中学受験 ミス激減 小テストで全力を尽くす

+9
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 悩み解決のヒントになる受験ブログいっぱいです!

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
小テストで結果を出すことの意味
「積み残しなし」にする理由
ともに大切な「満点」と「ミス」
「ミス」を激減する方法はある
・小テストから連綿と続く合格の道

スポンサーリンク

小テストで結果を出すことの意味

 中学受験の肝となる家庭での「勉強習慣」の定着。その成果を見せる場としてのスモールステップが毎週多くの進学塾で行われる「小テスト」です。国語なら漢字、算数なら計算を含めた前週の単元の復習問題を、理社なら知識系の問題を中心とした前週の学習内容の確認テストになるでしょう。

 塾のクラスアップには直接関係しませんが、コツコツと頑張って満点、合格点を積み重ねる子とそうでない子の差は、長い年月でとてつもなく広がります。中学受験はこの「小さい結果の積み重ね」で合否が決まるといっても過言ではないからです。小テスト「満点」「合格点」の習慣は6年生の冬に、必ず「合格」という形でちゃんとリターンされます。

「積み残しなし」にする理由

 塾の1回ずつの授業はパンパンに内容を詰め込んだ、特盛状態のテキストで提供されます。授業にしっかり「参加する」ことを前提に、家庭での復習(勉強習慣)をしますが、たとえやることが特盛でも、将来的に難関校、上位校を志望するつもりなら、4,5年生のうちから塾で学んだ単元は、1週間以内に原則積み残しなく消化していくことをお勧めします。

 なぜなら、積み残しを次週に持ち越すと「負債」がたまり、また翌週へ持ち越しという悪循環に陥るからです。積み残しを後回しにして時間があるときに、と一時棚上げにすると後日時間を割くのは難しく、結局放置したままになります。

 これがたまりにたまった状態が「勉強が分からない」です。次第に集団から落伍し、成績が振るわなくなるのです。

スポンサーリンク

ともに大切な「満点」と「ミス」

 積み残しをしないためにも小テストは全力で「満点」という目標を立てます。「積み残しなし」を証明し「やればやっただけの成果が出る」という意識を植え付けるためです。

 小テストのような「短距離走」で結果を出していくことで「できる」を実感します。この積み重ねから、月例テストや模試、最後の入試という「中距離」「長距離」でもベストのタイム(得点・偏差値)を刻めるという自信、勉強体力(長時間勉強と格闘できる)につなげ、合格を勝ち取ります

 しかし、「ミスをすること」も実は大切です。矛盾するようですが、満点以上に勉強になるのがテストでの「ミスによる失点」です。入試本番までミス自体は構いませんが、「ミスをした自覚とその後のケア」は忘れないようにします。

「ミス」を激減する方法はある

 よく「ケアレスミス」といいます。10問の計算テストで「本当はできているのに計算ミスで3問間違った」などと子どもは言い、親御さんも「もったいない。ミスさえしなければ満点だったのに」と肩を落とします。

 しかし、これはミスではなく「計算力がない」算数の実力不足です。だれでもミスはします。完璧ではありません。それでも九九や足し算引き算を正確にするという基礎中の基礎をちょくちょく間違えるのは「おおよそ」はできるものの、正確には「問題を解き切る力がない」と言えます。

 「ミス」を激減する方法はあります。間違った問題、自分の解答、計算のこん跡を残したまま(消しゴムなどで消さず)コピーしてノートに貼り、間違った箇所を〇で囲んだりして目立たせます。「どうして間違ったか」をメモ書きのように記し、その横や下にやり直しをします。

 いわゆる間違いノート」を作成し、マメに見直し、真剣に解き直すことでミス」と呼ばれるものは劇的に少なくなります。これをなくすことで算数なら入試本番で受験者平均の得点から、合格者平均点くらいまで得点が変わります。つまり10~15点プラスです。「合格」がグッと近くなります。

小テストから連綿と続く合格の道

 もう1つ、小テストで満点を目指すことによって得られるもう素養は、時間内に正確に解き切るという「スピード」です。

 小テストは5分から10分程度の間に問題を解き切らなければなりません。かなりタイトな設定です。余裕のない中で全問をやり切るにはスピードと正確さ、判断力が問われます。毎週のように厳しい「短距離走」で結果を出すことによって、入試本番の50分から60分という「長距離走」の設定時間は「余裕」と感じます。

 「入試本番より小テストの方が緊張した」。御三家の中学に合格した子どもが口にした受験の感想が、小テストの過酷さと大切さを物語っています。

 「ミスのとスピード」。6年生で模試を頻繁に受けるようになり、過去問をやるようになると、必ずと言っていいほど「課題」として親御さんが指摘する2点です。4年生からの小テストを毎週コツコツ頑張ることで、6年時には「課題」ではなくなります。志望校合格への道は、塾の小テストから連綿と続いているのです。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク