難関、上位校へ行かずに有名大へ進む「ワザ」

+1

中学受験の窓口 今日のメニュー 
中堅、一般校からも難関大に進める 
・特進クラスの「実態」 
・学校に背を向けて独自路線 
・指定校推薦への考え方 
・大学、中学受験で共通するもの 
【関連】中堅校受験に実績あり
オンライン家庭教師「レッスンプラス」

スポンサーリンク

中堅、一般校からも難関大に進める 
 中学受験をする大きな目的の1つが「大学進学」です。進学実績の良い難関校や偏差値上位校、知名度の高い大学附属校が人気なのは言うまでもありません。その類いの中高一貫校へ進めば、目指す大学へ進む確率が高くなると考えるからです。 

 では、中堅校や一般の中高一貫校へ進んだ場合、国公立大学や私立難関大学へ進むのは難しい、かと言えば一概にそう括れません。中高6年の間に子どもたちは成長しますし、勉強への取り組みや成績が同じであるはずがありません。中学受験で必ずしも難関、上位に進まなかった生徒が、どういうルートをたどって希望の大学合格を果たすのか考えてみましょう(自己推薦やAO入試での合格は今回は取り上げません)。
【関連】偏差値60台は何が違うのか?
【関連】 ピアノを習う子の成績が良いワケ 

★特進クラスの「実態」 
 大学入学者の半数が推薦という昨今、受験をして大学へ、しかも中堅校や一般校からの「逆転」合格を目指す志を立てたのなら、彼らは「勇者」と称すべき存在なのかもしれません。「行ける大学」ではなく「行きたい大学」へ、勇者の戦い方は2つのパターンがあります。1つは学校のカリキュラムや「特別待遇」をフルに使うパターン。もう1つは独立独歩、自ら道なき道を切り開くパターンです。 

 前者は各校にある「特進クラス」などに所属し、大学受験を意識した授業を早くから受け、進度も速く、勉強中心の6年間を過ごします。一般校などでは成績優秀な生徒は学校挙げてのバックアップをしてくれて、本当に「塾いらず」で東大をはじめ、難関校に合格していきます。 

 一方で勉強中心の6年間は過酷で「特進クラス」にいても結果を出せるのは一部の生徒だけ、というケースも少なくありません。大学合格実績では東大をはじめ、早慶なども合格して見た目にはなかなかの進学実績のように映りますが、実際は少数の生徒が私立の複数の学部に合格しているのが実情。延べ合格者数は公表しても、進学者数を多くの学校が出さないのもこういった事情があるからです。 
【関連】大変身!光英VERITASに思うこと
【関連】東大効果?自修館中等教育の人気

スポンサーリンク

学校に背を向けて独自路線 
 もう一つ、学校に背を向けて独自路線で難関大学進学を目指す生徒もいます。学校の窮屈な課題やカリキュラムが嫌で、自由に自分自身の受験をデザインしていく生命力旺盛な生徒です。学校の「特進クラス」の子が温室育ちなら、野育ちの逞しさがあり、大学受験では一番強さ発揮します。 

 自分に合う教材を探し、オンライン授業を含め予備校など軸になる、あるいは弱点を補強する手段を見つけて自分の受験スタイルを確立します。学校の成績でとやかく言われる私立よりも公立高校に多いパターンで、自由な校風の最難関校の生徒もこの類が多いです。高校生ともなれば、人にいろいろ言われるより、自分の考えと手と足を使って行動するというスタイルが元来の姿。大学に合格するだけでなく、社会に出ても自分の意志で歩いていける素養のある生徒です。 

★指定校推薦への考え方 
 学校の成績で上位をキープし、指定校推薦で進学するというルートもあります。長い歴史のある私立中高一貫校は、難関大学の推薦をいくつか持っています。キリスト教系の中学では10人を超えるミッション系の大学の推薦枠を保有しているところもあり、“穴場”となっている学校もあります。指定校推薦は年によって行けるが付こうが変わってくるので「絶対」ではないのですが、中学受験の際にあらかじめ調べておいて、それを狙って持ち偏差値より「下」の学校へ進学するのも「あり」と思います。 

 しかし、どのレベルの学校にも「こんなにできるヤツがどうしてこの学校に!」と驚くぐらい勉強の出来る子が入学してきます。目論見通りにはなかなかいきません。「そういう道もある」という選択肢の1つくらいに考えておきましょう。自信を持って進学することは大切ですが、 ランクを下げた中学校へ進学したから余裕がある、滑り止めの学校だから入学後は楽勝、という変な「優越感」は危険です。 

 指定校推薦を狙うなら、中学入学後のスタートダッシュが肝心。中堅、一般校では勉強に対して「のんびり」系の子が比較的多いです。まずは抜け出すことで中高時代の勉強の「いい流れ」ができます。最終的に受験をするにしても、指定校推薦でも「いい流れ」を作った子が圧倒的に有利です。 

★大学、中学受験で共通するもの 
 18歳の受験である大学受験は、12歳の受験である中学受験とは根本的に違います。大学受験は自分の勉強を自分でカスタマイズした子が納得のいく結果を出します。どの高校に通っているかではなく、決められた期日(入試当日)までにどう自分の勉強をセルフプロデュースできたかどうかです。親御さんが深くかかわる中学受験の感覚から脱して、自分から掴みにいかないと何も得られません。 

 中学受験と同じく必要なのは「熱意」。やはり熱い想いを志望校に対して抱いている生徒は、最後のひと押しの力があります。精神論だけで受験はどうにもなりませんが、これがないと辛くないカレーや炭酸の抜けたサイダーのようで締まりません。質量の伴った勉強と「熱意」。大学受験でも中学受験でも勝負はこれで決まります。(受験デザイナー・池ノ内潤) 

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です