偏差値「5」アップ 中学受験 GWの使い方

+18
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
プランの半分達成で「上等」
クラス別GW特訓の活かし方
「間違いの傾向を意識する」 GW
・何が足りない、何がズレている

・親御さんの伴走で分析・改善を

スポンサーリンク

プランの半分達成で「上等」

 ゴールデンウイーク(GW)です。コロナ禍でここ2年は、楽しめなった連休も今年は状況が幾分改善されて、旅行需要も高まっています。ただ、冬に中学受験を控えている6年生にとっては、遊びは二の次、といったところ。一度ペースを崩すと、建て直すのには時間がかかります。全てを受験に、とは言いませんが「ほどほどに」です。

 連休期間中の学習プランについて、親御さんはあれこれ思案していると思います。しかし、頭に思い描いたことの3割できれば合格点です。半分なら目的は達成された、と思って良いです。12歳の子どもは、大人の構想の半分もやってくれれば「上等」なのです。

クラス別GW特訓の活かし方

 塾によっては「GW特訓」が用意されているところもあります。成績アップを図るというよりは、秋以降本格化する「志望校別特訓」のデモンストレーションの意味があります。学校名の付いた「冠講座」に参加するのは、同じ学校を目指す仲間の「顔ぶれ」を意識することになり、学習以上に「モチベーションアップ」の効果が期待できます

 一方で「難関校特訓」など、学校名が付かず、ひと括りにされている場合は、GW特訓に参加しても、それほど有効ではないかもしれません。成績順にクラス編成がなされるところが多く、中下位クラスになると、中学受験に対してまだどこか真剣になり切れていない、といった子が集まる傾向にあります。多くの12歳は「前にならえ」「右にならえ」です。周囲の同じ「のんびりそん」を見て「まだ大丈夫」と安心してしまい、その調子で夏休みへとなると、秋以降の成績の伸びが期待できません。

 すでに参加が決まっている場合の心構えとして、「みんなもそうだよ」「みんなもできてないよ」から「自分だけは脱出する」という気持ちが必要です。親御さんは我が子に「1回の授業で何か1つ、お土産にして持って帰ってきて。家に帰ったら、それをお父さん、お母さんに分かるように教えてちょうだい」とテーマを与えて送り出してみてください。いつもよりは集中して授業に参加するはずです。

スポンサーリンク

「間違いの傾向を意識する」 GW

 苦手科目克服、を掲げている家庭もあるでしょう。ただ、苦手科目の根は深いので、GWの短期間で何とかなるレベルではないかもしれません。それよりも「間違いの傾向を意識する」をテーマにGWを過ごすというのも「あり」です。

 例えば算数。計算のケアレスミスが多い場合は、これまで解いた問題の間違ったものを洗い出し、どこで計算ミスしたのかを分析します。繰上りなのか、足し算引き算なのか、掛け算なのか、解答欄への移し間違いなのか、字が汚くて読めないからなのか、雑に計算してケタがずれているのか…。子どもそれぞれで「間違いの傾向」はあるものです。

 「間違いの傾向」をしっかり「自覚」することで、偏差値は「5」ぐらいすぐ上がります。いつも「気を付けなさい」と言うだけで終わらせている親御さんが多いので、具体的な対策をしない子どもは自覚することなく忘れてしまい、間違いを繰り返すのです。GW期間中、自分の「ミスのクセ」を意識しながら、計算練習を「しっかり」してみてください。「自覚」するだけで、劇的に変わります。

何が足りない、何がズレている

 国語は読解問題の記述に焦点を当てるのも良いです。これまで塾で解いた問題の自分の解答を、模範解答と照らし合わせて「分析」してみます。

 主語がない、理由を説明する時の言葉が足りない、逆に語彙力がないから説明が長くなる、いつも書くポイントがズレている、素材文に書いてあることではなく、自分の思いついたことを勝手に書いている、そもそも何も書いておらず空欄のまま…。「症状」は人それぞれですが、たくさんの問題を振り返ってみると「できない傾向」が浮かび上がってくると思います。

 これを「自覚」しつつ、何が足りないのか、逆に何が余分なのか、少しずつでいいので粘り強く何度も書き直して模範解答に自力で近づけます。進歩の過程を目で見て分かるように、自分で書いた解答は消しゴムを使わず、「必ず残す」 のがポイントです。

親御さんの伴走で分析・改善を

 算数にしても、国語にしても子だもだけでは「分析」は難しく、「自覚」まで至らないと思います。親御さんの「伴走」が肝になります。できないことをとがめるのではなく「分析」そして「改善」がミッションです。子どもと「対話」をしながら、壁を突き破り、一段高いステージへ上ります。

 成績、偏差値がアップするのは、難しいものができるようになったからではなく、足下を見つめ直したから、というのが正確なところです。足下がしっかりすると、加速度的に成績は良くなります。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク