気になる難関校合格者の就寝時間

+7
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 「中学受験」のマークを押すと、十人十色の受験ブログが閲覧できます!


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

中学受験の窓口 今回のメニュー
・気になる小6時の就寝時間
・聖光学院新入生にみる就寝時間
・全体の4分の3が常識の範囲内

・気になる日付をまたぐ約1割
・就寝前にしておきたいこと、NGなこと

スポンサーリンク

気になる小6時の就寝時間
 塾の宿題が終わらない、小学校の宿題も残っている、夏期講習で連日の通塾で復習の時間がない…。どうやっても「時間が足りない」と感じている親御さんは一人や二人ではないはずです。

 ほかの子を見れば涼しい顔ですべて順調にこなしているようにも見えるし「一体何時に寝ているのかしら?」と就寝時間が気になります。中学受験をする子どもの就寝時間を調べた具体的な数字はなかなか見つからないのですが、「神奈川御三家」の一角、聖光学院が毎年新入生に行っているアンケートに、小6の時の就寝時間を尋ねたものがありました

聖光学院新入生にみる就寝時間
学校説明会などで配布される、聖光学院の2020年度の入試資料に掲載されている新入生アンケートによると、小6の時の就寝時間について、「(午後)10時までに」が17%、「11時までに」が43%、「12時までに」は32%、「(午前)1時までに」は6%、「1時以降」が2%という結果でした。

 19年度の資料では午後10までにから順に、13%、40%、37%、6%、4%と多少の違いはありますが、驚くほどの変化はありません。

★全体の4分の3が常識の範囲内
 全体の4分の3が22時から24時の間に床に就いており、中学受験生なら常識の範囲内であることが分かります。22時前、というのは平常の通塾時とそうでないときの違いがあるのかないのか気になるところですが、おそらく朝早く起床しての「朝活」ならぬ「朝勉」をしている層ではないかと推測できます。

スポンサーリンク

 しかし、22時から24時までに「まとめる」のも楽ではありません。通塾日以外は何とかなるかもしれませんが、塾のある日は夕食(弁当の塾もあり済んでいる場合もあり)、入浴、小学校の課題に、塾での学習の簡単な復習など、分刻みで動かなければなりません。各家庭でどこかを端折りながら、折り合いをつけているものと思われます。

 時間の管理は子どもだけでできるものではなく、親御さんが全面的に目を配らなければならないところ。中学受験で親御さんがマネージャー役に徹することは、やはり必須条件なのです。

気になる日付をまたぐ約1割
 日付をまたいでの就寝が約1割。中学受験をするのならそういう日もありますが、日常的だとあまりいい傾向ではありません。難関校の聖光学院に合格するような子は「それぐらいやらないと」という声が聞こえてきそうですが、12歳の子どもが午前1時とか2時とかに寝るのは、やはり尋常ではありません。逆に朝は何時に起きていたのか、気になるところです。

 大学受験ともなると、夜中の方が勉強がはかどるという受験生もいて、そのあたりの調整ができる学生も多いのですが、12歳の子はやはり8時間は睡眠時間が必要。12時に寝たとしても、朝8時起床で小学校の登校時間にギリギリ間に合うか微妙です。

 1時以降となると、どういう生活のリズムなのか、睡眠時間6、7時間でも大丈夫という子どもなのか、心配です。どういうケースにしろ、深夜まで勉強したからといって、難関校に合格するわけでも、偏差値が上がるわけでもありません。

就寝前にしておきたいこと、NGなこと
 睡眠不足は集中力、記憶力の低下だけでなく、免疫力も低下し病気にかかりやすくなります。一生懸命勉強したとしても、その倍以上の損失を招く恐れが多分にあり、全く効率的ではありません。中学受験では長い時間勉強しなければならないのも避けられませんが、ある時間内にまとめるのも受験勉強の内です。

 また、「眠りの質」を高めることも大切です。睡眠専門医によると、寝る前の入浴はぬるめのお湯の方が眠りにつきやすくなります。また、寝る前の会話は、受験のことや成績のことなど深刻になりやすい話題はNG。夜遅くというのは話が込み入りがちで、しかもネガティブな思考になりがちになる傾向、というのがその理由です。

 よく推奨される「朝勉」も絶対、というものではないでしょう。朝が弱い子に無理やりやらせても効果はなく、それなら30分でも1時間でも睡眠をとる方が、1日全体をみたときに有効な勉強の時間と質が確保できます。睡眠も受験勉強の「カリキュラム」です。きっちりとりましょう。(受験デザイナー 池ノ内潤)


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です