塾で下位クラスから脱出する方法

+3
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 「中学受験」のマークを押すと、十人十色の受験ブログが閲覧できます!


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
大手進学塾は「平等」ではない
「復習テスト」合格点が第一歩
「コツ」とか言っているから脱出できない
・恐ろしい「やっつけ勉強」サイクル
・「当たり前」のレベルの差が成績の差

スポンサーリンク

★大手進学塾は「平等」ではない
 どんなに合格実績が素晴らしい塾でも、所属クラスによって受ける恩恵は「格段に」違います。授業内容、扱う教材(問題)の質、プラスアルファの知識と考え方、周りの生徒から受ける刺激…同じ授業料、同じテキストを使っているのに上位クラスと下位クラスではその「差」は歴然です。

 「看板講師」といわれる先生も、上位クラスを受け持つことが多く、下位クラスは経験の浅い先生やアルバイト、パートの講師が割り当てられるケースが多いのです。「看板行使」がどの生徒にも合うわけではなく、一概に良いとは言えませんし、若い先生は熱心な場合も多いので、意外と「あたり」のときもあり、子どもの「学習意欲」に火を付けるきっかけとなった、という話も多いです。

 しかし、それはたまたまであって、大手進学塾では下位クラスに居続けることにメリットはあまりなく、志望校に関係なく、いち早く「脱出」する方が何より受験生本人のためになります。

★「復習テスト」合格点が第一歩
 入塾段階で下位クラスでも、少し時間と手順を間違えなければ浮上の可能性は十分あります。手順としては「一気に」ではなく、「スモールステップ」を踏みながら段階的に進むのが無難です。もともとの「素材」がいい子は塾できちんと授業を聞き、確実に復習をしていけば、短期間でのジャンプアップもあり得ますが、全員には当てはまりません。「スモールステップ」を積み重ねることで、後の大きな飛躍も可能になります。

 「スモールステップ」の基本は、塾で学んだ内容を次週までに「復習」することです。わかりやい指標としては、多くの塾で翌週に行われる小テストの「復習テスト」で満点をとることに目標を置いてください。漢字でも計算、一行問題でも、理社の穴埋め問題でも、1週間後に照準を合わせて合格点(80点以上が目安)をとり続けます。

スポンサーリンク

「コツ」とか言っているから脱出できない
 単純で何の「テクニック」もないように感じますが、この単純なサイクルの繰り返しこそ、中学受験で後々ものを言うことになる「勉強体力」(有効な勉強を一定時間、一定量できる学力と持続力)を身に着ける基本になります。

 「復習テスト」でコンスタントに合格点のとれる子は、下位クラスに甘んじることはありません。合格点をとり続けることは、そのまま月例テストや実力テストへと繋がっていきます。学習の「積み重ね」ができているからです。

 よく「できるようになるコツはありますか」と尋ねる親御さんがいますが、「楽して手っ取り早く何とかしたい」という姿勢が、きちんと勉強に向き合えない、「勉強体力」がいつまでもつかない根っこの部分になっているのです。「勉強体力」と成績、偏差値は比例します。極めて単純な構造です。

 「コツ」というのは、ある程度基礎学力を身に着けた上で「最後のひと押し」となるスパイスのようなもの。もとの料理(基礎学力)がマズいのに、いくらスパイスをふりかけても、味はまともになりません。ベースの料理をある程度調えて、初めて「コツ」が生きてくるのです。

★恐ろしい「やっつけ勉強」のサイクル
 一般的に4年生で塾ライフがスタートしても、多くの子どもたちが復習をきちんとやりません。塾へ行って帰ってきてもテキストもノートも開かず、復習テストの前日とか当日に「かじる」程度。この「やっつけ勉強」のサイクルが染みついてしまうと、成績は上がるどころか、足踏みから緩やかに下降し、下位クラスからの脱出は遠のきます。

 さらに「やっつけ勉強」は、中学受験を乗り切るだけの「勉強体力」がいつまでたっても身に付かない元凶にもなります。塾でやった内容の復習が行き届かず「積み残し」が増すばかりで、気持ちを入れ替えて勉強しようとしても、どこから手を付けていいのか分からない状態になっていることが多いです。そうなると、やる気も萎えて結局、下位クラス脱出どころか、いつまでも塾内の「深海魚」(全く浮上せず下位クラスをさまよう生徒)のまま受験本番になってしまいます。

★「当たり前」のレベルの差が成績の差
 中学受験を成功に導くカギの1つは「勉強習慣」です。子どもに4年生の最初の段階から「塾へ行ったら来週までに習った内容はきちんと復習しできるようにしておく」という「勉強習慣」を当たり前にします。最初はそれほど難しいことは塾でもやりません。親御さんが寄り添って、楽しくやることを第一に復習する「勉強習慣」を当たり前にするのです。「当たり前」のレベルの差、これが成績、偏差値の差となるからです。

 復習内容は子どもの「出来高」に応じて進めるのがポイントです。理想は「積み残しなく復習」ですが、無理に量をこなすことは禁物。その子のレベルに応じて、勉強がまだ「ゲーム感覚」で楽しめていない子は「もう少しやりたい」レベルで止めておくのがベター。勉強量の増量は「勉強体力」が付いてくれば、自然とバリバリやれるようになります。「焦りは中学受験最大の敵」です。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 「中学受験」のマークを押すと、十人十色の受験ブログが閲覧できます!

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です