偏差値30,40台の子を伸ばす「近道」

+15
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
「●●勉強法」が無意味な理由
「続けていけば」を忘れない
肝の「残り2割」にアシスト必須
・一番の近道は「地道」

スポンサーリンク

「●●勉強法」が無意味な理由

 成績が良く、勉強に前向きな子と成績が振るわず、勉強にたいして興味のない子ではアプローチの仕方を変えなければなりません。つまり、同じ勉強の仕方をしても同じ結果にはならず、ずっとサイズの違う靴を履いて走っているようなものです。

 よく、できる子の勉強法を参考にして、我が子にもこの方法で、という親御さんがいます。「東大生が教える」「●●式勉強法」などは参考にはなりますが、そのまま当てはめても効果はほとんどありません。その勉強法を提唱している人と「ウチの子」は、全くの別人だからです。成績の振るわない子、勉強に関心の薄い子ほど「子別のアプローチが必要です。 

「続けていけば」を忘れない

 成績の振るわない子の場合は、無闇に量をやらせても却って勉強嫌いになるだけです。まずは、 子どもの力量と相談しながら、「今何をすべきかを」常に念頭に置き計画を進めます。具体的には1回の勉強で「全体で8割できるもの(正解できるもの)」を問題を並べます正解して当たり前の、簡単な問題で構いません。

  〇の数が多いことで「あなたはバカじゃないよ。まだまだイケるよ」というのを視覚で訴えます。さらに「いいね。大丈夫、続けていけば難しい問題もできるようになるよ」という言葉も添えます。

 大切なのは「続けていけば」という言葉を忘れないこと。できない子は正解したことでホッとしてしまい、「歩み」を止めてしまいがちです。ここからが勝負という「復習とその先へ」ということに、極めて関心が薄いのが、勉強しない子の特徴だからです。

スポンサーリンク

肝の「残り2割」にアシスト必須

 間違えたり、理解不十分だったりの残り2割。これが肝です。8割の正解を褒めて認めつつも、毎回2割のできなかったこと、あやふやだったことをきっちり、自力でできるようにする。これを着実に積み重ねていきます。 全体の2割程度なら負担も軽く、大抵の子は何とかなるものです。

 ただ、子ども任せでは、その2割は解答見て、写して「おしまい」です。何の積み重ねにもなりません。親御さんが必ずアシストしてあげてください。一緒に問題を考える(教えるのはできるだけ避け、解答の糸口にたどりつけるように導く程度)、子どもに説明してもらう際の聞き役をするなどの「伴走」です。

 学生時代に勉強ができた親御さんは「何でこんなことができないの!」となって、子どもの理解そっちのけで一方的に教えてしまいがちです。あるいは勉強量が足りないとばかり、質量ともハードな内容を課してしまいます。成果はほとんど上がらないでしょう。まずは冷静になって、我が子の現状分析を客観的に行います。これができない状態からの脱却の第1段階です。 時間はかかりますが、じっくり攻めます。勉強で「手のかかる子」には時間と忍耐が必要です。

一番の近道は「地道」

 「こんなペースで受験までに間に合うのかし」。そう思いたくなります。大半がこの「潜水期間」に耐え切れず、短気を起こして辞めてしまったり、最悪の場合は「短期間で偏差値を20伸ばす」とか「逆転合格」とかの甘い言葉、口当たりのいい表現に引っ張られて、「寄り道」をしてしまいます。実は成績がアップする一番の近道である「地道さ」から遠い場所へ移ってしまうのです。 

 では地道に「できる」の数を少しずつ増やしていくとどうなるでしょうか。理解の数が増え、質も伴ってくると、少しずつ前に理解したことと、今日学んだことがリンクしてきます。すると、応用・発展問題を解く突破口になったり、電球がパッと点灯するように解答への道筋が目の前に開ける感覚を覚えます。

 その感覚の積み重ね、つながる回路と回路が増えると後は倍々ゲームのように増殖していきます。これが一気に成績が上がる、偏差値が伸びるシステムです。その回路を構築するために「地道」な積み重ねがあります。一筋縄ではいかないのが、受験勉強です。(受験デザイナー・池ノ内潤) 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。


Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク