成績伸びない「居心地の良さ」と「実感のなさ」

+5
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 マークを押すと、悩み解決のヒントになる受験ブログあり!

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
受験の世界の「困ったちゃん
やりたいこと、行きたい中学なし
・親子とも「実感がない」
この生活がいつまでも続く
・「小さな困った」は子どもに必要

スポンサーリンク

受験の世界の「困ったちゃん

 中学受験に参戦したものの、いつまでたっても「発火」しない子どもがいます。

 テストで成績が悪くても、偏差値が20台とか30台でも全く気にせず、気持ちが乗らなければあーだこうだ理由を付けて休む、家庭教師、個別指導まで付けてもらっているのに成績アップの気配すらなし…。受験の世界の「困ったちゃん」の“症状”は、十人十色ですが、この子たちに総じて言える特徴の1つが「自宅の居心地」がすこぶる良いことです。

やりたいこと、行きたい中学なし

 小学校が終わると、友達と遊びながら帰るでもなし、寄り道もしないで自宅へ。毎日用意されるおいしいおやつを食べて、ひとりスマホをいじるなり、ゲームをするなり、マンガをみるなり、自分の好きなことをふんだんにできる時間がそこにはあります。

 とても裕福なお宅が多いのも特徴で、欲しいものがあれば何でも親御さんやおじいちゃんおばあちゃんが「買ってきて」くれます。自分でお金を払って物を買った経験がほとんどない子も珍しくありません。時間になればおいしい夕食が出てきて、お腹いっぱいになった後はまた自由時間。お母さんに促されて机には向かうものの「きょうは疲れた」などといって、30分もしないうちに終了。YouTubeでも見て眠くなったら寝ます。

 別の日は塾や個別指導には行くものの、ただ座っているだけか分かる問題以外は考えもせず「分からない」とひと言。親御さんが「塾に行きなさい」というから通っているけど、行きたい学校なんてないし、中学に行ってもやりたいことは特になし。早く帰ってきて、うちでゴロゴロしながらYouTubeでも見ていたい。親は「慶應に行けたら」とか「雙葉なんていいわね」とか言っているけど、朝早起きして、満員電車に乗るのなんて嫌。歩いていける近所の学校がいい。すぐに家に帰れるしね…。特定の子の話ではありませんが「自宅の居心地がいい」という子の特徴を集めるとこんな感じです。

スポンサーリンク

親子とも「実感がない」

 塾で何時間も頑張り、家に帰っては復習、復習の連続。共働きをしながら子どもの勉強に伴走する親御さんの頭が下がる姿勢から比べれば「中学受験をナメている」としか見えない家庭の姿ですが、こういうスタイルの中学受験組は一定数います。

 子どもの姿勢も姿勢なら、親御さんのそれも中受の厳しさに実感がないようです。まだ4、5年生だと、確かに成績が悪いのは良くないけれど「今はまだ本気を出していないだけ。塾に行っていれば、最後は収まるところに収まるでしょ」くらいの感覚です。軍資金には事欠かないお宅が多いので、塾代、家庭教師代はそれほどの負担と感じておらず、祖父母がそのお金を出してくれているところも結構あり、これもまた実感を感じていない一因になります。

 子どもにとっての自宅の「居心地の良さ」とともに、親子ともども中学受験に対する「実感のなさ」が成績不振のもう一つの原因として挙げられます。偏差値、順位、クラス分けという目に見えるものに対してもまだあまりピンとこないだけでなく、肌感覚でも中学受験の厳しさに実感がわいていないのです。

この生活がいつまでも続く

 「自宅の居心地がいい」と感じている子どもたちが勉強に身が入らないのは、目標のなさと生きるエネルギーの弱さとともに「何もしなくてもこの生活がいつまでも続く」と心の底で思い、安心しているからにほかなりません。いつか支えてくれる親御さんも周りの人もいなくなって、自分一人で歩いていかなければならなくなることが全く頭にないからです。

 「居心地のいい自宅」は親御さんの努力やご先祖様の残してくれたものによる賜物です。資産があって、それが目減りしないシステムがすでにしっかり構築されていれば未来永劫、「居心地のいい」生活が続いていく人もいると思います。しかし、多くの人が「一寸先は闇」。親は財を成したけれど、子どもはそれを食いつぶして…という話は古今東西にあります。

 「居心地のいい自宅」も含めて、未来を切り拓くため、あるいはもっと違う生き方の根っこの部分を見つけるためなど、中受にはさまざまな可能性を探す原点になりえますが、現状が「いつか変化する」ということが全く想像できなければ「今のままでいい」となるのは当然です。

「小さな困った」 は子どもに必要

 裕福なことや子どもがしたいことをできる環境が悪い、と言っているのではありません。心配なく生活できるのは何より大切なことです。ただその中でも、少しでも「自分のこれから」を考えるうえで子どもには「小さな困った」や「小さな困難克服」体験が必要です。そういうことの積み重ねを通じて、感動、経験を実感することによって「こうしてみたい」「こうなりたい」「これをやりたい」という目標が芽生えてきます。具体的でなくても、イメージでも構いません。イメージは具体的目標を上回り、事を成すことの大きなエネルギーにもなります。

 もし、成績が伸びず、子どもの前向きな姿勢が見当たらなければ日常生活を客観的に見直してみてください。子どもといろいろ話して、何を考えているかを把握してください。そこには「現状維持」が一番というような考え方があると思います。あとはそれを親御さんがどうか考えるかです。与えているだけでは中学受験はどうにもなりません。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 マークを押すと、悩み解決のヒントになる受験ブログあり!
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク