中学受験 どう使う? “すきま時間”

+4
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 「中学受験」のマークを押すと、十人十色の受験ブログが閲覧できます!


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

受験の窓口 今日のメニュー
・時間確保は「最大の課題」
・リビングにメモと鉛筆“すきま時間”を有効に

通塾は独りでウォーミングアップの時間
トイレや洗面所、冷蔵庫の前で語彙力強化
・“すきま時間”活用はゲーム感覚

スポンサーリンク

時間確保は「最大の課題」
 中学受験に取り組む家庭にとって、「家庭での勉強時間確保」は最大の課題です。小学校から帰ってきてすぐに、ランドセルと通塾用のバッグを「取り替えた」だけで、塾へ行かなければならない子も珍しくはありません。お弁当のない塾では、親御さんが自家用車で塾や最寄り駅まで送り、その間に軽食を食べて3時間以上に及ぶ授業に臨む子もいます。

 塾から帰ってきても入浴に、小学校の宿題にと追われているうちにもう寝る時間。「睡眠を削ってでも…」という家庭は意外と少なく、睡眠時間はそれなりに確保されているようですが、そうなると勉強時間が…となります。効率の良い勉強を模索し続ける親御さんの悩みは尽きません。

「すきま時間」の勉強が有効な理由
 この悩みを少しでも「緩和」するのが「すきま時間」の有効活用です。勉強部屋の机に向かって…という時間だけが、家庭学習ではない、ということを親御さんには認識してほしいところです。国語の漢字、理科社会の一問一答、計算練習などは、塾に行く前、食事の支度が整う前、就寝前の5分、10分の「すきま時間」を使ってやると、短い時間だけに集中力も持続でき、受験勉強としてとても効果的です。

 漢字や一問一答も本来ならば、書いて覚えたいところ。時間の許す限り、書いて覚えましょう。リビングなどにもメモ用紙や鉛筆などを置いておくとどこでも練習できます。いちいちテキストを出して…というのが手間になるので、あらかじめ教材をコピーなり、プリントアウトをしておくと便利です。

 塾へ行く前に自宅でおやつや軽食を食べる時間があれば、ここも使いましょう。おすすめは理科や社会の資料集をながめることです。リラックスしてできるように、写真やイラストがふんだんにあるものがベスト。目から入った印象は忘れません。覚えようとしなくていいので、雑誌を見る感覚で。これも入試で必ず役に立ちます。

スポンサーリンク

通塾は独りでウォーミングアップの時間
 通塾は電車やバス、あるいは自家用車に乗せてもらって、という生徒も一定数いるでしょう。電車やバスで友達と通塾するのも息抜きとしてよいのですが、できれば「これから授業」という時は、独りで塾へ向かい、できるだけ頭の中を勉強のためのウォーミングアップの時間として使いたいところです。

 例えば理科や社会のテキストの読み込み。何分で降りなければいけないという時間の制約がある中でやると、割と集中して取り組めるものです。

 中でも社会は単元が細かく分かれているので「次の駅までここ」というように区切りやすいです。一問一答より、背景や理由を頭に入れるいい機会ですし、算数を中心に普段は勉強している生徒が多いので、こういう時間に社会のテキストを読む、というのは悪くありません。

 帰り道はちょっとクールダウン。同じ方向へ帰る友だちとおしゃべりも良し、迎えに来た親御さんと塾のことを話すのも良し、ぼやっとするも良しです。長時間塾で勉強してきた脳を休ませてあげましょう。

トイレや洗面所、冷蔵庫の前で語彙力強化
 国語の語彙力強化に短文を読んだり、塾の語句を扱ったテキストに目を通すのも”すきま時間”活用に有効です。語彙力は英語の単語と同じで読解問題攻略に必要不可欠です。

 低学年のうちからコツコツ積み重ねることで、実戦演習や過去問に取箇所り組んだ際に威力を発揮しますが、子どもはあまりやりたがらないので、1日1~3つ程度日常生活の中でマスターしていくのも1つのやり方です。

 語句はトイレや洗面所、冷蔵庫の扉などに1日1つずつ3カ所に、日替わりで貼り付けて覚えていくのも面白いです。ことわざや慣用句、四字熟語などの「日めくりカレンダー」も売っているので有効利用したいところ。この小さな積み重ねが、最後に大きなアドバンテージとなって、受験前に語彙力不足で慌てなくて済むことになり、他の勉強に時間を割くことができます。

“すきま時間”活用はゲーム感覚で
 中学受験は少しでも“気持ち良く”勉強するのが成功の秘訣です。「すきま時間」まで勉強することが苦に感じないように、ゲーム感覚で「こんなに短い間、これができた!」という喜びを感じられるよう、親御さんの“乗せ方”もポイントになってきます。

 短い時間ながら頑張った我が子は、いい成績を取った時以上に褒めてあげましょう。何気ない褒め言葉でこどものスイッチが入るのです。(受験デザイナー・池ノ内潤)


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です