中学受験 習い事やスポーツとの両立は可能か?

+17
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
6年生、難しい時間の確保
習い事、スポーツが潤滑油に
切り替えは得意かドリル的なもの
・「タイト」より「解放」を

スポンサーリンク

6年生、難しい時間の確保

 中学受験に参戦している子どもたちの多くは、「勉強オンリー」というケースは意外と少なく、みんなスポーツや子どものころから続けている「習い事」に時間を割いています。野球やサッカー、バスケットなどのチームに入り、週末になると練習、試合にと汗を流す子ども相当数います。

 子どもが積極的にやっているのなら、できればいつまでもやらせてあげたい「習い事」やスポーツですが、6年生ともなると、両立するための「時間の確保」が難しくなります特に土日や祝日が活動のメインならば、塾の特訓授業、模試と重なり、「やりくり」に親御さんは苦労します。

習い事、スポーツが潤滑油に

 しかし、12歳の子どもに「すべてを受験に」というのも酷な話です。「そんな甘いことを…」と顔をしかめる親御さんもいるかもしれませんが、大人でも「気分転換」の場面がなければ息が詰まってしまいます。

 1つや2つ、子どもが「どうしても」という習い事、スポーツは継続させてあげる方が、受験勉強の「潤滑油」になります。習い事なら1~2時間程度で終わります。我が子も6年生の1月25日まで週2回、スイミングへ1時間通うことを認めていました。

 ここで思い切り泳ぐことで、体力を維持(中学受験は体力勝負でもあります)し、勉強ばかりの空間から一時解放されることで気持ちをリフレッシュしていました。ただし、終わってからは寄り道やダラダラおしゃべりをするのは厳禁。寒くなってからは体が冷えて風邪をひくのも怖かったので、必ずと言っていいほど迎えにいっていました。

スポンサーリンク

切り替えは得意かドリル的なもの

 大切なのは「切り替え」です。習い事、スポーツをやった後に、いかに勉強へと気持ちを持っていけるかがカギとなります。ここで肝になるのは、「最初に何をやるか」です。

 抱えている宿題、課題も気になるところですが、最初は「得意科目」か「ドリル的なもの」が良さそうです。得意科目なら、抵抗感なく勉強へと入ることができます。ただ、長時間やってしまうと、他科目に影響が出るので、30分以内で切り上げるのが大切。親御さんがひと声かけてあげて、次の取り組みに移るようにできればベストです。

 もう1つは「ドリル的なもの」、塾から渡されている日々の計算練習や漢字、社会や理科の一問一答式など、比較的スピーディに進むものがお勧めです。受験勉強の中では「単純」なカテゴリーに入る勉強なので、リズムに乗りやすいのです。これもやり過ぎに注意。15分から20分で切り上げて次へ進みます。

「タイト」より「解放」を

 勉強のスケジュールをあまりにも「タイト」にしてしまうと、多くの子どもは「手抜き」をしたり「うそ」をついて「ずる」をします。子どもだってそんなことをするのは良くないし、何のためにもならないことくらい百も承知です。それでもやります。「分かっちゃいるけど…」なのです。

 子ども部屋で勉強する、と言っては隠れてゲームをやったり、マンガを読みふけります。「授業の後、塾で補習がある」と言っては、寄り道をしたりして塾の友だちとゲームをしたり、おしゃべりにと時間を費やします。子どもなりに自分で「逃げ道」をつくって、精神のバランスを維持しようとしているのです。

 小学校に月曜の朝から5日続けて通い、さらに週に2、3日プラス土日までも通塾するのは、それだけで「すごいこと」です。そんな子どもたちに敬意を表して、厳しい中学受験の真っ最中でも、大人は「気持ちが解放できる、休まる空間、時間」を確保してあげることが必要です。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。

 

 

Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク