「二月の勝者」にみる12月の「カンニング」

+4
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 悩み解決のヒントになる受験ブログいっぱいです!

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
・ 12歳12月のカンニング
カンニングは「証拠」を残す
そんなことで…12歳の子の実際
涙を流すほど嬉しかった自力答案
・その気になれば試験中にも伸びる

スポンサーリンク

12歳12月のカンニング

 12月11日放映の日本テレビ系ドラマ「二月の勝者―絶対合格の教室―」の第9話は、「カンニング」が1つのテーマでした。

 塾でやる過去問は全くと言っていいほどできないのに、家でやると合格者平均超え―という女の子の「葛藤」が分かりやすく描かれていました。

 中学受験ではこの時期「あるある」の話です。意味のないこと、やってはいけないことなのに、1月受験まで残り1カ月、2月1日にしても50日程度しかない12月中旬、「わかっちゃいるけどやめられない」のが「12歳12月のカンニング」です。

カンニングは「証拠」を残す

 親御さん以上に子どもの方が過去問の出来を気にしています。出来に一喜一憂するな、は12歳には無理な話です。

 そんなことをしても意味がない、合格できない、ということは本人が一番よく分かっています。それでも「その場だけでも」嫌な雰囲気をつくりたくないという幼い気持ちの方が勝ってしまいます

スポンサーリンク

 前もって解答を暗記し、家でやる過去問の解答用紙に書き込み、“結果”は“合格点”。普段から子どもの学習状況を把握している親御さんならピンときます。塾丸投げ、模試の偏差値と点数が記された成績表しか見ていない場合は「すごーい、合格だね!」なんてことになりかねません。

 ドラマで黒木先生が指摘したように「カンニング」には「証拠」が残ります。まともに解いていれば、解答用紙だけでなく、問題用紙に試行錯誤の跡が必ずあります。計算の跡、国語の選択肢も検討した跡が残ります、理科や社会もグラフに書き込みがあったり、消去法で正解から除外された記号に×印が付いていたりします。カンニングにはそれがありません。ないこと自体がカンニングの証拠です。

そんなことで…12歳の子の実際

 まともにやってもできない…絶望的な現実と焦り。カンニングをしてしまう12歳の気持ちは分かります。3年間塾に通って今さら「できない」とは言えません。言ったら、親御さんに何を言われるか、考えただけでも恐ろしくなる子もいるでしょう。追い詰められている子どもの気持ちを察すると胸が痛くなります。

 「カンニングはする方にもそれなりの動機があるんです。点数が悪くて親に叱られるのがつらい、とか、単純に親に褒められたい、とか、後はお母さんの喜ぶ顔が見たい…。僕はそれが一番でした」

 桜花ゼミナールの“髪の毛爆発”講師、木村先生(今井隆文)がその気持ちを説明してくれました。子ども目線からの“解答”は満点です。元中学受験生からの告白。なるほどです。大人から見れば「そんなことでカンニング?」かもしれませんが、それがまだ12歳の子の実際なのです。

涙を流すほど嬉しかった自力答案

 カンニングが発覚すれば、親御さんなら激しく「糾弾」したくもなります。「受験なんかやめちまえ!」「お前なんか、うかるもんか!」――厳しい口調で「言ってはならないひと言」をつい口に出してしまいます。

 しかし、ここは感情に任せてマシンガンのようにののしってはいけません。うまく「方位修正」をします。ドラマの中で佐倉先生がとった対策はその1つ。「自力でできる」を体感させ、自信をつけてもらい、勉強が自力走行できるようにアシストします。

 佐倉先生は小テストの頑張りを褒めたうえで、「志望校の対策」になるからと説得して、現状で解ける問題を多く出題する中学校を選び、過去問演習の授業で解かせました。結果は合格点超え。涙を流すほど嬉しかった自力で解き切った答案先生の「頑張っているんだからできたんだよ」という言葉とともに、この喜びは一気に子どもの学力とやる気を引き上げます。受験直前期に一番の武器になります。

その気になれば試験中にも伸びる

 勉強は「できる」と楽しくなります。その先へ行ってみたいとなります。しかも自力で。本当は4,5年生からそのサイクルで回し、実力を積み重ねていくと、気が付けば「高み」に到達するのですが、それができている子は少数です。

 6年の12月では遅すぎる、と言う人も多いでしょう。でも、「その気になった」12歳の子の学力は入試当日まで、いや入試問題と格闘している試験時間中にも伸びます。12月は子どもを「その気にさせまくる」ことが直前講習で何かを覚えることより入試で力を発揮します。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク