難関&人気の渋幕&渋渋 「一撃必殺」が鉄則

+19
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 悩み解決のヒントになる受験ブログいっぱいです!

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
厳しい入試の「渋幕」「渋渋」
渋幕の2回目試験はシビれる
5万円払って悩む「第1志望」
歩留まり良い渋渋 早期決着を
渋幕は減少傾向、渋渋横ばいも…

スポンサーリンク

厳しい入試の「渋幕」「渋渋」

 首都圏の中学受験で男女御三家に匹敵する難関校が、渋谷教育学園系の2校です。通称「シブマク」こと渋谷教育学園幕張(千葉市美浜区)と「シブシブ」こと渋谷教育学園渋谷(東京都渋谷区)は、男女とも毎年ハイレベルの厳しい入試が展開されます。

 東京、神奈川在住の受験生とって「前受け」「お試し」という位置づけをされてしまう千葉入試ですが、渋幕だけは「別格」。開成や桜蔭に合格しても「シブマクは落ちた」という受験生は全く珍しくありません。

 一方の渋渋ですが、こちらも人気校。前身が女子校ということもあって女子の熱望者が若干多い感じがします。コロナ禍前の文化祭では「満員札止め」で入場制限がされるほどの盛況ぶり。渋谷駅から徒歩7分で行けるとあって、東京だけでなく神奈川、埼玉から通学している生徒も多くいます。

渋幕の2回目試験はシビれる

 渋幕の第1回入試は1月22日で男子の合格可能性80%偏差値は70、女子は72(四谷大塚合不合判定テスト4月実施の偏差値、以下同) 、2月2日の2回目は男子69、女子71です。

 偏差値だけで見たら熱望なら2回目狙いとなりますが、渋幕の2回目入試ほどヒリヒリする戦いはありません。21年度は1回目の男子の実質倍率が2.3倍だったのに対し、2回目は9.3倍。ほぼ10人に1人しか合格しない「シビれる入試」です。

スポンサーリンク

 偏差値が男女とも1ポイント下なのは、東京での入試もたけなわの時期で、神奈川では栄光学園、聖光学院という「2トップ」入試があることなどの理由で、決して甘い入試ではありません。渋幕が第1志望なら是が非でも1回目の試験で仕留めなければなりません。「一撃必殺」が鉄則です。

5万円払って悩む「第1志望」

 さて、併願作戦ですが渋幕が第1志望なら千葉在住の受験生は男女とも多くが1月20日からの「千葉3連戦」という日程を組みます。20日の市川(80%偏差値男子64、女子66)、21日の東邦大東邦(男子61、女子64)、そして渋幕です。

 18年からは20日午後に渋幕のすぐ隣にある昭和学院秀英が「午後特別入試」(男子61、女子64)を始め、市川の試験を幕張メッセで受けた後に、2科目受験で丁度いいとばかり人気を博してきました。しかし、男子はここ2年5倍弱、女子は20年度に8.3倍、21年度も6.3倍を記録しています。安易に考えると、本命渋幕を前にペースを乱されます。要注意です。

 第1志望渋幕合格をもらっても、1日に男子なら開成(71)、麻布(68)を、女子なら桜蔭(71)、女子学院(69)を受ける子が一定数います。なぜなら「どちらも第1志望だから」です。渋幕は1回目に合格すると、入学金の一部の5万円を払えば、3日18時まで入学の権利を保持できます。

 1回目残念だった生徒は女子なら 桜蔭、女子学院 、同系列の渋渋1回目(69)あたりを受けますが、男子は開成、麻布でなく、一歩下がって渋渋1回目(66)早稲田や海城(ともに64)にするケースもあり、2日の2回目に備えます。

歩留まり良い渋渋 早期決着を

 渋谷教育学園渋谷の80%偏差値は2月1日の1回目が男子66、女子69。2日の2回目、5日の3日目とも男子67、女子70です。渋幕より若干易しく見えますが、21年度1回目の実質倍率は男子2.8倍、女子3.7倍と高く、しかもトップ層の争いになるのでミスによる失点は命取りです。

 第1志望の併願パターンとしては男子は埼玉入試で栄東の東大特待(1月16日、65)に挑み、22日に渋幕という流れ。もう少し余裕を持って、栄東A日程(10、12日、58)、市川というパターンもあります。女子は男子のモデルに加えて、浦和明の星(14日、65)などが加わります。

 2月は1日午前に渋渋を受け、午後は広尾学園の2回目(男子63、女子66)のタプルヘッダー組も相当数います。渋渋は1日の合格発表が2日午後2時。2回目の入試の後になるため、熱望ならここも受ける必要があります。1日に麻布や女子学院を受験した一部も参戦してきますので、やはり渋幕同様1回目入試の「一撃必殺」がベストでしょう。

 2回目までで合格を勝ち取れば万々歳ですが、連敗となると選択肢が限られます。併願校へ進むか、5日の3回目に挑戦することになります。ただ倍率は跳ね上がり、21年度は男子は5.7倍ですが、女子は11.4倍。合格者の入学手続きの割合が高い「歩留まり」のいい学校ですので、かなり狭き門です。

渋幕は減少傾向、渋渋横ばいも…

 気になる22年度の志願者動向ですが、渋幕は2年続けて下落傾向にあります。21年度はコロナ禍の入試で千葉県内の志願者は増えたものの、特に神奈川からが減り、前年比約20%減となりましたが、今年もまた減少しそうな流れです。

 最大の壁は難易度。男子の偏差値も高いですが、女子は事実上桜蔭よりも難しく、慶應義塾中等部と並び「最難関」といえます。実力的にみて敬遠する受験生もかなりいてもおかしくありません。

 渋渋は横ばいで今のところ推移しているようです。しかし、志願者動向は1月の出願期に大きく変動します。「穴場」とみた受験生、親御さんが「勝負」に出てきます。志願者動向はあくまで参考程度で、自身が熟考したプランを貫き通すことを前提として進むのが良いでしょう。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク