「前受け」で「まさか」が起きてしまったら…

+13
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 悩み解決のヒントになる受験ブログいっぱいです!

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
「前受け」でまさか…
負けに不思議なし 敗因分析を
手応えより30点も低かった理由
気にしてほしい字の濃さと丁寧さ
・流れを呼び込む食べ物と得意科目

スポンサーリンク

「前受け」でまさか…

 「前受け」受験の考え方は大きく分けて2つあります。1つは入試独特の雰囲気に「慣れる」ため。もう1つは来るべき第1志望校に挑戦するための「力試し」としての受験です。

 いずれにしても志望校合格への布石ですが、ここで足をすくわれることが少なからずあります。「まさかの不合格」です。

負けに不思議なし 敗因分析を

 多くはの「まさか」は実力相応校を受けた際に起こります。「模試ではいつも(合格判定)80%だったのに」「過去問の出来は良かったのに」と親御さんの嘆きが聞こえ、受験した子どもはあまりのショックにむせび泣くばかりです。

 不合格には理由があります。入試を受けている時点で手応えがなければ、単純に「できなかった」ということで答案を再現し分析、次に備えます。

 問題は手応えがあったのになぜ…というケースです。前受け校の多くが、テストの結果が個人に開示されます。その点数から推測して、思い当たる節が出てくるかもしれません。「勝ちに不思議あり 負けに不思議なし」。不合格には理由があります。第1志望合格のためにつらくてもつまづいた答案にもう一度向き合います。

スポンサーリンク

手応えより30点も低かった理由

 算数の点数が150点中90点で不合格だった男子は、自分の予想では「120点以上は間違いない」という読みでした。合格者平均が110点だったことを考えると、比較的標準問題が並んだテストでした。しかし、結果は30点も予想より低かったのです。

 答案分析をすると、出るわ出るわ計算ミスのオンパレード。おまけに問題の読み違えと勘違いもあり、「できた!」と思ったところが…という状態でした。

 受験生はまだ12歳です。初の実戦に舞い上がってしまい、勢いよくとりかかったのはいいが、前のめりになりすぎて、いつもならやらない、信じられないミスが続出したのです。これが「受験の洗礼」。家で過去問をやり込んでも、何度模擬試験を受けても味わえない「実戦の怖さ」なのです。

気にしてほしい字の濃さと丁寧さ

 国語ではこんな例もありました。物語文の読解では塾のテキストと丸ごと同じ問題が出題されました。「勝った!」と思った女子ですが、ふたを開けてみると合格最低点に16点も届いていませんでした。

 答案分析をしても、何でこんなに低い得点なのかがわかりません。すると塾の先生があることに気がつきました。「あなた、字が薄いわよ」。受験した中学校は公表していないものの、先生がじかに丸付けをするのではなく、どうもコンピューター処理でやる中学でした。答案には正解が書いてあっても、コンピューターが読み取れず、エラー、あるいは誤答扱いになってしまった可能性があります。

 模試などでは薄い字でも採点者がじかに読み取って得点をくれますが、中学校側がどこもそんな親切、というわけではありません。解答用紙に書く字はある程度の濃さが必要です。答案を見てもらうための、礼儀でもあります。字の濃さに自信のない受験生は気を付けます。

 加えて「雑な字」も注意。下手なのは仕方ありませんが、読めない雑な字は記述の場合、減点されやすくなります。漢字の書き取りなら「一発アウト」のケースもあります。

流れを呼び込む食べ物と得意科目

 「前受け」で万が一最悪の滑り出しになったとしたら、いち早く気持ちを立て直すしかありません。親御さんが失敗を責めても1つもいいことはないですし、変な励ましの言葉もいりません。「場面」を変えて、嫌な流れを断ち切ります。

 例えば食事。泣きはらした後は子どもの食べたいもの、大好物を用意します。食は明日への希望、活力です。食べ物で「復活」して、次に進める子は過去の事例で結構います。

 その後、気分をもう一度高めるために次に受ける学校の過去問を1科目やります。できれば一番の得意科目で。高得点を取れたら「大丈夫。イケる」と真顔で言ってあげます。大げさなほめ言葉はなし。ひと言「大丈夫」だけです。子どもはもう一度前を向きます。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク