集団塾で下位クラスにいてはならない理由

+5

中学受験の窓口 今日のメニュー 
目標は?組み分けテストに振り回される家庭 
上位クラスの授業への「参加」度 
・下位クラスの授業風景 
・下位クラスどっぷりの理由 
・流れを変える夏に! 
【関連】カンニングについて考える
【関連】大変身!光英VERITAS

スポンサーリンク

★目標は?組み分けテストに振り回される家庭 
 一部の進学塾を除いて、中学受験塾では必ず成績順、あるいは志望校別の「クラス分け」があります。通常授業では成績順によるクラス分けが主流です。 

 呼び方は各塾でそれぞれですが「組み分けテスト」によって概ね1カ月に1回程度のクラス替えがあります。1ランクずつのアップダウンか現状維持というゆるやかな塾もあれば、3ランクも4ランクもという、絶叫コースターのような上下をする塾もあります。 

 親御さんもテストのたびに戦々恐々、テスト範囲がある場合は、復習に躍起となります。志望校合格が目標なのか、塾の上位クラス入り、維持が目的なのか、時々本末転倒の家庭を見かけます。 
【関連】持ち偏差値より「下」へ進むお得度
【関連】首都模試の賢い使い方

★上位クラスの授業への「参加」度 
 だからといってのんびりと下位クラスに甘んじていいというのではありません。志望校が難関、上位校でなくても、塾のクラスはできるだけ上の方が授業を受ける「環境」としては整っているといえます。通常授業ではトップも最下位クラスも同じテキストを使いますが、「濃度」という点では「雲泥の差」と断言できます。 

 大きく違うのは授業への「参加」度です。上位クラスの子は先生の問いかけに積極的に答え、その答えに対するクラスメイトの反応も素早く鋭いです。先生の解説を熱心に聞き、時には疑問に思ったことを即質問、先生がさらに深い解説をすると、テキストの端にメモ書きし、自分の知識にしてしまいます。練習問題への取り掛かりも早く、次から次へと解いていきます。 

スポンサーリンク

 これが授業に「参加している」ということです。流れに乗っているので、授業からの収穫が多いのです。濃度が濃いのです。周囲がそういう雰囲気なので、流れに逆らってのんびり…とは、なりにくいと言えます。親御さんが集団塾に期待する「切磋琢磨」という状態が終始続きます。 

★下位クラスの授業風景 
 一方の下位クラス。授業への「参加」度は低く、授業に熱気というものが伝わってきません。先生はきちんと授業をしてくれますが、クラス全体に落ち着きがなく、授業以外でのおしゃべりやじゃれ合いで先生に注意されることもしばしば。それに加わらないまでも、先生の話を集中して聞く雰囲気ではなく、きょろきょろする子も多く、集中力は散漫です。 

 ノートも板書したものを単に写しているだけで、理解は深まっていない状態です。授業の進度も「各駅停車」。「特急」「急行」の上位クラスの半分程度、もしかしたら3分の1程度しか終わらず、残りを宿題にしたところで、基本もマスターしていないので自力でやり抜くのは困難。できないものがどんどん積み重なっていきます。 

 レベル別で問題が異なる場合もありますが、組み分けテストは上位に照準を合わせているので、高得点を望むべくもなく、常に下位に停滞したままで時が過ぎてゆきます。好循環になりようもない流れです。 

★下位クラスどっぷりの理由 
 入塾した当初は下位クラスでも仕方がありません。最終的に御三家などに進学した生徒もスタートは中位下位クラスということはよくある話です。しかし、入ったクラスで「なんだよこのクラス、こんなところにいたら…」となって、早急に脱出を図るかどうかで、その後の塾での生活は大きく道が分かれます。 

 下位クラスが長いと、成績が振るわないことに本人が焦りを感じません。もちろん授業をきちんと理解できない状態が積もりに積もって、負の連鎖が続いて抜け出せなくなっているのもありますが、周囲を見渡せば「あいつもこいつも同じレベル、俺だけできないわけじゃない。大丈夫、大丈夫」とホッとしてしまうのです。 

 子どもの時間軸でいうと、1年や2年先の入試本番は10年も20年も先の話みたいなもので、緊張感のかけらもありません。できない状態が続いても「そのうち何とかなるだろう」ぐらいの意識です。夏が終わったころ、そろそろだなと思ったころには「手遅れ」。結局なすすべもなく、3年間で何となく勉強してきた学習内容と、直前に拾い集めた知識で入試に挑戦。「もっと早くからやっておけば…」という後悔の念を抱きつつ入試へ、という残念なストーリー展開の子は毎回枚挙にいとまがふりません。 

★流れを変える夏に! 
 特待生制度がない場合、同じ授業料を支払って、同じ教材を使っているにもかかわらず、収穫の質量とも上位クラスと下位クラスでは違い、月日が過ぎるほどにその差は広がるばかりです。特待制度がある塾なら、下位クラスの子の授業料が上位クラスの免除分のほてんに充てられているともいえます。 

 4、5年生は下位クラスにいるならギアチェンジして、秋には上位クラスを目指してほしいと思います。周囲はいざ知らず、下位クラスの6年生は、自分だけでも強い気持ちで授業から数多くの土産を持って家に帰り、復習して少しでも負の流れを変えてください。まだ間に合います。(受験デザイナー・池ノ内潤) 
 

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です