中学受験 口当たりのいい言葉には気をつけろ!

+1

中学受験の窓口 今日のメニュー 
明確な答えがない受験の世界 
・「3カ月で偏差値が20伸びた!」の背景 
「難関中学に逆転合格!」の背景 
奇跡の合格はこうしてやって来る 
・「名コーチ」を探すのは運が大半
【関連】 急がずに でも着実に力を付けます
  オンライン家庭教師「レッスンプラス」

スポンサーリンク

★明確な答えがない受験の世界 

 「3カ月で偏差値が20伸びた!」「偏差値40から難関中学に逆転合格!」「集団塾から個別にして志望校全て合格!」――。世の中に出回っている受験関係の広告の多くに、このような驚きの見出しが躍っています。中学受験だけでなく、高校も大学も受験全般で刺激的で心が揺さぶられるフレーズは、受験産業の定番と言っても過言ではありません。 

 それだけ受験に対して「現状をなんとか変えたい」と深刻に悩んでいる親御さんや子どもたちが多いということです。どうしたら偏差値が上がるのか、志望校合格になにをすべきか…頭が痛ければ頭痛薬を、腹が減ったら食事をすればいいのと違い、受験に対する必要としている答えを明確にしているものが1つも存在していないからこそ、あれがいいのかこれがいいのか悩んだ挙句、人は時として甘くて刺激的なフレーズに吸い寄せられていってしまうのです。 
【関連】デキる子の親がいえでしていること
【関連】何かが欠けているから偏差値50台 

★「3カ月で偏差値が20伸びた!」の背景 
 「3カ月で偏差値が20伸びた!」――。半年でもいいですが、本当にあった話でしょう。実際、それくらいの子はいます。しかし、かなりのレアケース。ある先生や塾の指導で伸びたというより、それまで自分なりコツコツやっていたことが、タイミングよく開花した、というのが“爆伸び”の実態でしょう。ある先生なり、指導によって最後のひと押しがあった可能性はあり、そういう意味では「出会い」によっての成績アップと言えますが、自分でコツコツやっていた子なら、そこへ行かなくても遅かれ早かれ成績は上がったと推測できます。 

 どんなに教え方が上手で、子どものやる気を引き出すのに長けている先生でも学力のベースがない子が3カ月で偏差値20アップは現実的には無理。余程勉強していなくて、知識を注入したことでスポンジが水を吸収するがごとく成績が上がる子もいますが、そういう子はただ単に勉強をしていなかっただけで、もともとのポテンシャルは高かった子です。 

スポンサーリンク

★「難関中学に逆転合格!」の背景 

 「偏差値40から難関中学に逆転合格!」――。これもあり得る話です。いつの時期が偏差値40だったのか、また普段は偏差値55程度でたまたま出来が悪く40になってしまったなどのケースなど、よく聞いてみると万年偏差値40ではないことがほとんどでしょう。一時期やある部分をとらえて、それを家庭教師や個別指導塾が難関校へ導いたとうたっている場合はよくあります。 

 集団塾に通いながら苦手科目のフォローを個別などにお願いしている生徒はかなりいます。特に最近ではオンライン家庭教師も人気で、手軽に苦手科目の補強ができる環境になり 、拍車がかかっているかもしれません。みなさん口に出さないだけで、入試当日に集団塾の先生と握手したのちに、別の先生とも…なんて光景は“受験あるある”の1つです。受験が終わって中学入学後に親御さん同士が話をすると「実は…」なんと話もよく出てきます。 

偏差値40は束の間の球形の時の成績かも…

★奇跡の合格はこうしてやって来る 
 つまり刺激的な期待を抱かせるようなフレーズが現実になる、ということは、「そういうことも時々あったけれど頻繁ではないし、毎年でもないよ」と解釈できます。奇跡はめったに起こらないから奇跡なのであって、しかも奇跡を起こすだけのことを親御さんも子ども自身も日々積み重ねてやっています。その蓄積してきたものが入試当日に間に合って結果として花が開くのです。 

 よく集団塾の先生が「入試当日まで実力は伸びる」と言いますが、これは本当です。頑張ってきたことが、試練日にドンピシャリのタイミングで火が付いて(あるいは数日前に点火の準備が整っていて)合格点に達するのです。これが奇跡の合格と言われるものの一種です。神頼みではない、ギリギリまでもがき努力して、1点、2点を削り出した子が到達できる領域です。 

ギリギリ迄努力を積み重ねることが奇跡につながる

★「名コーチ」を探すのは運が大半 
 家庭教師に頼めば、個別塾へ行けば、「丸投げ」前提で安易に考えてしまうと、いつまでたっても現状は変わりません。自分である程度までは頑張ってきた、でもパズルのピースがあと何個かはまらない、ここの回路だけがどうしてもつながらない、という時に「こうしたらどうかな?」的なアドバイスがもらって…という使い方は有効です。 

 ただ、その最後のひと押しなり、回路の根本的な問題を的確に指導できる先生がどれだけいるかは疑問です。だいたい2割から3割程度というところでしょうか。「迷コーチ」が多い中、「名コーチ」を探すのは運が大半を占めます。期待しすぎず。家庭教師、個別は正直、そういう世界です。(受験デザイナー・池ノ内潤) 

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です