偏差値で困らないためにしておくこと

+5
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 「中学受験」のマークを押すと、十人十色の受験ブログが閲覧できます!


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
切ないのは嫌…偏差値を上げる2つの意味
勉強しても偏差値が上がらないワケ
低学年ほど偏差値が「爆伸び」する理由
「短気」は成績不振の元凶
勉強量はウソをつかない

スポンサーリンク

★切ないのは嫌…偏差値を上げる2つの意味
 中学受験は成績や偏差値にこだわるべきではない、とよく言われます。塾のクラス分けを気にしすぎるあまり、個別塾で「組み分けテスト対策」をしたりするのは本末転倒で、入試前にいくら偏差値が高くても、受験校の入試問題に対応できなければどうしようもないのです。

 ただ、受験勉強を始めて1年、2年が経ち、6年生の夏休みになっても入塾当初からあまり変わらない「低空飛行」だったり、偏差値的には志望校へあまりにも「距離」がある場合は、現実問題として「切ない」です。そういう思いを抱えながら勉強する子どもは叱咤激励してもなかなか気持ちが上がらないものです。親御さんも気持ちの揺れが激しくなり、中学受験からの「撤退」「志望校変更」を考えてしまいます。

 一方で偏差値が高い、成績が良いという「数字が出ている」状態だと、子どものモチベーションが上がります。さまざまな選択を可能にします。そしてもう1つ、「数字」は難関校へ進むためではなく「学習をワクワクする気持ちで進めていくための潤滑油」「勉強をするためのエネルギー源」になり、受験ライフを楽しいものにします。

★勉強しても偏差値が上がらないワケ
 偏差値は勉強をやればやっただけ上がる、というわけではないのが厄介です。自分だけでなく他の生徒との相対評価で出るものなので、自分も頑張ったとしても周囲も頑張っていれば「今までと変わらない」「上がったけどわずか」「かえって落ちてしまった」ということにもなります。

 特に学年が上がるほど、入試に近くなればなるほど「せっかく頑張ったのに…」という悲しい現実に直面します。しかし、「現状維持」というのは実は頑張っている証拠で、周囲のエンジンがかかった状態で模擬試験なり塾内テストを受験した中で成績が落ちていないわけですから踏ん張っているのです。親御さんは「なんだ、今までと変わらないじゃない」ではなく「よく頑張ったね。力は付いているよ。その調子だよ」と声をかげてあげてください。

スポンサーリンク

 ただ、どこかで「一皮むけたい」というのが親御さんの本心でしょう。「できそうでできなかったところ」「できてはいるものの実はよく分かっていない」ところの重点復習、いわゆる「ケアレスミス」の原因徹底撲滅がその最短距離になりますが、実はもっと確実に高い偏差値をキープする勉強法があります。

★低学年ほど偏差値が「爆伸び」する理由
 偏差値は学年が低いほど「爆伸び」しやすいといえます。理由は主に2つ。一つは「まだ扱っている内容が易しく、積み重ねが少ない」ことです。中学受験を流れの良いまま6年生、そして入試までに進むには、塾でやった単元を溜めずに確実に復習し、「“分からない”の芽」が小さいうちに先生への質問、あるいは親御さんのアシストなどで摘み取っていくことです。これを「学習習慣」にします。

 これを入塾当初から自宅学習の柱にします。試行錯誤しながら方式は確立されていくことと思いますが、一番アウトなのは「塾丸投げ、親御さんノータッチ」です。子どもは余程几帳面でない限り、分からないところは放置します。

 2つ目は「まだのんびりしている子が多い」からです。前述の通り、家庭学習をルーティン化することもなく、塾での授業も集中せず小学校と違った友人との「社交場」となっている子が下位クラスを中心に多数います。小学校低中学年で中学受験の厳しさを実感できるわけもなく、テストの点数が悪くても「僕だけ、私だけじゃない」となれば「ヤバい」とはなりません。

 その中でスタートダッシュをかければ、上位進出はそれほど難しくありません。加えて授業からしっかり「お土産」(学んだこと)を持ち帰り、家庭での「学習習慣」で復習していけば、「勉強体力」は日に日に増していきます。

 勉強体力があるデキる子は、質量ともバリバリやれるようになっいますから、6年生になって「俺もそろそろ頑張るかぁ」と重い腰を上げた子との差は歴然。逆に開くばかりです。入塾は一緒でも早い段階から日々の積み重ねを無駄にしなかった子は、受験終盤でもしぶとく高偏差値をキープ、中にはさらに上げていきます。

「短気」は成績不振の元凶
 学年が進んでいて「今さらそんなことを言われても…」という親御さんも多いと思います。「途中から」の“本格的参戦”も可能です。軌道になるまで必要なものは、子どもの馬力=「勉強体力」の養成、「分かるところとへ戻っての復習」、最後に子どもも親御さんも短気を起こさず、時間がかかっても覚悟を決めて努力を続ける「我慢強さ」です。

 最終的に勉強体力がないと、どんなにいい先生に教わっても、素晴らしいテキストが手元にあっても、本人がいい素材の持ち主でも、伸びきれないまま入試本場となってしまいます。無理のない量、「えっ、これだけ」から始めて徐々に負荷をかけていきます。勉強体力は一朝一夕には付かないものです。

 復習は学年に関係なく「どこが分かって、どこがどうして分からないのか」を検証すます。できなくなった理由は、分からない箇所ではなく、それ以前のものが「あやふや」というケースがほとんどです。よくある「分からないところ」からだと根本の原因がつかめないことが多いのです。

 塾でも勉強法でも、結果がすぐに出ないとやめてしまうのは偏差値が伸びない子の典型的なパターンです。偏差値の高い子は「補助教材はあったが、メインは塾のテキスト」という子が圧倒的です。転塾経験はあっても1回のみ。次々に塾を変えて、個別、家庭教師までいくとなかなかうまくいきません。場所や先生が代われば、それまでやってきたことが継続されにくく、またゼロからのスタートになるからです。親御さんの腰が落ち着かないと、子どもの成績にも必ずと言っていいほど影響します。

★勉強量はウソをつかない
 中学受験でも成績の良い子、偏差値の高い子は一部の例外を除いて、その子なりに時間をかけて「凄まじい努力と工夫」をしています。それを支えているのが「勉強体力」と「学ぶことへの好奇心と解くための工夫」です。質が伴った勉強量をやるだけの体力、難しいけど解けたら楽しいので攻略してやろうという好奇心と工夫があるから、成績、偏差値とも崩れずに高止まりするのです。

 「効率的に」「コスパ」…素材的にはいいものを持っているのに伸びきれない子の親御さんはこの言葉を口にする傾向があります。要は「楽して最大の効果を」ということです。しかし、中学受験の世界では「努力と工夫」を重ねてきた子にはかないません。ベタな言葉ですが「勉強量はウソをつかない」のです。右往左往せず、地道に積み重ねてきた子が偏差値の数字で困らず、いい流れのまま入試を迎えられます。(受験デザイナー・池ノ内潤)


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です