらう」というのが絶対条件なので、点数をとれなければ子ども自身が勉強法を改善したり、より慎重な勉強法を模索するようになります(しない場合の対処はまた近日中に)。あるいはしばらく同じ勉強法を部分修正しながら、継続していくというのも「あり」です。同じような結果が続いて子どもが改善する気配がない、修正することを面倒くさいと思っているときは、親子で「これからの方針」を一緒に考えてもらいます。

 有効な、自分に合った勉強法を見つけるのも成功、失敗を含めた経験です。これは時々やったのでは身に付かず、日々試行錯誤するからこそ、子どもは何かを気付いていき、やがて目標を持った意味のある勉強が習慣化されていくのです。

最初は親御さんが計画のお膳立てを
 最初から自分で計画を立て、積み残しなくできる子はあまりいません。そこで親御さんの登場となります。スタート時はある程度計画立案のお膳立てしてあげてください。「勉強体力」の話にも連動しますが、量も時間も質も最初は少し物足りないぐらいでよいので、確実にできると親御さんが判断したレベルでスケジュールを組んでください。

 4教科それぞれの具体的な「勉強習慣」の確立の仕方もおいおい説明していきます。まずは1週間後の小テストを目標にした勉強計画を立てて実行する、勉強習慣の確立から始めてみてください。(受験デザイナー・池ノ内潤)

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です