偏差値40の子に決定的に欠けているもの

+1

中学受験の窓口 今日のメニュー
・偏差値40台は危険性を秘めている
・偏差値40台は決定的な語彙力不足
・親御さんが作る「国語単語帳」
・「曖昧さの放置」で算数が低迷
・即質問 場合によっては親御さんの出番

スポンサーリンク

★偏差値40台は危険性を秘めている
ひと口に偏差値40台といっても、その範囲はとても広いです。ちょうど真ん中の偏差値50に限りなく近い49、48と振り向けば30台の40、41は上から数えて100人いたら80番以下。レベルは違うように見えます。

 しかし、根本的にはそう変わりません。偏差値49を「惜しい」とする人もいるかもしれませんが、テストの答案用紙を見渡せば「だから50の壁を越えられない」という理由が随所に見られます。加えて一歩間違うと50越えではなく、いつでも45以下になる危険性を秘めた解答用紙だということが分かります。

偏差値49は「惜しい」ではない

★偏差値40台は決定的な語彙力不足
偏差値40台の受験生の特徴の1つとして「曖昧さの放置」というのが挙げられます。例えば国語。偏差値50に届かない生徒の多くに共通するのが、語彙力の決定的不足です。次の短い例文を読んでみてください。実際に入試問題として出題された素材文からの抜粋です。

 現代社会のメカニズムの中で、いたずらに右往左往するばかりで、何も解決できない人間が何と多いことか。(西山松之助「江戸入門」)

 この文を解釈すると「今の社会の仕組みの中で、意味もなくおろおろするだけで、何もできない人間がとても多いのは驚くばかりだ」といったところです。なかなか難しい一文ですが、中学受験を志す偏差値55を超える生徒なら5年生くらいで文意を理解できると思います。しかし、40台の子は読むには読めますが「何を言っているか、分かりません」という子が大半でしょう。

スポンサーリンク

彼らの「分かりません」に解釈を加えると、「メカニズム」「いたずらに」「右往左往」「何も解決できない」あたりの言葉の意味が曖昧で、それが伝えるところのニュアンスがピンとこない、ということでしょう。

偏差値40台の子は決定的に語彙力が少ない

★親御さんが作る「国語単語帳」
 中学受験では半ば強制的に語彙を増強していかなければなりません。「気の置けない」「いじらしい」「おもむろに」「水掛け論」……普通の小学生なら使わない言葉自体が「意味を答えなさい」「どういうことですか。分かりやすく説明しなさい」などの形で出題されます。塾で扱う読解問題の素材文を通して、または語句の学習の際に出てきた場合など、こまめに拾い、中高生が英語の単語を覚えるようにやっていかないと、日本語で書かれた文とはいえ、内容を読み取ることはできないのです。

 小学生、特に男子にとっては面白くもなんともない勉強です。テキストに意味が出ている場合はまだしも、先生によっては「辞書で意味を調べること」(しかも電子辞書ではなく紙の辞書で)なんて言う場合もあります。語彙力強化は中学受験では避けて通れない道。ここは一つ親御さんに「ひと肌脱いで」もらいます(この言葉も中学入試で出題歴ありです)。

 計算練習を毎日のようにやるがごとく、1日3~5個程度で例文と4択の答えを用意し、「練習問題」を作ってあげます。例文は塾で扱った読解問題の素材文からや普通の文庫本から、あるいは受験しない学校(男子なら女子校、女子なら男子校)の赤本をブックオフなどで安く購入し、そこから抜粋します。3日やって1日復習などのサイクルで。この「国語単語帳」、英単語を覚えたように地道にやっていくと、半年くらい経つと国語の偏差値は50以上になる確率が高くなります。

最新の言葉も国語では出題される

★「曖昧さの放置」で算数が低迷
 「曖昧さの放置」は算数でもみられます。塾で新単元をやって、先生がひと通り解説します。その場で例題を解き、簡単な問題はできるのですが、練習問題が3問目、4問目と進んでいくと、例題の変形、進化形になり「あれっ?」と鉛筆が止まります。丸付けをして〇がもらえず、先生の解説を聞いて直しをしたりします。宿題なら解答を見ながらノートやテキストに赤字で書き込むことでしょう。

 これでおしまい、それが偏差値40台の子の「勉強習慣」なのです。赤で直した時点で「分かったつもり」「できたつもり」です。どこでつまずいたのか、どこが分からないから先へ進めないのか、自分にとって「曖昧なところ」を放ったらかしにしているので、成績は上がらないまま。元来それほどできないわけではないのに、曖昧の積み重ねで成績はジリ貧になって40台後半から気が付けば30台に近い数値になっていることもよくあります。

どこで勉強を「終わり」とするか…実力が分かる

★即質問 場合によっては親御さんの出番
 「曖昧さの放置」から脱却するための特効薬はありません。曖昧なところをクリアにするしかありません。1つの授業で3つも4つも曖昧なところが出てくるかもしれませんが、まずは1つずつ潰していくのです。分からないと思ったら先生に即質問です。授業中でもいいし、授業が終わってからでも構いません。「こんなことを聞いたら笑われる」とか思わず「?」のマークが頭に浮かんだら、先生のところへ迷わず出向きます。授業が終わってからだと、何の質問をしようとしたのか忘れがちなので、その時はノートにメモ書きをして言葉にして残しておきます。

 質問しずらい環境の塾もあると思います(塾選びの際、質問できる環境にあるのかは大切なチェック項目です)。その場合は親御さんの出番かもしれません。必ず子どもが塾で何を勉強したのか帰宅して説明してもらってください。できないことを叱ってはいけません。絶対に話をしなくなりますから。子どもの説明、ノート。テキストの確認から子どものつまづきを見つけてあげてください。塾任せでは子どもは伸びる素養があっても伸び悩んで終わってしまいます。(受験デザイナー・池ノ内潤)

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です