偏差値50台前半からの脱出

+14
PVアクセスランキング にほんブログ村

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
「甘い」偏差値50台前半
上位層との差は「圧倒的ユルさ」
「勉強回路」をつなげる
・特効薬なし、ぶつかるしかない

自分で思考して「甘さ」から脱却

スポンサーリンク

「甘い」偏差値50台前半

 偏差値50台もとても幅が広いです。50が全体の真ん中というのは分かりますが、100人いて40番目がだいたい偏差値52.5で、55で31番目くらい、上位4分の1なら57、大台の60手前の59で18番目程度という具合に、レベルがいくつかに分かれるイメージです。

 しかし、共通して言えるのが、それぞれ「何かが欠けている」から1つ上のステージの前で立ち止まっている、ということです。特に50~54レベルは、多くの場面で「取り組みの甘さ」を感じます。55以上、最終的に60突破を視野に入れているのなら「甘さ」からの脱却が必要です。

上位層との差は「圧倒的ユルさ」

 偏差値50~52レベルは一歩間違うと、40台への転落という危険性をはらんだ数値です。40台と行ったり来たりの生徒は、学んだことを放置するという「甘さ」を多くの場面で感じます。この甘い部分を1つず潰していく、という行為を意識しながら進まないと、いつまでも偏差値50前後、「真ん中くらい」に停滞したままになります。

 「甘さ」の例として、理解してようと、していまいと、間違い直しをしたことを勉強と思って、それでおしまいという、勉強スタイルが挙げられます。

 偏差値50台前半の子は決して「できない子」ではないのですが、できなかった問題、正解したけどモヤモヤ感が残る問題への取り組み方の「圧倒的ユルさ」が上位層との差になるのです。まずはその「勉強習慣」からの決別から始まります。

スポンサーリンク

「勉強回路」をつなげる

 塾の宿題もあるし、やらなければならない課題が山積みで、次々「こなしていく」必要があるのは分かります。しかし、「こなしていく」という姿勢が1つ1つの課題を雑に扱うことになるのです。曖昧なまま、生煮えのままなので、学力が身に付かず、いざテストになると自力で問題が解けないのです。

 1つ1つの問題を丁寧に取り組むことで、いくつもの「気づき」や「新しい知識」が身に付きます。これが増えていくことで、いずれ「勉強回路」がつながってピカッと光がともります。1つの「気づき」が、他の「気づき」につながり、「新しい知識」がつぎにやる問題に使えたり、と「勉強回路」は次々つながって、明るさが増していくと「できる」問題の数も増え、成績が上がります。

 ただ、「丁寧に」といっても、気づきや知識がないため、やる気を出しても「続かない」という問題にも直面するでしょう。つまづく箇所(分からない箇所)が多くて、先に進めないというのも、偏差値40~50台前半の特徴です。そこで親御さんの出番です。「どこが分からない」のかを一緒に考え、最終的に子ども自身で答えをだしてもらいます。

 答えが出ないまでも「こう思う」というところまでは自力で頑張ってもらいます。一生懸命考えた後は、塾の先生への質問の橋渡しを親御さんがするも良しです。注意してほしいのは叱責。「勉強回路」が「工事中」なので「どうしてできないの」などは禁句です。

特効薬なし、ぶつかるしかない

 偏差値53、54レベルの子も「甘さ」を残したまま、先を急ぐ子が目立ちます。50台ギリギリの子より、国語の漢字や語彙、理社の知識で若干上回っているかな…という程度で、60までにはまだ「距離」があります。

 この「距離」を縮めるには特効薬はなく、障害になる石をどけて道を開くように目の前に立ちふさがる問題にぶつからないと始まらないのです。できない、分からないに目をつぶり、得意なところ、できるものに集中して得点を挙げるという手法もありますが、いずれ行き詰まります。逃げ切れないのです。

自分で思考して「甘さ」から脱却

 障害物を取り除く作業は一筋縄ではいきません。なので親御さんの我慢強い伴走が必要なのです。「親塾」で教えるのが手っ取り早いかもしれませんが、教えられたことは忘れます。ギリギリまで試行錯誤し、あがいた上で導き出したものは頭に残ります。じれったいかもしれませんが、思考の習慣を付けるためにも親御さんは子どもなりの答えが出るまで待ってあげてください。

 親の伴走を子どもは嫌がるかもしれません。でも子ども聞いてみてください。「じゃあ、この状態から、どうやって前に進むの?」と。怒るのではなく、自分に向き合う問いを投げかけます。この場合も親御さんは待ちます。それも伴走のうちです。勉強の取り組みの「甘さ」からの脱却は、子どもが自分の現状と向き合うことから始まります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。

 

Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク