中学受験 近所の塾の功罪

0

受験の窓口 今日のメニュー
塾選び最大のポイントは「時間と距離」
・塾が遠いと復習時間に影響する
・困ったことに小学校でも塾の話で持ち切り
・子ども以上に面倒なママ友
少しエリアを拡大しての塾選びも

スポンサーリンク

★塾選び最大のポイントは「時間と距離」
 中学受験での進学塾選びの基準は家庭によってさまざまです。合格実績第一、知名度、塾の雰囲気など、重要視するものは違ってきますが、多くの場合「通塾時間」や「家からの距離」が決定要素として最大のポイントになるかもしれません。

 学年が上がるごとに通塾日数が増えたり、お弁当が必要だったり、場合によってはお迎えも必要となれば、子どもだけでなく、親御さんの負担もかなりのものになります。そのあたりを考えると、近所の塾という選択が圧倒的ではないかと思います。

塾は何かと近い方が便利

★塾が遠いと復習時間に影響する
 近い、というのは何につけても便利です。通塾日に小学校が時間通り終わるとは限りません。電車やバスに乗ってだと遅刻確実、という日も長い年月にはあります。親御さんが車で送り迎えも道路事情により、計算できません。忘れ物をしても近所なら親御さんやきょうだいが届けに行くこともできれば、お弁当組も近くなら出来立てを持っていけます。特に夏場は傷まず安心です。

 帰宅後も時間に若干かもしれませんが余裕が生まれます。30分でも1時間でも、その日学んだ内容の復習ができる時間をキープできます。

 一方で交通機関を使えば乗車時間以外にも待ち時間や徒歩での移動など、思った以上に時間を消費します。風呂や小学校の準備、宿題、弁当のない塾では夕食もとらなければなりませんし、そうなると塾でやってきた内容の復習を落ち着いてやる時間はほぼありません。

スポンサーリンク
電車の待ち時間も意外とスケジュールをタイトにする

★困ったことに小学校でも塾の話で持ち切り
 その一方で近所の進学塾は、覚悟しなければならないこともあります。近所の塾には同じ小学校の子も通塾するということです。受験率が高い東京23区内や周辺3県の新興住宅街では、通塾する子どもの割合も高く、「同じ塾」の可能性は高くなります。友達と一緒に「切磋琢磨」できていいじゃない!と思うかもしれませんが、結構厄介なことも多いのです。

 受験が盛んな地域では小学校へ行っても塾の話で持ち切りです。「●●はαクラスで、〇〇はAクラスだ」(この場合αが最上位、Aが最下位クラス)とか、「▲▲はクラス落ちした」とかの話を持ち出し、成績の良い子が下の子にマウンティングしたり、通塾していない子にまで話をして、テストの結果まで暴露してしまいます。

 またどこへ通塾しているかでも“序列”を構築して、サピックスはすごいけれど「●●塾とかはサピに入れないやつが行くんだ」などと平気で言う子は結構います。ここまでくるとうっとうしくなります。

学校でも塾の話ばかりに

子ども以上に面倒なママ友
 面倒くさいのは子どもばかりではありません。親御さん、特にママ友同士の付き合いには要注意です。さまざまなエピソード、失敗談などは他のサイトに譲りますが、基本的に受験に関わる深い話はしない方が無難です。

 自分のことはもとより、相手のことも聞かないことが絶対ルール。向こうが話して来たら聞き役に徹します。話の輪に入らず、学校説明会や文化祭などには決してつるんで出かけない方がベターです。受験の間は共通の目的があっていいのですが、入試結果次第で雰囲気が一変することはよくあります。「いい人だと思っていたのに…」という豹変の話はよく聞きます。

 ママ友の持っている情報なんて、大したことはありません。“筋のいい”核心を突いた情報を握っている人は、そうペラペラとしゃべりません。受験や知りたいことの情報収集は、基本的に単独行動で、自らの手足を使って稼ぐのがベスト。塾の先生とは密にコミュニケーションをとり、すでに受験が終わった親御さんなどから受験に有益な情報を獲得してください

ママ友同士の「受験トーク」はほどほどに

★少しエリアを拡大しての塾選びも
 近所の塾の“密”状態を避けた、というわけではなく、たまたま子どもとの相性も良かった塾が自宅から少し距離があったことで、このような煩わしさにそれほど巻き込まれることもなく、自分のペースで受験を成功に導いた親御さんもいます。

 無理に自宅から離れた塾を探す必要はありませんが、安易に近所と決めず、少しエリアを拡大して検討してみるのも「あり」です。塾は合格実績やテキストも大切ですが、そういった“環境”も考慮して選ぶことをお勧めします。(受験デザイナー・池ノ内潤)

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です