塾の先生が「寝ている子」を起こさない理由

+19
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
先生に叱られただけで退塾選択
・寝ることの正当性を主張する親
・宿題をしない子も怒らない
・なぜ、おしゃべりは注意するのか

スポンサーリンク

先生に叱られただけで退塾選択

 小学校でも進学塾でも、最近の先生は子ども達をあまり怒りません。大声を出したりしません。「パワハラ」という言葉が日常的に使われるようになり、少し強い口調で言うと、言われた方が騒ぎ立て、親まで出てきて「ちょっとした問題」になるのが昨今です。 

 塾で先生に注意されただけで退塾してしまう子も珍しくありません「あの先生怖い」と親御さんに訴え、親御さんも塾側に「先生が怖いと言って塾に行きたがりません」と言っていなくなります。先生の交代を要求する親御さんもいます。 

 なぜ、先生に叱られたかとベクトルが自分たちに向かわず、子どもの言い分だけを聞いて一方的に主張するのか、と不思議に思いますが、最近では「驚くことじゃない。よくある話」(進学塾ベテラン講師)といいます。 

授業中寝ることの正当性を主張する親

 さらに「よくある話」をもう1つ。「塾での授業中に寝ていても注意しない」というのがあります。授業内容が難しく、ついていけなくて睡魔に襲われるのか、疲れているのか、塾と小学校の宿題に追われて睡眠不足なのか、理由はいろいろなのでしょう。中には机に突っ伏して堂々と寝ています。 

 しかし、先生が注意することはあまりないといいます。不思議に思うかもしれませんが、寝ている子を注意すると、親御さんの方から逆にクレームが入るといいます。「眠くなるような授業を先生がしているからでしょ」「宿題に追われて寝る時間が塾ぐらいでしか取れない」――。 真顔で授業中に寝ることの正当性を主張してくる家庭があるそうです。

スポンサーリンク

 授業の準備、生徒からの質問、親御さんへの対応、教材研究、その他の雑務…塾の先生本当に忙しいです。できれば常識外れの保護者に振り回されたくはない、労力を割きたくない…。そんな理由から、塾に「丸投げ」で先生とは普段コミュニケーションを取ってない親御さんの子は、寝ていても起こさないことも「受験塾あるある」なのです。 

宿題をしない子も怒らない

 同じような理由で宿題をやらなくても、塾の先生はそれほど怒りません。一生懸命やっている子には何ら迷惑はかけていないからです。宿題を丸々やってこない子はそう多くありませんが、「解答丸写し」「カンニング」で「やった」ことにする子はザラにいます。 

 先生はちゃんと見抜いています。子どもの実力は把握しています。それでも教室で注意することはないでしょう。そういうことを指摘して塾を辞めたりしたら「売り上げ」に響きます。塾は難関校の合格実績とともに、コンスタントに入る授業料が生命線。塾によっては校舎ごとの売り上げノルマがあるところも存在し、営業面からみると誰もが貴重な生徒なのです。 

なぜ、おしゃべりは注意するのか

 寝た子は起こしませんし、宿題を真面目にやらない子も叱りませんが、授業の進行を妨害する子には厳しい態度で接してくることが多いです。授業中に関係ないことで騒ぐ、おしゃべりをするなどの子は「授業に集中している子の妨げになる」からです。 

 高いお金を支払って塾に通わせている以上、相応のサービスを提供しなければ進学塾は「教育産業」として成り立ちません。合格実績をはじき出し、将来的に塾の経営、講師の生活を安定させてくれる生徒は「絶対優先」です。寝ている分には他の生徒の邪魔をしているわけではないので、放っておくのです。同じ「授業を聞いていない」状態でも「対応」はこうも違いす。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク