何かが欠けているから偏差値50台

+4

中学受験の窓口 今日のメニュー
・幅が広い偏差値50台
・50~52は間違い直し=勉強の決別から
・53~55のケアレスミス=実力がない
・偏差値56以上に必要な「経験と粘り」
・50台と60台の差は4点のみ

スポンサーリンク

★幅が広い偏差値50台
 偏差値50台というのもとても幅が広いです。50が真ん中というのは分かりますが、100人いて40番目がだいたい偏差値52.5で、55で31番目くらい、上位4分の1なら57、大台の60直前の59で18番目強という具合に、レベルがいくつかに分かれるイメージです。

 しかし、共通して言えるのが、それぞれ「何かが欠けている」ということ。50~52レベル、53~55レベル、56以上と3つのレベルに分けてみると、物足りなさを感じます。そこをクリアしていくと、1つ2つ上のステージが見えてきます。

何かが欠けているから偏差値50台

50~52は間違い直し=勉強の決別から
 偏差値50~52レベルは一歩間違うと、40台への転落という危険性をはらんだ数値です。40台と行ったり来たりの受験生は、常時40台の子と同じく、曖昧さを放置しないということが大切です。理解してようと、していまいと、間違い直しをしたことを勉強と思って、それでおしまいという、明らかに勉強の質量に問題がある子がこの偏差値帯の特徴です。まずはその「勉強習慣」からの決別から始まります。

 間違い直しも相当量あると思いますが、1つずつ丁寧に理解を進めていくことで、いずれ“勉強回路”がつながっていきます。1つクリアしたことで他の間違いが2つ3つとクリアになっていくものです。やる気があっても、つまづく箇所(分からない箇所)が多いのもこの偏差値帯の特徴なので、めげないためにも親御さんが伴走してあげてください。直接教えるも良し、塾の先生への質問の橋渡しをするも良しです。学力が“工事中”なので「どうしてできないの」などの叱責は禁句です。

 いつもは偏差値60前後くらいの成績の子が、大きく落ち込んで50ギリギリの偏差値になることがあります。1、2回程度なら気にせず「そういう時もある」くらいの気持ちでいてください。どんなに悪くても50を割らない、というのがミソで「歯止めがかかる」というのは実力がある証拠です。

スポンサーリンク
学力の“工事中”に叱責は禁物

★53~55の「ケアレスミス」=「実力がない」
 偏差値53から55レベルの子は、塾の授業は概ね理解していますが、正確さに欠ける、言い換えれば1点の重みが分かっていないという状態です。問題への取り組みが雑で、いわゆる「ケアレスミス」と呼ばれるものが多発するのもこの層です。

 勉強をしている内容がある程度分かっているので、算数の計算や国語の漢字、選択肢問題なども比較的スピーディーに解きます。これが正確なら偏差値60は優に超えますが、雑なのでポロポロポロポロ落とします。「ケアレスミス」と言われるものです。計算間違い、解答欄への移し間違い、漢字なら同音異義語に注意せず思いついたものを書く、選択肢の細部まで吟味せず「エイ、ヤー」と答えてしまうのです。出題者が「ここで引っかかるだろうな」と仕掛けた問題で、引っかかってくれるのもこの偏差値帯の生徒です。

 「ケアレスミス」を簡単に考えている生徒、親御さんはかなりいますが、これは惜しいではなく、まぎれもなく「実力がない」と深刻に受け止めてください。要するに「1問を解き切る力がない」のです。スピードも大切ですが、それ以上に1問ずつ丁寧に解く、1点ずつ積み重ねるという気持ちを育んでください。この手の失点がなくなるだけで、偏差値60の壁は必ずと言っていいくらい突破できます。

「ケアレスミス」はミスではなく「実力不足」

★偏差値56以上に必要な「経験と粘り」
 偏差値56以上は大体全体の25%より上にいる層です。しかし、60にまで届いていない「あと一歩」の層でもあります。ミスも散見されますが、それ以上に一段レベルが上がった問題での正解率を上げていくことで、60の壁は打ち破ることができると思われます。

 模試や月例テストで言うと正解率が20~30%の問題の出来はどうでしょうか。恐らく正解率が格段に落ちているのではないでしょうか。習ったことは忠実に解答用紙へ再現できるのですが、「それではこれは」という感じで少し別の知識が必要だったり、少し別の角度から問題を見なければならないなど変形・応用レベルを解く「経験と粘り」がやや欠けているので、実力はまずまずありながらステージが上がれないままなのです。

 自宅での復習で塾から指定された問題はこなしても、それ以外の難度の高い問題に取り組んでいますか。あるいはテストで間違った問題で、自分の理解が及んでいないものをそのままにしていませんか。解答を見ながらでも構わないので、取り組んでこなかった難度の高い問題、苦手な問題を1つずつ潰していきましょう。理解力は十分あるので、勇気をもって一歩踏み込むことによって「見える景色」は変わってきます。

見える景色を変えてみよう

★50台と60台の差は3点のみ
 勉強量、正確さ、経験、粘り…偏差値50台の層で滞留している生徒と偏差値60以上の生徒の差はそれだけとも言えます。

 効率の良い勉強が評価されがちですが、やはり勉強量は必要です。問題を解く正確さ、これがしっかりしている順から入試は合格していきます。思考力が問われる問題は粘りが勝負です。難関校を目指しているのなら、この4点を意識すること。そうすれば難関校と言われる学校の入試で勝負になります。(受験デザイナー・池ノ内潤)

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です