ダメなら公立?それとも合格した中学?

+8
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 悩み解決のヒントになる受験ブログいっぱいです!

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
合格も親子で考えが違ったら…
「深海魚」になる子ども
子ども否定の「ダメなら公立」
子どもがもぎ取ってきた「合格」
縁が導く「住めば都」

スポンサーリンク

合格も親子で考えが違ったら…

 合格、不合格によって受験校が目まぐるしく変わる受験生がいる一方で、「ダメなら地元公立中学」と割り切って受験する家庭も一定数あります。親子で共通認識ができているならそれで良いと思います。まさに一本勝負。公立の中高一貫校受験にはよく見られるケースです。

 しかし、子どもが受験に合格して「この学校で頑張る」と言っているのに、親御さんが譲らない場合もあります。逆もあって子どもは行きたくもないのに、親御さんが「せっかく合格したのだから」と強く進める場合もあります。

「深海魚」になる子ども

結論から言うと、子どもの気持ちを第一に考えてあげてください分かりきったことですが、中学に通うのは子どもです。親御さんは物心両面で子どもを支えるスポンサーで、発言権もあると思いますが、子どものための中学受験です。主役が上がりたくないという舞台の上に無理やり立たせてもいいことは何一つありません。

 公立でも私立でも親御さんの意見を聞き入れた中学に進学しても、余程何かを見つけたり、いい友達に巡り合わない限りはモヤモヤを抱えたまま子どもは学校生活を送ることになります。

 ただその中学校に入っただけで、魅力も楽しさも感じていないので勉強なんてしません。自己肯定感も低くなり、何をやるにしても消極的で無気力、勉強もパッとしないことから学校では「深海魚」になるのが関の山です。

スポンサーリンク

子ども否定の「ダメなら公立」

 一度私立中高一貫校受験と決めたのなら、親御さんとしては「ダメだったら地元公立中学」という考えはあまりおすすめできません。子どもが3年前後の期間、一生懸命頑張ってきたことを否定してしまうことにつながるのが「ダメなら公立」という結論です。

 子どもが小学生とは思えないほどの量と質の勉強をしている間、親御さんも中学受験を「勉強」する必要があります。子どもが受験で「全敗しない」学校選び、広い視野で「居場所のある学校を見つける」のが親御さんの「勉強」の1つです。

 子どもだけに「頑張れ」と尻を叩くだけでなく、親御さんも自分で動く、汗をかくことによって「中学受験」というものが見えてきます。塾任せやママ友のいい加減な情報ではなく、自ら足で稼いだ情報は信頼できますし、受験校決定など大切な判断をする際に最高の材料になります。

子どもがもぎ取ってきた「合格」

 合格しても「第1志望じゃないから」「もともとお試し受験。進学は考えていない」「偏差値の低い学校なんて入学する意味がない」といって、入学をしないケースも増えています。子どもがそう思うのならまだしも、大抵は親御さんの判断です。

 12歳の子どもが限界ギリギリまで挑戦し、自分の力でもぎ取った「合格」です。親御さんが意に沿わないからと「否定」してしまい、自分の思っている方向へと強引に引きずり込む行為は、子どもが3年間かけて作り上げてきたものをいとも簡単に「破壊」するのと同じことです。

 親の言うことを聞いて、親が用意した方向へ進んだとしても、子どもは無気力になり流されるまま、主体性のない毎日を過ごす可能性が高いでしょう。

縁が導く「住めば都」

 できれば位置づけは「お試し校」であっても、合格したのなら入学してほしいと個人的には思います。よく言われる言葉ですが「これも縁」なのです。

 前受けする学校も偏差値がちょうどいいからとか、日程的に都合がいいからとかだけではなく、しっかり学校説明会に足を運び(無理ならオンラインでも)、「まさか」の時にはお世話になる、くらいの覚悟をもって受験してほしいと思います。意外と「住めば都」で、6年間を振り返った時「これで良かった」となる日がくることでしょう。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク