みんなが悩む志望校決定(3)

+6
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 悩み解決のヒントになる受験ブログいっぱいです!

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
どう過ごす「入口」の1月
大人数、大会場での「まさか」
「試し」は禁句 相手は真剣だ
東京会場入試を全力で攻め落とす
「想定外」が起こると「想定」

スポンサーリンク

どう過ごす「入口」の1月

 2月が中学受験の「主戦場」と認識されていますが、多くの受験生は1月から「実戦」の入試を体験します。「前受け」と呼ばれる、埼玉や千葉の学校の入学試験は、東京・神奈川の受験生や埼玉・千葉在住でも東京の学校志望者にとっては、2月入試の前哨戦という位置付けです。

 呼び方はともかく、「入口」は全体の流れを決めるうえで2月の併願校を決める以上に重要です。受験校選択、日程間隔、合否の結果による子どもの心理状態…。2月1日までの20日間強をどう過ごすかは偏差値や成績、志望校に関わらず受験生家庭の共通の「課題」です。

大人数、大会場での「まさか」

 1月10日の埼玉入試、20日の千葉入試の解禁に合わせて、各家庭それぞれの考え、志望校、子どもの持ち偏差値などを基準に受験校を決めます。会場を複数使い、入試日程も複数ある栄東(さいたま市)、幕張メッセを試験会場とする市川(千葉県市川市)など、ニュースにもとり上げられるような大規模入試に臨む子も相当数います。

 あまりの受験生の数や会場の規模に圧倒され、緊張がピークに達し、雰囲気に慣れるまで時間がかかってしまうというケースもよくあります。「始めてください」という試験開始を告げる教職員の声とともに、問題冊子が一斉にめくられる「バサバサバサッ」という音に気後れし、頭が真っ白に。落ち着くまでに数分かかってしまい、結局ペースをつかめぬまま1科目目の国語が終了。その動揺で続く算数も…ということになり、不合格という生徒もいます。

 偏差値帯が妥当だから、みんなが受けるから、という安易な理由でなく、子どものタイプや試験の時にどういうコンディションになりやすいかなどを見極めて、受験者数がそれほど多くない学校を選択したり、実力よりもかなり下の学校から入試の「入口」を選ぶというのも作戦の1つです。

スポンサーリンク

「試し」は禁句 相手は真剣だ

 忘れてはならないのが、両県の入試とも「第1志望校の受験生」もいるということです。東京、神奈川の受験生にとっては「前受け」かもしれませんが、自宅近くから通う生徒たちは「天王山」です。この学校に合格するために頑張ってきたのですから、その気持ちの強さは半端ではありません。

 緊張や体調不良もありますが、「試し受験」などといってあまりにも楽観的に入試に臨むと痛い目に遭います。「入口」で足をすくわれると、修正は思っている以上に大変です。不合格の「ドミノ倒し」になる可能性もあります。

 変に緊張させることはよくありませんが、親御さんは「試し」という言葉を使わず、真剣に合格を取りに来る受験生がたくさんいるということを入試前に必ず伝えてください。「入口」で全力を出し切れれば、続く入試でも子どもは全力でぶつかれます。

東京会場入試を全力で攻め落とす

 まだまだコロナがどういう状況になるか分からない中、埼玉、千葉まで「遠征」しての受験は距離的にもちょっと…という受験生には、各地方の「東京会場入試」を利用する手があります。21年度入試も「東京会場入試」は盛況でした。早いところは、松の内が明けた1月8日ごろから、千葉入試が始まる20日直前まで散発的に行われます。23区内の大学の教室や会議室など交通の便の良いところで行われるので、移動の負担は比較的軽いと思われます。

 最難関狙いなら西大和学園(奈良)、上位校なら愛光(愛媛)、中堅校は佐久長聖(長野)、一般校に宮崎日大(宮崎)、大学附属系で入試プランを立てているのなら早稲田佐賀(佐賀)など、各偏差値帯や目標に応じたレベルの学校がある程度揃っています。

 位置づけは「前受け校」かもしれませんが、1度や2度、過去問には必ず触れておいてください。現実的には入学しない学校で「力試し」かもしれませんが、それほど倍率の高くない試験で落ちれば後味は悪いです。「前受け」は入試の良い流れをつくるものです。東京会場での入試は、驚くほど難しい問題は出ませんが、用意周到に、全力で「攻め落とす」ことを目標にしてください。

「想定外」が起こると「想定」

 「東京会場入試」を皮切りに、埼玉、千葉入試と布石を打ち、2月1日へという「フルコース」プランを組む親御さんもいます。「実力アップには実戦が最高の場」と2月1日までに3~5校受験してまさに満を持しての第1志望アタックです。

 21年度はコロナ禍で最小限の受験でとどめた、という受験生も一定数おり、勝負強く一発で志望コアを仕留めた子もいます。逆に思惑通りにいかず、結局想定していなかった学校を受験せざるを得なくなったケースもありました。受験プランは本当に各家庭それぞれですが「想定外」は起こるものとしてシミュレーションすることで、同様は最小限に防げることは確かです。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!

Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク