サポート疲れ…中学受験撤退はあるのか

+11
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 「中学受験」のマークを押すと、十人十色の受験ブログが閲覧できます!


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

中学受験の窓口 今日のメニュー 
・受験「強制終了」の根っこにあるもの 
・15%以上が「サポートに疲れた」 
・中学受験は親が先に音を上げる 
・親御さんは総じて追い込まれている 
・中学受験は“途中下車”できない 

★受験「強制終了」の根っこにあるもの 
 追い上げ、逆転、急上昇…「この夏」に子どもの成長を期待して夏期講習や個別授業に送り込んでいる親御さんも多いと思います。その一方で約半年後の入試本番を前に、子どもの中学受験に対する意欲、成績という「現実」から先への希望が見いだせず親御さんが受験「撤退」を真剣に考える時期がこの夏休みです。 

 親御さんは「さあ、反撃の夏!」と意気込みますが、当の本人は相変わらず。「何で夏休みに塾へ行って何時間も勉強しなきゃいけないの?」とさえ言う始末です。そんな姿に「だったら受験なんかやめなさい!」と大声をあげて、子どもの不甲斐なさを感情的になじり、最後は泣かせてしまい「強制終了」、という最悪のケースもあります。 

 子どものせいにしての受験撤退のように見えますが、その根っこはもしかしたら親御さん自身の「気持ちが中学受験の過酷さについていけなくなる」という側面もあるような気がします。 

15%以上が「サポートに疲れた」 
 「親が中学受験のサポートに疲れた」15.3%。これは、受験情報のインターネット掲示板「インターエデュ」の「エデュママアンケート」が2018年8月に行った、「中学受験をやめようと思ったことはありますか?「はい」の方は、その理由は?」という調査での数字です。 

 「子どものやる気がない」(21.8%)、「成績が上がらない」(16.8%)に次いで3番目に多い理由でした。3年前のデータで、現在では新型コロナウイルスによる生活、金銭面などの不安要素も加わって、違う回答になるかもしれませんが、今でも一定数「サポートに疲れた」という理由で受験からの離脱を真剣に考えているケースは存在すると思います。 

中学受験は親が先に音を上げる 
 家庭学習のスケジュール管理、体調管理、塾の送迎にお弁当作り、学校説明会への出席…。中学受験での親御さんの具体的なサポートは広範囲にわたります。共働きの家庭の場合はさらに大変で、夫婦で役割を分担できればまだ良いのですが、どちらかが無関心だと、体力以上に、精神的に不安定な状態に陥ります。 

 つい成績が不安定な子どもにイライラをぶつけて親子バトル、さらに夫婦喧嘩にもなり「中学受験なんてやらなきゃよかった」という言葉も口をつきます。「中学受験は受験生よりも親が先に音を上げる」。中学受験をテーマにした人気コミック「二月の勝者 絶対合格の教室」には、親御さんの負担の大きさを象徴する、こんなセリフとシーンが出てきます。まさにその通で、これは経験して人でないと分からない心境です。 

★親御さんは総じて追い込まれている 
 事実上、学習面では子ども一人で立ち向かう高校受験や大学受験と、親のアシストが大きく影響する中学受験とは大きく違います。親御さんのハンドリング一つで受験全体の流れはある程度決まります。それだけに子どもへのサポートで心身ともに消耗します。成績の良しあしにかかわらず、塾に丸投げというスタンス以外、中学受験を気にかけている親御さんはみな程度の差はあれど追い込まれています。 

 特に子どもの成績、偏差値など結果が伴わない場合の疲労感は計り知れず、自身を鼓舞して何度も立ち上がるのですが、それが続くと「電池が切れてしまう」のです。充電でなんとか続けられることもありますが、もうスイッチが入らなくなると「受験撤退」です。 

中学受験は“途中下車”できない 
 しかし、実際「撤退」する家庭は少数派です。今まで過ごしてきた時間、かかった金銭、「中学受験脱落」という周囲の目(自意識過剰ですが…)、公立中学だけは絶対嫌などさまざまな理由で葛藤はしながらも「続行」となります。 

 正直なところ、成績が低迷して、この1年大きな変化がないのなら、夏休み前に受験結果は「大勢が見えた」と言えます。野球の試合で言えば7回を終了して0―9で負けていて、あと1点でコールド負け、という状況です。どんなに親御さんがサポートしても、あらゆる手を尽くしても、子ども自身が「覚醒」しない限り、「奇跡」「逆転」はなかなか起こらず、受験結果は成績に見合ったものになるケースが圧倒的です。 

 それでもなかなか“途中下車”できないのが中学受験の恐ろしいところ。「中学受験の列車に乗ることは、周りのみんなも乗るし、なら私たちも、という感覚ですが、実際乗ると途中下車が難しい」。中学受験を終えた親御さん言葉は中学受験撤退の難しさを端的に言い表しています。これから中学受験を考えていらっしゃる方は、この言葉を重く受け止めてほしいと思います。(受験デザイナー 池ノ内潤) 


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。
人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です