現状、中学受験に「向かない」2つのタイプ

+14
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 悩み解決のヒントになる受験ブログいっぱいです!

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
「引くに引けぬ」になる前に
「他人事」「現状維持」の子ども
自分に向き合えない子はこう変える
親御さんが「伴走する」最大の役割
・中学受験は「琴線」探しの1つ

スポンサーリンク

「引くに引けぬ」になる前に

 塾に通い、ある程度の偏差値の学校を受験し、入学しようとすれば、子どもも親御さんも相応の「覚悟」が必要です。もちろん「途中下車」もできますが、一度「中学受験」の列車に乗ってしまうと、現実にはなかなか「撤退」を決断できません。特に6年生になると、それまでに費やした時間と金銭を考えると「引くに引けない」となります。

 「引くに引けない」となる前に「まだ時期尚早」と撤退する1つの目安として、子どもの様子から判断できる2つの指標があります。どれも極めて「当たり前」のことなのですが、ここを自覚していない親御さんは驚きほど多いのです。

「他人事」「現状維持」の子ども

 何をするにしてもどこか「他人事」、新しいことや挑戦をするよりできれば「現状維持」の毎日を送りたい…。中学受験に一番「向かない」子どものタイプがこれです。

 確かに小学校低学年、3、4年生の子で強い意志を持って「中学受験する!」とはなりません。しかし、塾で学んできても、家庭教師、個別教室にしても「こんなことをやった、あんなことをやった」「小学校より面白い」「勉強楽しい」などと、スタート時点で目を輝かせるくらいでないと、正直6年生2月までの長丁場の「厳しい戦い」は最後まで完走できないでしょう。

 知らないこと、新しいことを学ぶことに「無関心」で、「感動の薄い」子どもだと、現状では中学受験は難しいです。今後心境の変化がない限り、手を尽くしても「修整」には骨が折れます。

スポンサーリンク

 受験が「自分ごと」にならない子は受験本番までこぎつけたとしても、成績、偏差値に関わらず入試本番では不合格を連発します。入試はもちろん学力をみるものなのですが、次に必要なのは「気持ち」です。ボーダーラインでの合否の競り合いで、最後に合格を勝ち取ってくるのは、内に秘めていても「うかりたい」という気持ちが強い子です。精神論を振りかざすつもりはないのですが、逆転合格、奇跡の合格は十中八九「気持ちの強い子」が勝ち取ります。

自分に向き合えない子はこう変える

 「自分に向き合えない子」も中学受験は厳しいです。これは成績不振の子に多いのですが、自分ができないことを簡単に諦め、放置してしまいます。何とかしようとする気持ちもなくはないのですが、現状から目を背けてしまい、極端に言えば、できないことも点数の悪いテストも「なかったこと」にしてしまいます

 塾へ行っても同じようにできない子を見つけて、あれこれと理由をつけてできないことを正当化してします。「できていないのは僕だけ、私だけじゃない」と。こじれると、頑張っている子に塾の授業中に邪魔をし、気の優しい子には「いじめ」にも近いことをして学習を妨げ、間接的に「こちらの世界」に引きずり込もうとさえします。

 「困った子」なのですが、親御さんの接し方次第で「自分に向き合える」ようになるだけ、「無関心」の子より処方箋があります。このタイプは「できないこと」を責めずに、まずは「できること」を探し、ここを起点に点数や成績がとれるように誘導していきます。

 「できないこと」の中でもお手上げのものもあれば、ヒントを与えれば突破口が開く場合もあります。そこを徐々に攻略して、最終的に「できる」に持って行きます。時間はかかります。短期間で結果を出そうとすると、挫折します。最初は丁寧に「できないのメカニズム」(どこでつまずいているか)を解きほぐすことから始めます

親御さんが「伴走する」最大の役割

 単に勉強をみるだけでなく、子どもの現状に寄り添い、うまくいいところを引き出して「流れをつくる」というのが親御さんが子どもの受験勉強に「伴走する」最大の役割です。「できないこと」をガミガミ言っても、子どもは「現状の自分から逃げる」だけです。子ども自身に「自分はイケる」と思ってもらうこと。成績や偏差値はそういうところから伸びていきます

 受験勉強で「自分に向き合える」ようになった子は「確実に」伸びます。中には段違いのレベルに達することもしばしばあります。偏差値40前後でくすぶっていた子が60以上になったケースは、間違いなく自分の強みを知り自信を持ちつつも、少しずつでも弱点ややりたくないことに、周囲のアシストもありながら1つずつ乗り越えてきた子です。「他人事」の子は中学受験に向かないとは真逆に「自分事」になると、成績はどこまでも伸びていきます。

中学受験は「琴線」探しの1つ

 精神的に「幼く」、遊びや今楽しいことの誘惑に負けてしまう小学生はむしろ「普通」です。そういう状態から中学受験の勉強の世界へ目が向くのは「楽しさ」や「感動」が少しでもないと無理です。その「楽しさ」や「感動」が具体的なものとして表れるのが、点数であったり、偏差値です。

 遊びでゲームをやっていても楽しいのですが、やはりスコアやポイントが上がっていかないと、いずれつまらなくなって見向きもしなくなります。それと同じで受験には「数字」が伴わないと、気持ちが盛り上がってきません

 自分の現状と向き合えない子は「伴走者」がいれば何とかなっていくことが多いのに対し、「無感動」「無関心」はいくつもの段階を経ないと軌道に乗らない可能性があります。

 ただ、10歳前後の子が何に対しても「どうでもいい」ということは絶対になく、何か「琴線に触れるもの」があるはずです。中学受験で言えば、「この中学に入りたい」「この部活をやりたい」「この文化祭に参加したい」などです。中学受験は子どもの「琴線に触れること」を探し当てた順からスムーズに流れていくのかもしれません

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク