偏差値20~40「塾は楽しいよ」の危険度

+14
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
「放置」と「思考モード」の差
「塾は楽しい」の本当の意味
・偏差値40台前半までは親塾も有効
・「腹八分」で「できる」を増やす

・「短気は損気」辛抱できるかが鍵

スポンサーリンク

「放置」と「思考モード」の差

 偏差値が20~40前半レベルは、はっきり言って中学受験で「勝負になっていない」レベルです。原因としては学力以前に「なぜ中学受験をするのかを理解しておらず、親御さんに勉強しなさいとだけ言われている」という子が非常に多いです。 

 とりあえず親御さんの言う通り進学塾へ行ってはいますが、本人の正直な感想は「どうして中学受験なんてするの?」です。前向きな姿勢ではない以上、勉強もできること、分かることは多少の面白さをを感じていますが、現状「自分の理解を超えた内容については「難しくてわかんない」でそれ以上考えようとせず、極端なことを言えば「放置」です。偏差値50台後半くらいからの子が「えっ、何これ?どうしてこうなるの」と、「思考モード」に入るのとは大きな差があります。 

「塾は楽しい」の本当の意味

 何か手段を講じず、できないことを「放置」しているタイプの子は、進学塾で授業を受けても効果はほとんどありません。親御さんからは「周りの子も中学受験をしようと頑張っているし、刺激を受けるのでは?」と反論されそうですが、成績が低迷している子同士のクラスは「どうして中学受験なんてするの?」と思っている子ばかりの集まりです。つまり「同類」です。 

 同じようにできない仲間がいて、自分だけじゃないと子どもは「安心」してしまいます。同レベルで同学年、これに話も合えば、塾は「社交場」です。「塾は楽しい」となります。これが偏差値下位の子の「塾は楽しいよ」の意味です。親御さんは「塾は楽しいと言っているし、しばらく様子を…」となりますが、同じような「放置」の連鎖はとても危険です。

 「同類」からは刺激は受けません。むしろ、突出することを恐れるかもしれません。上位クラスと違って、そこから這い上がろうとする子の足を引っ張る連中もいるくらいです。いつまでも「仲間意識」が抜けなければ、親御さんがいくら塾に大金を投入しても焼け石に水。塾では「下位クラスに長居するものではない」、というのはこういう状態になるからです。

スポンサーリンク

偏差値40台前半までは親塾も有効

 目の前の課題が「ちんぷんかんぷん」では、勉強に対して興味がわいてくるはずもありません。環境を変える意味で「転塾」も考えられますが、基本が分かっていないなら、どこへ行こうと同じ、という結果になりがちです。

 成績が偏差値20台とか30台の子は、子どものレベルに合わせて焦らず、じっくり伴走してくれる、地元の個人経営の塾や家庭教師の先生を見つける方が得策かもしれません。その際には先生にお任せではなく、きちんと「状況」をお話しすることが必須。その後も先生とは密に連携し、子どもの現状を常に把握します。

 ただ、余程経験豊かな先生でないと通り一辺倒の指導になってしまいがちで、効果が期待できません。もし、親御さんが付きっ切りで勉強を見てあげられる環境にあるのならば、偏差値40台前半レベルの子の場合、親御さんによる「親塾」の方が一定期間は効果的です。 

「腹八分」で「できる」を増やす

 親塾のやり方の一例として「腹八分作戦」というのがあります。問題が10問あるとしたら、7~8問正解するレベルのものを親御さんが日々用意します。5年生なのに、小4レベルでしか8割正解しないとしても構いません。現状がそうなのですからしっかり現実を見つめてください。

 大切なのは、正解に至らない2問です。8割正解したことを大いに評価しつつ、これを「どうしたらできるようになるのか」しっかり考えます。2つくらいの「できない」なら、勉強体力のない子でも、なんとか「考える」集中力はキープできます。子どもだけの自力で難しければ、親御さんも一緒に考え、解答への糸口、ヒントを出しつつ、最終的には「一人でできた!」という状態を「演出」します。

 翌日はまたできる問題を中心に出題し、前日できた問題の類題をもう2つくらい混ぜて復習、1問は新しい問題、のように…。「できる」のレパートリーを増やし、基礎を固めつつ、少しずつ中学受験レベルに持っていくのがこのやり方です。 

「短気は損気」辛抱できるかが鍵

 「できる」が増えだすと、確実に勉強が「面白い」と感じ始めます。ゲームと同じ、スコアアップすれば楽しくなります。最初は「こんなペースで入試まで間に合うのか」と道のりの遠さに気が遠くなりますが、半年から1年くらいは辛抱してください。「できる」はだんだん加速し、ある時点を超えると成績、偏差値という目に見える数値で反映されます。

 多くはこの熟成期間の「辛抱」ができないために、成績が足踏み状態になるのです。受験勉強において「短気は損気」なのです。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク