塾で「お値段以上」を持ち帰る子(1)

+6
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 「中学受験」のマークを押すと、十人十色の受験ブログが閲覧できます!


人気ブログランキング  こちらにも有益な中学受験ブログがあります。

◆中学受験の窓口 今日のメニュー 
・「授業態度」「質問」「親御さん」 
「挑む」子は受験勉強がゲーム感覚 
「待ち」の姿勢では道は開けない 
・ 「塾は1つでも上のクラスへ」の意味
差は大きい メモするか、スルーか 

スポンサーリンク

★「授業態度」「質問」「親御さん」 
 特待制度のある進学塾は別として、塾は偏差値70の子も30の子も授業時間が同じで、同一の講座、テキストの場合は一律同額の授業料を徴収します。その意味では「平等」ですが、総じてデキる子の方が「お値段以上」のものを持ち帰ってきます。 

 「お値段以上」のものを持ち帰る子と「割高」になる子は大きく3つの点で差があります。「授業態度」「質問」「親御さん」です。 

★「挑む」子は受験勉強がゲーム感覚 
 偏差値にして60以上の子の授業態度と50以下の子のそれの差は、授業中の「挑み」と「貪欲さ」の違いです。 

 例えば国語は記述問題。授業中に取り組み、先生に添削されて、ひどい点をつけられても、偏差値の高い子は満点をもらうまで出し続け、先生に「挑み」続けます。算数なら、なぜここで間違ったのかの原因を自分なりに考え、それを先生にぶつけ、自分の考え方の方向性の正誤を確かめるなど、とにかくテキストを媒介して先生とどこまでも「挑み」続けます。 

 この「挑む」ことが、デキる子どもが言うところの「塾は楽しい」という言葉の真の意味です。まさに受験勉強が「ゲーム感覚」。入試はその腕の見せ所である「大会」のようなものです。こうなると多少の凸凹は合っても成績は順調に推移し、ポイントは高止まりします。 

スポンサーリンク

★「待ち」の姿勢では道は開けない 
 授業中、勉強に対して「向かっていく子」は先生とって大歓迎です(そうじゃない先生もいますが)。面倒をよく見てくれて、結果その子の成績は徐々に上がり、ある時点で「爆発」することも多々あります。逆に座っているだけ、分かっているのかいないのか反応の薄い子=授業の輪の中に入っていない子には、大手進学塾では基本的に先生からアプローチはしません。 

 よく親御さんから「声がけしてくれない」とか「ちゃんと見てくれない」という不満を聞きますが、進学塾は「待ち」の姿勢では道は開けません。先生との相性の良さを求めるなら、まず自分から授業に輪の中に飛び込むことです。飛び込めば、できるできないは関係ありません。挑み続ける限り先生は面倒をみてくれます。 

 「塾は1つでも上のクラスへ」の意味
 「待ちの姿勢」の子は「言われたことしかやらない」のも特徴の1つです。例えば理科や社会の知識問題。偏差値50前後、それ以下の子は「試験に出るところ」「大切なところ」など先生が指摘したところには注目しますが、それ以外にはあまり目が行きません。国語の漢字も「まだ学校で習っていない」と逃げ道をつくって、先に進んでいる塾の学ぶ漢字を積極的に取り組もうとしません。

 一方でデキる子は、歴史の背景とか、理科でもどうしてそうなるかの理由の方に注目します。疑問に思ったり、さらに聞きたいとなれば、授業中でも先生に質問します。偏差値50前後の子がテスト前に一生懸命覚える用語などの知識問題は、そんなに躍起になってやりません。深く勉強する」集中力があれば、用語などは自然と頭の中に入ってくるからです。偏差値50前後の子が一問一答形式のものはある程度できても、違いが微妙な正誤問題、自分の言葉で説明できなければならない記述問題などで苦戦する傾向にあるのは、こういった授業中の意識の違いがあるからです。

 先生も「前のめり」で聞いてくれる生徒たちには喜んでさまざまなことを教えてくれます。最低限のことしかやらない(やる雰囲気がない)クラスと、前のめりの子が多く意欲おう盛なクラスの差。「お値段以上」か「割高」かは、こうやって差が付くのです。塾は1つでも上のクラスへ、という意味はこういうところにもあります。

★差は大きい メモするか、スルーか 
 もう一つは「貪欲さ」。 デキる子は先生が黒板に書かず、口だけで言ったことも「お土産」で持ち帰ります。走り書きでテキストの端にメモしたりします。授業中に触れたことは「余すところなく」吸収するという姿勢です。 

 成績がいま一つ、という子は、板書以外のことはほぼスルー、先生の解説・説明もぼんやり聞いている子が多いです。ノートをとること、プリントの空欄を埋めることが終われば、やれやれひと休みといった感覚です。これも「言われたこと以外はやらない」受け身の姿勢です。小4から3年間、この姿勢の違いはかなり大きいです。 

 先生が口だけで説明し、サラッと通り過ぎたところは、直接入試には出ない知識かもしれません。しかし、あらゆる角度から検討して解答を出さなければならないひねった問題に直面した際に、「そういえばあの時先生があんなことを言っていたな」とヒントや知識となり、解答の糸口になることが少なくありません。通塾中の授業の一瞬々々を大切にした子が、入試でしぶとく合格を勝ち取ります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 最後までお読み頂き、ありがとうございます。共感しjましたら「中学受験」のマークをクリックして頂くと嬉しいです!

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です