中学受験 不合格を招く「残念な親」4タイプ

+12
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 悩み解決のヒントになる受験ブログいっぱいです!

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
「気づかない」親御さんは多い
一番残念な「丸投げ親」
「積み重ねられない」転塾リスク
市販教材「特効薬」にならない?
・「勝負は6年後半」ではない理由

スポンサーリンク

「気づかない」親御さんは多い

 中学受験に現状で「向いていない」子どもがいるように、親御さんにも気づかないままでいると中学受験に「不向き」なタイプと言わざるを得ない方々がかなりいます。

 「難儀な親御さん」の具体例はそれぞれで、ケースは細かい部分で違いますが、大別すると後々子どもに不合格を招く可能性が高くなる「残念な親御さん」のタイプは4つに分かれると思います。

一番残念な「丸投げ親」

 中学受験で一番「残念な」親御さんは、「丸投げ親」です。大金を払って塾に任せておけば、順調に成績が上がって、6年生の2月には我が子も御三家合格――という地図を描いている親御さんは結構います。「塾は成績を上げて、志望校に合格させてくれるところ」というイメージです。

 しかし、中学受験の進学塾は「志望校への切符売り場」ではありません。中学受験の進学塾に定義があるとすれば、「中学合格に必要な学習内容、教材、それを使いこなし解くためのノウハウを伝授し、受験に必要な情報を提供、合格へのアシストをする」といったところです。もっと砕くと「合格をするための方法や近道は教えますが、後は各自家庭学習に取り組みながら成績を上げてください」という意味になります。

 子どもを中学受験の厳しい戦いに「参戦」させる以上、親御さんも中学受験を「勉強」する必要があります。塾で勉強している内容を一緒に勉強して学力を付けるというのではなく、塾、教材をどう利用し、家庭学習を進めていくかの計画、監督ができるように「中学受験を知る」ということが、子どもを合格へ導く第一歩になるということです。

スポンサーリンク

「積み重ねられない」転塾リスク

 塾に「丸投げ」もまずいのですが、逆に成果を焦って短期間で塾や個別教室を見限り、塾を繰り返す親御さんも子どもを不合格の道に連れ込むことになりがちです。

  合格実績の良い塾に入塾したものの、成績が上がらないと「ウチの子には合っていない」と今度は「面倒見が良い」と評判の塾へ移ります。しかし、3カ月通っても子どもの成績が伸びるどころか落ちたりすると、今度は個別指導塾へ。そこも先生がコロコロ変わり、落ち着かないとなると、家庭教師センターで「プロ家庭教師」(学生ではない社会人、特に資格はない)を雇い……。

 親御さんの凄い行動力ともいえますが、転塾にはメリットも期待できる半面、リスクも伴います。転塾を重ねる、ということはその都度「また1から始める」ということに等しいと言えます。その塾、教室によってやっていること、やり方は違ってくるので、前の塾で既習の内容だとしても、やはり基本的には1から、ということになります。

 転塾を繰り返すと、受験の肝となる「学習の積み重ね」ができずらく、また「振り出しに戻る」ことになります。1つのところで地道に頑張ってきた子との差は開く一方。いくら勉強しても穴の開いたバケツに水を貯めようとするのと同じ行為です。塾の勉強のペースに慣れ、やり方になじみ、成果が出るまで半年程度は見た方が良いでしょう。転塾はそれから考えても、4,5年生なら遅くはありません。

市販教材「特効薬」にならない?

 「市販の教材に手を広げすぎる」パターンも学習の積み重ねには弊害です。通塾していてもなかなか成果が出ない場合、親御さんは「現状打破の特効薬」として市販の参考書、問題集に目を向けがちです。「わかりやすい」「●日で完成、成績アップ」などのタイトルが付いたものに引き寄せられます。最近では有料無料双方の動画や通信教育も充実しており、選択肢は幅広いです。

 しかし、多くの場合「問題解決」とはなりません。市販の参考書にしても問題集にしても、与えているだけでは子どもにそれを「読み解く」だけの学力が伴っていないからです。それが読み解ける、自走して一人でできるくらいなら、塾のテキストと授業で十分学力が付いているはずです。一番手厚いはずの塾のテキストと授業で四苦八苦しているのなら、塾での勉強姿勢、家庭での復習のやり方などを見直した方が「問題解決」の近道です。

 市販教材は紙媒体なら説明には限りがあり「痒い所に手が届いていない」ことが少なくありません。動画は分かりやすいものも多いのですが、学習意欲の薄い子は「見ておしまい」になりがちで血や肉になりずらいです。取り組むなら親御さんがナビゲーターとして付きっ切りで、内容をかみ砕き、スケジュールと学習内容を管理し、手取り足取りで伴走しないと成果は出にくいでしょう。

「勝負は6年後半」ではない理由

 「勝負は6年生後半」と目論んでいる親御さんも「こんなはずでは…」という受験になりがちです。志望中学校の過去問演習も含め、6年夏以降に「詰め込む」というやり方は中堅以上の中学を志望するなら通用しないと思っていた方がよいでしょう。

 実は中学受験のベースは5年生までに構築する必要があります。基礎が出来上がっているのなら6年生からの演習(問題を解くこと)を中心とした塾の勉強が有効に働くのですが、基礎がしっかりしていないところに何を積み上げても不安定なままか、崩れ落ちるだけです。

 6年終盤の「追い込み」もそれまで着実に基礎を積み上げてきた子なら効果がありますが、何もしてこなかった子、基礎構築をサボってきた子にとっては意味がなく、事ここに至った以上は「持っている力」だけを頼りに受験本番を迎えるしか手はなくなります。「中学受験は先行逃げ切り」という意識が親御さんにあるかないかで、受験終盤の様相は全く違ってきます

 受験は試験当日に至るまでの「道のり」が全てです。主役は子ども本人ですが、そこへ導く親御さんの過ごしてきた歳月の「中身」も問われます。中学受験で「残念な親」にならないためにも、親御さんも心して取り組んでほしいと思います。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク