先生は「寝ている子」をなぜ起こさないのか

+3

中学受験の窓口 今日のメニュー 
先生に叱られただけで退塾 
・寝ている子を起こさない理由 
・宿題をしない子も怒らない 
・なぜ、おしゃべりする子は注意するのか 
【関連】デキる子の親は何をしている? 
【関連】偏差値60台は何が違うのか?

スポンサーリンク

★先生に叱られただけで退塾 
小学校でも進学塾でも、最近の先生は子ども達をあまり怒りません。大声を出したりしません。「パワハラ」という言葉が日常的に使われるようになり、少し強い口調で言うと、言われた方が騒ぎ立て、親まで出てきてちょっとした問題になるのが昨今の状況です。 

 塾で先生に注意されただけで退塾してしまう子も珍しくありません。「あの先生怖い」と親御さんに訴え、親御さんも塾側に「先生が怖いと言って塾に行きたがりません」と言っていなくなるのです。中には先生の交代を要求する親御さんもいます。 

 なぜ、先生に叱られたかを考えようとはせず、子どもの言い分だけを聞いて一方的に主張するのもどうかと思いますが、最近では「驚くべきことではなく、よくある話」(進学塾ベテラン講師)なのです。 
【関連】カンニングについて考える
【関連】入学後の引っ越しは結構ある

★寝ている子を起こさない理由 
 「驚くべきではない、よくある話」として、「塾での授業中に寝ていても注意しない」というのがあります。授業内容が難しくついていけなくて睡魔に襲われるのか、疲れているのか、塾と小学校の宿題に追われて睡眠不足なのか、理由はいろいろなのでしょう。受験勉強の肝である授業を聞かずに居眠り、すごい子は机に突っ伏して堂々と寝ています。 

 しかし、先生が注意することはあまりないといいます。不思議に思うかもしれませんが、寝ている子を注意すると、親御さんの方から逆にクレームが入るといいます。「眠くなるような授業を先生がしているからでしょ」「宿題に追われて寝る時間が塾ぐらいでしか取れない」――。 

スポンサーリンク

 多くの人が開いた口が塞がらない、になると思いますが、真顔で子どもが授業中に寝ることの正当性を主張してくる家庭があるのです。挙句の果てにはインターネット上に「あそこの塾はロクに勉強も教えず、子どもを叱ってばかりいる」などの書き込みをして誹謗中傷してくることもあるといいます。 

 授業の準備、生徒からの質問、親御さんへの対応、教材研究、その他の雑務…塾の先生本当に忙しいです。できれば常識外れの保護者に振り回されたくはない、労力を割きたくないので、寝た子は起こさないのです。 

 ★宿題をしない子も怒らない 
 同じような理由で宿題をやらなくても、塾の先生はそれほど怒りません。一生懸命やっている子には何ら迷惑はかけていないからです。宿題を丸々やってこない子はそう多くありませんが、「解答丸写し」「カンニング」をやってくる子はザラにいます。 

 先生はちゃんと見抜いています。子どもの実力は把握しています。それでも教室で注意することはないでしょう。そういうことを指摘して塾を辞めたりしたら「売り上げ」に響きます。塾は難関校の合格実績とともにねコンスタントに入る授業料が生命線。塾によっては校舎ごとの売り上げノルマがあるところも存在し、営業面からみると誰もが貴重な生徒なのです。 

★なぜ、おしゃべりする子は注意するのか 
 寝た子は起こしませんし、宿題を真面目にやらない子も叱りませんが、授業の進行を妨害する子には厳しい態度で接してくることが多いです。授業中に関係ないことで騒ぐ、おしゃべりをするなど、授業に集中している子の妨げになる子は注意します。 

 高いお金を支払って塾に通わせている以上、相応のサービスを提供しなければ進学塾は「教育産業」として成り立ちません。合格実績をはじき出し、将来的に塾の経営、講師の生活を安定させてくれる生徒は守らなければなりません。寝ている分には他の生徒の邪魔をしているわけではないので、放っておきます。同じ「授業を聞いていない」状態でも“対応”はこうも違うのです。(受験デザイナー・池ノ内潤) 

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です