5年秋以降の理社 志望校合格は「溜めない子」

+1
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 「中学受験」のマークを押すと、十人十色の受験ブログが閲覧できます!


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

中学受験の窓口 今回のメニュー
・「溜めない」生徒の結果は良い
4年生に戻ることをためらわない
多忙でも社会を復習する意味
社会は漫画より図鑑と資料集
理社は入試で身を助ける

スポンサーリンク

「溜めない」生徒の入試結果は良い
 国語と算数の大半の時間を割かれ、つい放っておかれがちなのが理科と社会。しかし、頭に入れなければならない知識、理解しなければならない原理原則や理由は、国算よりもはるかに多く、これを「後回し」にすると膨大な量の海に“溺れて”「遭難」してしまうことになります。

 魔法はありません。習った単元は、その都度溜めずに復習して、マメに確認することです。「言われなくても分かっとるわい」という反論が返ってきそうですが、マメに復習している生徒は実はかなり少ないです。これが出来ている子は、最終的に入試結果は良好です。「溜めない」ということが、入試における“魔法”なのかもしれません。

 5年生の秋の時点で、まだ「積み残し」があるなら、6年生になる前にきれいにしてしまいましょう。これまで何回も指摘したように、6年生ではまとまった時間を取って復習することは至難です。やるなら今です。

4年生に戻ることをためらわない
 理科で偏差値が50以下の生徒がまずやるべきなのは、基礎知識の再確認です。

 化学分野や物理分野の計算問題はしばらく別にして(ただし、5年生後半に塾の授業内で取り組む機会があれば、その時は全力で勉強します。復習に取り組んだ際の「積み残し」を増やさず、スムーズに入るためです)、生物や地学系、化学分野の一部にあたる「覚えれば正解できるもの」を隙間なく、徹底的にやってください。4年生のテキストに戻ることも必要ならばためらわないことです。

スポンサーリンク

 これまで理科の成績が芳しくなかったのは、4年生のうちにマメに覚えていけばできるものを「テキトー」にやって「まあ、こんなものでいいだろう」と6、7割程度の出来で満足し、塾で行う前回授業の「確認テスト」にも全力投球してこなかったからです。

 甘く見がちですが、処理能力が問われる理科や社会、漢字、計算問題の小テストは「完璧」を目指してください。偏差値60以上と50以下の差は、小テストの小さな差から始まり、徐々に勉強の「精度」の違いが出て、6年になる頃にはもう追いつけないほど大きな差になるのです。

多忙でも社会を復習する意味
 5年生秋から冬にかけての社会は「一番忙しい」科目になります。多くの塾では4年から学んできた地理分野が終わり、夏休み明けから歴史分野に突入していると思います。半年の間に日本のこれまでの歩みをものすごい勢いでやるわけですから、膨大な量を積み残すことなく、次の授業まで理解していくのはかなりキツいです。理社は「溜める」ことが「ご法度」の科目ですから、ここが社会の踏ん張りどころです。

 歴史と同時に1年半で積み上げてきた、地理の知識をキープしていかなければなりません。塾によっては、歴史のテキスト(プリントタイプ)の後ろに、白地図を中心に基本の確認ができるような仕組みになっている場合もありますが、基本は自分でこまめに振り返るしかありません。6年になると、振り返りというより実戦問題の演習に次ぐ演習です。十分な復習をしないままで社会科を進めると、どんなに演習問題をやっても得点は伸びません。逆にきっちり復習したうえで、演習問題をバリバリ解いていけば、社会はどんな子でも「勝負できる」科目になります

理社で優位に立つには図鑑と資料集
 塾によっては歴史を5年生の1年通して学んでいくというスタンスのところもあります。元来、それくらい濃くやらないと中学入試の社会科で優位に立てないと思います。

 興味がそれほどない子や社会が苦手な子はただ単に「大化の改新」「織田信長」「富嶽三十六景」とか、「1603年、関ケ原の戦い」とかの歴史用語や年号を「暗記」することに終始するのは、かなり苦痛です。理科でもイメージのわかないものを覚えたり、実験の手順を頭に入れるのはピンときません。苦痛だと理社でやってはならない「溜め込み」「放置」の方向へと行ってしまいます。

 歴史に関してはビジュアルを駆使することで、見方も変わってきます。これはよく言われる漫画による学習より効果的です。具体的には図鑑や資料集の活用です。漫画とは違い、実際の写真や当時の文化作品、グラフなどがふんだんに使われている本は、活字だけだと興味を示さなかった子の中でも「ハマる」子が出てきます。

理社は入試で身を助ける
 理科でもそうですが、リアルな歴史を実感したうえで、中学受験に必要な知識を蓄えていくのは効果的です。コロナ禍で難しいのですが、気分転換に科学博物館や歴史博物館、郷土資料館へ足を運ぶのも良いでしょう。ネット上には数々の動画もアップされており、これも役立ちます。雰囲気を味わうことは、理科と社会の勉強では大いに役立ちます。

 理社はまとめてできるようで、そうはいかないので、「その都度、その都度」を大切にしてください。入試の「メイン」は国語と算数ですが、理科と社会を整えて入試に臨むと必ず身を助けてくれます。合格へあとひと押し、の場合は理社を仕上げるのが肝です。(受験デザイナー 池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 「中学受験」のマークを押すと、十人十色の受験ブログが閲覧できます!

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です