注意!同じ小学校の受験ママとの付き合い方

+6
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 「中学受験」のマークを押すと、十人十色の受験ブログが閲覧できます!


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

受験の窓口 今日のメニュー
“ライバル” の情勢を知りたがるママ友
「つるまない」中学受験がベター
単独行動に意味がある中学受験
面倒な同じ小学校、同じ塾
あまりにも負担なら転塾も

“ライバル” の情勢を知りたがるママ友
 首都圏の1都3県の中学受験をする小学生の割合は約20%強。5人に1人といったところです。これが東京23区内になると、進学ベースでみると文京区の40%超を筆頭に30%以上が10区(東京都教育委員会調べ)もあり、私立中学受験が珍しくない状態です。

 大手進学塾はJRや私鉄の主要駅を中心に校舎をつくり、生徒を募集していますが、当然同じ小学校、同じクラスの子どもたちが同じ塾に通うケースは全く珍しくありません。小学校へ行っても子どもたちは受験や成績の話が多くなります。ママ友同士の会話もダイレクトな表現を避けつつも、“ライバル”がどんな勉強をしているのかを知りたがり、志望校や家庭教師を頼んでいるのかなど、その家庭の“情勢”を知ろうと、さまざまなアプローチをしてくる人もいます。

★「つるまない」中学受験がベター
 親御さんの中には中学受験に関しての情報交換や共有をさりげなく持ち掛け、LINEなどSNSでのコミュニケーションを図ろうとする人がいます。学校説明会や文化祭などを誘い合って行くというようにして、受験ママ同士のグループを形成するのです。

 子どもが小学校の同じクラスだったり、同じ塾だったりすると、親御さん自身は「そういうのはちょっと…」と思いつつも、子どもが仲間外れにされたらとか顔を合わせた時に気まずい思いをするなどの理由で、渋々“仲間入り”してしまいます。しかし、中学受験はできれば「つるまない」方がうまく行く傾向にあります。

★単独行動に意味がある中学受験
 中学受験の場合、受験に関する情報はママ友とつるまなくても、学校説明会へ行ったり、塾の先生などとコミュニケーションを取っていれば十分入ってきます。

 学校説明会に行ってママ友同士で学校の印象を語り合うより、一人で行って先生をつかまえてさまざまな質問をした方が有益です。みんなで文化祭に行くより、家族で行って子供には自由に回らせ、親御さんは在校生何人かに“取材”をして、「ナマの声」をたくさん収集する方が、志望校を別の角度からとらえるのに役立ちます。

 何人かのお母さんと一緒に行くと、話は弾むかもしれませんが、先生や在校生に聞きたいことが聞けず、学校説明会も文化祭も遊びに行っておしまいです。4年生くらいの時は雰囲気を感じる程度で構わないので、一緒に行くのもOKですが、5、6年はモードが変わります。ズルズル引きずられそうな気がするなら、最初からあまり受験ママには近づかない方が賢明です。

面倒な同じ小学校、同じ塾
 通塾にかかる時間を親御さんは気にする傾向にあります。できれば自宅から近いところの中からという選択になることが多いと思います。ただ、問題になることもあって、同じ小学校の友達も同じ塾に通う可能性が高くなるということです。

 勉強するのにそれが何か問題?といぶかる親御さんもいると思いますが、塾でのことを小学校まで持ち込み、その話題ばかりをする子どももいるのです。「テスト何点だった?」とか「お前クラス落ちたんだろ」とか「お前、どこの中学受けるの?」とか、子どもはストレートにぶつけてきます。そこに悪意はないのですが、正直なところ、うっとうしいです。

 小学校には受験をしない子も当然いるわけで、その子たちも含め“情報開示”して、ネタを提供することはありません。その手の話は一度しゃべってしまうと、ママ友の間ですぐに広まり、「どうしてこの人が知っているの?」という範囲までは広がります。人の「進路系」の話はみんな大好きです。

 成績のいい子の中には小学校で「マウンティング」してくる子もいます。自分から偏差値だの、塾のクラスだの、志望校だの、別に聞いていないことをベラベラしゃべります。うっとうしいだけなら放っておけばいいのですがこうなると面倒です。

★あまりにも負担なら転塾も
 逃げるわけではないのですが、支障をきたすようならば転塾もありかもしれません。相性のいい塾はなかなか見つからないので、簡単にはいきませんが、中学受験も大きく左右するのでメンタル面で重く感じたり、心理的に嫌だと思うなら、環境を変えるのは選択肢として「あり」です。

 質問のしやすい環境を整えるのと同時に、受験勉強に集中できる環境を整えるのも親御さんの役目です。もし問題があるようなら、芽は小さいうちに摘むに限ります。6年生になってから“方向転換”はいろいろな意味で厳しくなります。(受験デザイナー・池ノ内潤)


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です