誰が持っている?学校選びの主導権

+1

中学受験の窓口 今日のメニュー 
・入り口は「親御さんが気に入った学校」 
・親御さん目線は校風と進学実績 
・子どもは居場所と憬れが基準 
・最後に合否を分けるのは「情熱」 
・「“金も出すが口も出す“スポンサー” 

スポンサーリンク

★入り口は「親御さんが気に入った学校」 
 「お子さんに見せるのは親御さんが気に入った学校のみで。だって学費を払うのは親御さんですからね!」 

 コミック「二月の勝者―絶対合格の教室―」の3巻で、桜花ゼミナール吉祥寺校の女性講師・桂先生は父母面談でそう保護者に話します。実際、親御さんがまずその学校に興味を持ち、子どもを伴って文化祭に出かけて行ったり、オープンスクールに参加させたりして、学校を肌で体感してもらいます。21年春現在、昨年よりは緩和傾向にあるとはいえ、コロナ禍で制約がある中、なかなか体感の機会を得るのが難しい状況ですが、中学受験でこの経験は必須項目といえるでしょう。 

★親御さん目線は校風と進学実績 
 親目線と子ども目線はどうしても違います。親御さんとしては校風を前提にした大学進学実績、受験指導体制、それに通学時間と距離などにまずは注目します。何のために大金を支払って中高一貫校へ子どもを、と考えると、公立では体験できないさまざまな日常と、将来の可能性を大きく広げる退学進学を見据えてというのが、細部の違いはあれ多くの親御さんの共通項でしょう。 

 最初は漠然と名前が知られている学校が進学先候補に挙がり、リサーチや訪問が始まります。伝統に培われた独自の雰囲気のある学校、語学や理系教育に力を入れる新進気鋭の学校、タイプはそれぞれですがどこかに魅力を感じ、次に進学実績が親御さんの基準をクリアすれば受験校候補に“エントリー”となります。まず親御さんがファンになって「この学校へ行かせたい」という気持ちになっていきます。 

親御さんが学校のファンになると志望校候補に

★子どもは居場所と憬れが基準 
 一方、子どもの学校選びの基準、男子の両輪はイベントと部活です。文化祭は程度の差はありますが、どの学校も盛り上がり格好の「見せ場」です。ここで楽しい、となると子どもはイチコロです。難関校の方が自由度が高い傾向にあり、内容的にも“面白い”ので「俺もこの中学はに入って…」となります。部活動は運動部もさることながら、文化部系が充実しているとポイントが高いです。公立では居場所が少ない「オタク」男子も思い切り楽しめる居場所が見つかりやすいのも特徴です。 

スポンサーリンク

 女子はこれに加えて制服への憬れもります。かわいい、おしゃれ、基準はそれぞれですが、あの制服を着てあそこのキャンパスに通いたい。これだけで“アガります”。文化祭の時に接した先輩が優しかった、というのも動機になります。女子はかなりの部分においてイメージ先行の傾向にあります。 

学園祭は子ども達の学校選びの格好の判断材料

★最後に合否を分けるのは「情熱 
 最終的には親御さんの意向に沿って志望校が決められることが現実では多いでしょう。理想は親子で一致、家族で一丸となって志望校合格です。言うまでもなく、この一丸が最強です。目標に向かって迷いがなく、子どもも勉強に対して前向きならかなりの確率で合格を引き寄せられます。 

 逆に親御さんが乗り気で子どもは心底納得していない場合は危険です。受験で最後の「ひと押し」になるのが情熱です。受験において精神論を前面に押し出すのはどうかと思いますが、実は合格したい、何が何でもという気持ちが強い子ほど、最後に合格ラインに転がり込みます。やるだけの勉強をやって準備したら、最後の決め手はこれです。しかし、乗り気でない場合は学力ではリードしていても、なぜか本番でやられます。親御さんが気に入っても、子どもの気が進まない学校の受験は、いい結果が出にくい傾向にあります。 

 父親と母親での意見の不一致は時折見られますが、これも危険信号。夫婦の対立は子どもにも伝わり、精神的に動揺を与えます。大人なのでそれぞれの考え、見方があるのは仕方ありませんが、子どもの前での夫婦のいざこざはご法度。気を付けたいところです。 

金も出すが口も出す

★「“金も出すが口も出す“スポンサー” 
 番外としては祖父母が受験の方針を決める、というのがあります。これこそ紛れもなく塾代を含めた進学後の学費のスポンサーがおじいちゃん、おばあちゃんというケースです。中には「塾代でいくら払っているか分からない」という、教育費の負担にあえぐ両親が聞いたら仰天するような父親も中学受験の世界にはいたりします。 

 “金は出すが口は出さない”がスポンサーの理想ですが、“金も出すが口も出す”のが普通です。かつての名門校が復活の兆し、というのも「オーナーが祖父母」という背景があるのかもしれません。(受験デザイナー・池ノ内潤) 

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です