偏差値60台は何が違うのか?

+27
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 少しでも参考になりましたら「中学受験」のマークをクリックして頂くと幸いです!

中学受験の窓口 今日のメニュー
・偏差値60以上は上位約16%
・入試で負けない「バランス型」
・60以上と50以下の「できた」の基準の差
・「偏り型」の受験はギャンブル
・「当たり前」のレヘルが高い60台

★偏差値60以上は上位約16%
 偏差値60以上の成績は中学受験に挑む生徒の約16%。中学受験をする層が同じ学年の概ね上位2割ですから、その中でのさらにトップ層が“大台”に乗っていることになります。「せめて偏差値60はある学校に合格してもらわないと…」なんて、結構簡単に口走る親御さんもいますが、生易しいものではないです。

 偏差値60以上の成績には大きく2パターンあって、4教科比較的安定した成績を保ち、総合偏差値が一番いい数値になる場合と、「算数1強」とか「理系番長」のように特定の科目の成績が滅法良く、成績全体をけん引している場合です。

受験生の1つの目標、偏差値「60」

★入試で負けない「バランス型」
 4教科の成績が安定していると、科目別偏差値よりも総合偏差値が高く出ます。例えば4科目の偏差値が61~63の間にそれぞれ収まっているとすると、総合偏差値は64とかになったりします。総合偏差値は各教科の平均偏差値ではなく、総合点でまた偏差値をはかるので、科目によって難易度が違うために数値が変わってくるのです。

 この「バランス型」のタイプの受験生が入試本番で一番強いです。すべての科目で「勝負できる」からです。例えば算数が失敗しても同じ配転であるケースがほとんどの国語でカバーでき、それでも厳しい場合は理科社会で挽回して、結局は合格点にたどり着くという流れで、1教科“コケた”くらいでは痛手になりません。国語、算数に比べ、配点が低い理科や社会で両方ともしくじったとしても、よほどひどいレベルでなければ、国算で十分盛り返せるという力があり、入試で一番「負けない」受験生です。

 このタイプの受験生は少なくとも2科目くらいは「得意科目」を持っているうえに、「目立った苦手科目」がないので偏差値が高いところで安定しているのです。

受験でバランスがとれているのは最強

★60以上と50以下の「できた」の基準の差
 「バランス型」の生徒の特徴として面白いのは、模試でも入試でも自分が予想した得点、結果と大きな乖離(かいり)がないということです。模試で自己採点する前に「だいたいこれくらいの点数だと思う」と予測すると、結果が返ってきたものと照らし合わせてもプラスマイナス5~10点程度。それも総合得点での話で、各科目の誤差はほとんどありません。

 できたのか、できなかったのか、採点される前にその感覚がきちんと分かっているのが偏差値の高い子の特徴でもあります。ここが偏差値40台、50台前半の子と大きく違う点です。彼らは答案用紙を「埋めた」ことを「できた」とする感覚で話をするため、結果が返ってくると「こんなはずでは…」という顔をします。「できた」「分かった」という感覚を体感で分かっているからこそ“読み”が正確なのであり、この感覚を数多く経験していない層との大きな実力差となっています。

偏差値60以上は「できた」の正確な感覚が体感できている

★「偏り型」の受験はギャンブル
 安定した「バランス型」に対して、ある科目が敵なし状態、偏差値70超は当たり前で他の科目の“少々の傷”をカバーして成績上位に位置する子もいます。「偏り型」の受験生です。「算数小僧」と呼ばれるタイプに多いのが1つの特徴かもしれません。中学受験で算数の強い子はヒーローで、算数の偏差値が高いことで受験生としての「自己肯定感」は高まります。

 一方で算数一辺倒で他科目に興味がないのもこのタイプ。理社はそこそこの成績を取りますが、国語はからっきしダメというパターンが典型的です。模試では笑って済ませられますが、これが入試本番になると「命取り」につながることがあります。特に難関校ではその傾向が強く、「まさか」の受験になる子は「算数最強、国語最弱」というタイプでよく見られます。算数が難しい入試の場合は威力を発揮しますが、算数が易しかった場合は差がつかず威力が十分生かされないという「弱点」が露呈してしまいます。

 理社もどちらかといえば得意ですが、「バランス型」の子に比べれば精度は雑です。少しずつ失点を重ね、算数での得点の「貯金」を使い果たし、国語でが合格者と同等の得点をしなければ苦しくなります。「算数小僧」であることは受験で最強の武器になりますが、それのみに傾注すると厳しい結果になりかねません。

算数小僧は最強だが弱点も…

★「当たり前」のレヘルが高い60台
 いずれのタイプにしても、偏差値60台をコンスタントにマークする受験生は勉強における「当たり前」のレベルが50台や40台の生徒と明らかに違います。特にバランス良く得点をする生徒は「復習の精度」と「課題のプラスアルファ」の点において、「当たり前」のレベルが高いです。

 復習に関してはこまめにやります。これは親御さんが上手にスケジュール管理をしているケースも多々ありますが、やったことが無駄にならないように「上塗り」を忘れません。これが「勉強習慣」になっているので、実力試験や外部の模試で高得点、高偏差値を弾き出すのです。塾のテキストも宿題が済んだから終わりとか、間違いの解き直しをしたから十分というような線引きをしません。

 宿題にせよ、解き直しにせよ勉強終了の基準は「自力で解ききることができるかどうか」。勉強しても成績が上がらないと嘆く前に、ここまでのレベルを当たり前のようにやれているかどうか。多くの受験生と親御さんはもう一度考えてみてください。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 最後までお読みいただき、ありがとうございます。少しでも参考になりましたら「中学受験」のマークをクリックして頂くと幸いです!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です