実は言っても効果がない受験NGワード

+5
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 「中学受験」のマークを押すと、十人十色の受験ブログが閲覧できます!


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

中学受験の窓口 今日のメニュー
怒りを爆発させたことのない親はいない
言うなら年1回「受験なんかやめろ!」
子どもには通じない「いくら金が…」
「全部落ちるよ」を言うべき人
・イチロー曰く「言葉ではなく、達成感」

スポンサーリンク

★怒りを爆発させたことのない親はいない
 通塾はしているものの自主的に勉強しようとしない、塾内のテストどころか授業ごとの小テストすら満足にできていない、いつになったら本気になるの…。親御さんの子どもに対する「不満」は日々募るばかりです。

 結果的に御三家や難関校に合格した家庭でさえ、大なり小なり親子の「摩擦」はあったのです。子どもに対して「怒りを爆発させたことのない親御さんはいない」と断言できます。そしてつい口をついてしまうのが、言ってはならないと思いつつも言ってしまった「NGワード」です。

言うなら年1回「受験なんかやめろ!」
 NGワードで一番多いのが「受験なんかやめろ!」あるいは「受験なんかしなきゃよかった」です。本心からそう思っていないのに、ダラダラしている子どもの姿を見ていたり、やる気のなさが露骨に感じられると出てくる言葉です。

 これ、年に1回くらい、普段感情をあらわにしない親御さんが、ここぞという時に抜く「伝家の宝刀」としてなら効果があります。相手の目を見据えて視線をそらさず、まばたきもせずに言います。子どもは間違いなくビビります。笑ってごまかそうとしたら「笑い事じゃない!」と一括します。

 しかし、常に小言を言っている親御さんが怒り狂っても、子どもの「起爆剤」にはなりません。「受験なんかやめろ」が口癖のような親御さんもいて、しょっちゅう言われる子どもは聞き流してしまうか、劣等感にさいなまれ、むしろ結果を出さないと思うあまり、勉強することが怖くなる子がいます。簡単に言ってしまいがちですが、「取り扱い注意」の言葉です。

スポンサーリンク

★子どもには通じない「いくら金が…」
 「いくら金がかかっていると思っているんだ!」。これも子どもの不甲斐なさを見るにつけ、つい出てくる言葉です。言いたくなる気持ちもよく分かります。安くないですからね、受講料。

 昭和の時代は月謝なるものは袋に入れて、塾の事務の人に子どもが手渡ししていたもので、子どもの方も月謝袋の金額を見ては、何となくですが「お金がかかってるんだ」と実感していました。今は銀行引き落としで実際のお金の流れを子どもが目にすることはほとんどありません。金銭感覚がつくわけもなく、夏期講習へ行くのに、小学校の同じクラスのみんながみんな支払える額ではないことまで考えが及びません。

 勉強させてもらっていることが、どれだけありがたいことなのか実感できていない子に「いくら金がかかっていると思っているんだ!」は「暖簾に腕押し」。NGワードというより、「何言ってるのかよく分からない」で通用しません。受験もそうですが子どもはイメージ化できないものは理解できません。言うだけむなしいので口に出すのはあまりお勧めできません。

★「全部落ちるよ」を言うべき人
 「そんなことじゃ、全部落ちるよ」。これも子どもの奮起を促す言葉として親御さんが時々使いますが、身内から言われると「あまりピンとこない、ふ~ん、ああそうですか、という感じ」というのが子どもの率直な感想です。これも口癖のようにしょっちゅう言っているからなのでしょう。効き目がないのです。

 逆に言う人が変わると強烈に効く言葉でもあります。塾の先生です。最近はクレームが怖いので余程ひどくないと、ひどくても言わないかもしれませんが、先生に言われて「火が付いた」という子どもはかなりいます。言われたその日から「目の色が変わって勉強に集中しだした」という受験生の話は毎年必ずあります。これも、ここぞという時に親御さん承認の下、先生にひと芝居うってもらうのもいいかもしれません。NGワードから一転、「勝負を決めたひと言」になる可能性大です。

★イチロー曰く「言葉ではなく、達成感」
 野球ファンならずとも、その存在は誰もが知っている元プロ野球選手(メジャーリーガー)のイチローはこんなことを言っています。「言葉ではモチベーションは上がらない。言葉ではなく、達成感。小さな“できる”を重ねてモチベーションは上がる」

 言葉で発破をかけるより、親御さんと一緒に取り組んで分かったものが、今度は自力でできた、親御さんが橋渡しをし、勇気をもって質問へ行ったらできるようになった…。奮起を促したいのなら言葉だけではなく一緒に子どもと行動を起こし、軌道に乗ったら手放して見守るという姿勢が中学受験のいい流れをつくっていくのです。(受験デザイナー・池ノ内潤)
 


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です