5年、6年春からの中学受験参戦は「あり」?

+17
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
途中参戦「あり」だが甘くない
入塾は4年の内容をやってから
6年からは力技でゴール!?
・基礎、経験値不足がもたらすもの

・「下地」で受験結果は雲泥の差

スポンサーリンク

途中参戦「あり」だが甘くない

 新学期を前に、春期講習もたけなわですが、にわかに「この春から中学受験に参戦」という5年生、6年生がちらほら受講しています。大学受験と違って、中学受験は講習用のカリキュラムが組まれていることは少なく、個人的には中途半端には感じますが、時期的に「参戦」に踏み切る気持ちはよく分かります。

 3年生の2月(新4年生の2月)スタートがスタンダードとされる中学受験ですが、この時期からの挑戦は現実的にみて「あり」なのでしょうか。目指す中学、受験への考え方にもよりますが、基本的には「あり」だと思います。ただ、スタートが遅い分、「過酷」を重ねて進むことになり、親子共々中学受験は「甘くはない」という覚悟が必要です。

入塾は4年の内容をやってから

 5年生の場合、可能ならば自学によって中学受験の勉強をやっていけるのかどうかを見極めた上での進学塾入塾がおすすめです。4年生あるいはそれ以前で学ぶ内容を土台として積み上げていかないと、5年生の学習内容から取り組んでも、うまく連動しないからです。

 どこの塾に入るかは別として、一番手っ取り早く入手できる四谷大塚の「予習シリーズ」の4年生のものから手を付けて自力で学習します。親御さんが伴走できるのがベスト、難しければ家庭教師、個別塾などで計画を立てながら取り組みます。動画教材も有効です。のんびりやっていると追いつかないので、スピードアップで。ただ、雑になっては元も子もないので、そう考えると勉強量はかなりのものになります。

 夏期講習は参加しても構いませんが、まだ追いつけていない可能性があるので、基本的には秋からの入塾を目指します。夏休み前に模試を受けてみての結果や手応えが1つの目安になると思います。偏差値にして40台中盤から後半ならOK。あとは入塾後の子どもの勉強姿勢と親御さんの適切な伴走によって成績は上がります(一筋縄ではいきませんが…別の機会にまた触れます)。

スポンサーリンク

6年からは力技でゴール!?

 6年生からの中学受験となると、また様相は違ってきます。進学塾の入塾試験を受けて合格なら入塾します(枠は少なく、空きがない場合もあり得ます)。あるいは大手ではなく、長年中学受験を指導している個人塾、金額は張りますが家庭教師で中学受験指導の経験が豊富な先生にお願いするという道もあります。

 入塾した場合、覚悟しなければならないのは多くの塾が新単元をやるというより、総復習や演習に重きを置いているという点です。基礎段階の話は自力で家庭学習をしながら、個別や家庭教師にフォローしてもらうしかありません。あるいは「スタディサプリ」などの動画を並行して見ながら、欠けているところを埋めていきます。

 秋以降、受験校の過去問にも取り組まなければなりませんが、6年参戦組は秋というより冬に過去問というスケジュールになるかもしれません。6年からの受験はとにかく慌ただしいです。その分力技でゴールになだれ込むともいえますが、基礎が固まっていない単元や科目も多々ありながらの受験になります。

基礎、経験値不足がもたらすもの

 6年生からの参戦は子どもの方に「遅れをとっている」という自覚があるので、多くの子が頑張ってくれます。漢字テストなど小テスト、範囲付きの月例テストなどでは前からいる生徒にも引けを取らないくらいです。10月くらいまでは偏差値は伸びる傾向にあります。

 一方で入試問題、特に合否のカギを握る算数はストレートな典型題が出ることは近年少なく、多くが応用=基礎と基礎の組み合わせ、で、それに気が付けるかどうかの勝負になります。どういう組み合わせで、どのような道具(解法)を使えば解けるかは「経験値」=演習量がものを言います。

 そうなると、6年参戦組は基礎固め、演習量に費やす時間が圧倒的に少ないという弱点がここで露呈されてしまいます。11月以降の模試では実際の入試を意識した出題がされることから、ここで偏差値が伸びず、場合によってはポイントが下がるのはそのためです。入試も持ち偏差値以上に苦労する可能性があります。

「下地」で受験結果は雲泥の差

 6年生からでも無理ではありませんが、時間的には厳しいという動かしがたい事実があります。時間的厳しさをカバーできるのは、本格参戦する前に一定水準の基礎学力(計算の正確さ、数や図形の性質、国語の語彙力、社会の地理の特徴、歴史の流れ、理科の実験など)がある場合です。「下地」の有無よって受験校、合否は雲泥の差になります。「そうだ、中学受験しよう」と、思いつきで勝ち抜けるほど中学受験は甘くありません。

 わずかでも受験の可能性があるのなら、小学校の勉強だけにとどまらず、親御さんの伴走の下、動画なり、通信添削なりで早くから勉強体力、勉強習慣を付けておくことをお勧めします。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク