どちらが良い?2タイプのテキスト

+5

中学受験の窓口 今日のメニュー 
「テキスト」と「質問対応」が2大ポイント 
・管理が楽、やるべきことがよく分かる冊子型 
・「機動性」で優位なプリント型 
・テキストの解説、解答解説の充実度は大切 
・合格は「塾のテキストとお友達」になること 

スポンサーリンク

★「テキスト」と「質問対応」が2大ポイント 
小学校3、4年生が夏期講習など、季節講習を通じて塾との「相性」を診断する際、親御さんの判断基準として「テキスト」と「質問対応」が2大チェックポイントです。 

 入塾にしろ、転塾にしろ、子どもが講習などに参加した後、通塾するかどうか、最後は親御さんが実際に塾へ行き、説明を聞くことになりますが、この2点はじっくり取材してほしいと思います。 

★管理が楽、やるべきことがよく分かる冊子型 
大手進学塾の「顔」と言えるのが「テキスト」です。多くの塾はオリジナルか四谷大塚の「予習シリーズ」、「新演習」を採用していることがほとんどです。スタイルとしては2種類。「予習シリーズ」など製本されているテキストと、授業のたびに配布されるプリント型(ホッチキスなどで留められている)に大別されます。 

 プリントタイプの代表格がサピックスです。サピックスから独立した講師を中心に立ち上がったグノーブルもこの型です。プリントタイプは散逸しやすく、小学生にはテキスト管理が難しいのが最大のネック。方法はそれぞれですが、親御さんが面倒を見てあげないとすぐにどこかへいってしまい、必要な時に「どこにいった!?」となります。冊子型の方が管理は楽です。1冊にやるべきことがまとまっているのもプリント型と比べて分かりやすくていいところです。 

★「機動性」で優位なプリント型 
 「機動性」という点ではプリント型に分があります。内容の差し替えにそれほど手間がかからず、内容がアップデートがしやすくなります。入試問題は年々進化します。それに対応していくには、年度が替わるたびに「テコ入れ」が必要です。冊子タイプは掲載問題を一部変えるだけでも、すべて刷り直して製本しなければなりませんが、プリントタイプは、新しい問題を入れるのにその回だけ差し替えるだけで済みます。 

スポンサーリンク

 実際、社会の統計のグラフがプリントタイプは最新のものであるのに対し、冊子には5年も前のものが掲載されていて、解答自体が今と違ってくるものもよく見かけます。算数の新傾向の問題、国語でも入試によく使われる「旬の作品」をすぐ教材に取り入れられるのもプリント型です。 

★テキストの解説、解答解説の充実度は大切 
 管理する手間がちょっと…というなら冊子で、少しでも最新の教材でというのならプリント型になるかと思います。最後は好みの問題になってきますが、どちらを選ぶにしろ、絶対に妥協してほしくないのがテキストの解説の充実度、問題の解答解説の分かりやすさの2点です。 

 テキストの中身(解説)はコンパクトにまとまっているのも必要ですが、大切なところ(基礎)は小学生が分かるようにある程度言葉を尽くして説明してくれているものを選びたいところです。何度も読み返すことで理解が深まれば、家庭学習、復習で頼れる強い味方になります。解説がしっかりしていると、子どもが自力で勉強することが負担にならなくなるのです。 親御さんが子どもに伴走する際にも解答解説がしっかりしていれば、子どもをアシストするのに大いに役立ちます。

★合格は「塾のテキストとお友達」になること 
 中学受験の場合、「塾のテキストとお友達」になるのが成績アップの鍵です。テキストをベースに受験勉強を進めていくのがベストです。その意味でテキスト自身があまり好みではないとなると、勉強はスムーズに進みません。 

 ならばと、市販の参考書などに活路を見出そうとする親御さんもいますが、補強材にはなるかもしれませんが、メインにするには不十分です。毎年改訂されるわけでもありませんし、比較的「できる子」向きに編集されている傾向にあるからです。

 やはり長年の経験とノウハウを蓄積した塾のテキストは中学受験ではベストな教材と言えます。信頼した塾のテキストを十二分に使い倒せば、志望校合格は必ず見えてきます。(受験デザイナー・池ノ内潤) 

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です