中学受験 小テストで全力を尽くす意味

+1

◆受験の窓口 今日のメニュー
・小テストで結果を出すことの意味
・家庭での復習は原則「積み残しなし」で
・「ケアレスミス」を激減させる考え方
・「入試本番より小テストの方が緊張した」
・小テストから連綿と続く合格への道

スポンサーリンク

★小テストで結果を出すことの意味
 中学受験の肝となる家庭での「勉強習慣」の定着。その成果を見せる場としてのスモールステップが毎週多くの進学塾で行われる「復習テスト」です。国語なら漢字、算数なら計算を含めた前週の単元の復習問題を、理社なら知識系の問題を中心にしたものになるでしょう。

 塾のクラス昇級には関係しませんが、コツコツと頑張って満点、悪くても合格点を積み重ねる子とそうでない子の差は、とてつもなく大きく広がります。何度も言いますが、中学受験は小さい結果の積み重ねで合否が決まるといっても過言ではないからです。小テスト「満点」の習慣は入試当日必ず威力を発揮します。

小テストで満点をとる「習慣」が入試本番で威力を発揮する

★家庭での復習は原則「積み残しなし」で
 塾の1回ずつの授業はパンパンに内容を詰め込んだ、特盛状態のテキストで提供されます。授業にしっかり「参加する」ことを前提に、家庭での復習(勉強習慣)をしますが、たとえやることが特盛でも、4,5年生のうちは1週間以内に原則積み残しなく消化していかなければなりません。

 なぜなら、積み残しを次週に持ち越すと今度は2週目の分への取りかかりが遅くなり、また翌週へ持ち越しという悪循環に陥るからです。積み残しを後回しにして時間があるときに、と一時棚上げにすると後日時間を割くのは難しく、結局放置したままになります。

 これがたまりにたまって、結局は「分からない」となり、次第に集団から落伍し、成績が振るわなくなるのです。

スポンサーリンク
「分からない」「つまらない」は積み残しの山から発生する

★「ケアレスミス」を激減させる考え方
 小テストは全力で満点を目指してください。学習の理解度をはかるという側面が大きいのですが、ほかにも小テストで満点を狙うことで養成される「合格に確実に近づく力」が身に付きます。その1つが「ミスの自覚」です。

 よく「ケアレスミス」という言葉が受験では頻繁に登場します。10問の計算テストで「本当はできているのに計算ミスで3問間違った」などと子どもは言い訳をし、親御さんも「もったいない。ミスさえしなければ満点だったのに」と肩を落とします。しかし、これはミスではなく、明らかに「計算力がない」算数の実力不足です。人間ならだれでもミスはしますし、完ぺきではないことは分かっています。それでも九九や足し算引き算を正確にするという基礎中の基礎をちょくちょく間違えるのは、問題を解き切る力がないのです。

 この10問を完璧に計算するという目標を立て、正確に解いていく。100問ではなく10問です。このような「短距離走」をきちっと走りきる力と自覚を日常化すれば、ミスと呼ばれるものは劇的に少なくなります。これをなくすことで算数なら入試本番で受験者平均の得点から、合格者平均点くらいまで得点が変わります。つまり合格に大きく近づきます。

「ケアレスミス」は実力不足 小テストで満点をとる習慣をつければ劇的に少なくなる

★「入試本番より小テストの方が緊張した」
 小テストの満点を目指すことで得られるもう1つの中学受験の素養は、時間内に正確に解き切るという「スピードの養成」です。

 小テストは5分から10分程度の時間内に問題を解き切らなければ満点になりません。かなりタイトな設定ですが、余裕のない中で全問をやり切るにはスピードと正確さ、判断力が問われます。毎週のように厳しい条件下で結果を出すことで、入試本番の50分から60分という試験時間はそうきつくは感じなくなります。

 「入試本番より小テストの方が緊張した」。御三家の中学に合格した子どもが口にした受験の感想が、小テストの大切さを物語っています。

小テストでスピーディーに正確に解ければ入試は怖くない

★小テストから連綿と続く合格への道
 「小さなミスのとスピード」。6年生で模試を頻繁に受けるようになり、過去問をやるようになると、必ずと言っていいほど「課題」として親御さんが指摘する2点です。4年生からの小テストを毎週コツコツ頑張ることで、6年時には「課題」ではなくなります。志望校合格への道は、塾の小テストから連綿と続いているのです。(受験デザイナー・池ノ内潤)

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です