「Fランク」大学の附属中学へ進むと…

+18
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
格付けできない「Fランク」
附属でも「進学校」のスタンス
雰囲気は「無理せず入れる大学」
・「ゆるい」に背を向ける勇者

・進路に影響する「ゆとり」

スポンサーリンク

格付けできない「Fランク」

 「Fランク」(えふらんく、略称Fラン)という、大学受験の世界でよく使われる用語をご存じでしょうか。正確には「BF」(ボーダーフリー)という言葉で、分かりやすく言うと、試験はあるものの志願者が少なすぎて、願書を出せばまず合格できるような学校で、合格の目安である偏差値によって格付けできない、ということです。

 大学受験の大手予備校「河合塾」が偏差値ランキング表に「BF」と記したことが始まりとされます。今や日本の大学の4割超が「願書さえ出せば合格できる」、「高校までの学力は問われず入学できる」といわれています。 

附属でも「進学校」のスタンス

 「Fラン」に分類される大学でも、付属の中高一貫校を抱えているところがあります。中学入試でも「BF」かと言えば、一概にそうではなく大手進学塾や首都圏模試では合格の目安である偏差値が付いているところが大半です。ランキング上位かと聞かれれば正直「うーん、そうですねぇ…」となってしまいますが、毎年一定数の志願者を集めています。

 中高一貫の大学附属校(系属校なども含む)は一般的にそのままエスカレーター式に上の大学へ進学するコースをたどります。慶應義塾や早稲田はほぼ100%(早稲田中高は半数程度)、明治や法政などは8割強から9割、大学推薦の権利を持ったまま他大学受験が容認されている日大系では3割から半数弱が日本大学へ進みます。

 大学が「BF」に分類される中高一貫校ではどうでしょうか。調べてみると「数えるほど」というのが実際です。多くが他大学を受験、あるいは推薦入学を果たしています。学校側も上の大学へそのまま、というコースは推奨している気配はなく、「進学校」としてのスタンスをとり、受験指導に力を入れています。先生方の熱意も中学受験で人気校といわれる「偏差値の高い学校」に引けを取らりません。

スポンサーリンク

雰囲気は「無理せず入れる大学」

 カリキュラムも工夫が凝らされており、「面倒見のいい」学校が多いのですが、進学実績をみてみると、国公立大学や早慶、GMARCHとも決して多いとは言えません。現役で合格した人数は指定校推薦とほぼ一致しており、浪人生も少なくないようです。卒業生の数自体が、人気校より少ないというのもありますが、割合に換算しても「多数合格」ではありません。 

 複数の学校を見て感じることですが、学校や先生が頑張っても、主役である生徒の方から総じて「力強さ」が伝わってきません。「ほどほどに、傷つかない程度」の勉強をして、「無理せず入れる大学へという雰囲気が漂っている気がします。 

「ゆるい」に背を向ける勇者

 ただ、そんな「ゆるい」雰囲気に背を向け、独りでも立ち向かう「勇者」もいます早い段階から、自ら積極的に受験勉強に取り組み、予備校に通い、難関校の生徒らの間で「もまれて」学力を高める「挑戦者」です。独自の勉強スタイルを確立し、大学受験での「下剋上」を狙います

 中堅、一般校から現役で東大や難関国公立、早慶に合格しているのは、正面から受験にぶつかり、必死に学力を上げていった生徒です。自ら受験に真剣になった生徒は、難関中学に入ったことだけで満足している生徒や、学校の勉強についていけなくなり「深海魚」になってしまった生徒を簡単に逆転してしまいます。

進路に影響する「ゆとり」

 実は中学受験で「偏差値のそれほど高くない学校」へ進むことは、悪いことではありません。学校の授業や課題で「余裕」があれば、学校の行事や部活動も楽しめ、勉強にしても学校の外に目を向けることもできます。「6年後の大学進学が勝負」という位置づけをすれば、難関中学に入ることだけが「近道」ではないのです。

 学校の授業についていくのがやっと、厳しいでは「余裕」もありません。学校生活を楽しみ、大学も志望校へと考えているのなら「日常の学校生活のゆとり」は大きなポイントになります。(受験デザイナー・池ノ内潤) 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク