中学受験「合同説明会」3つの賢い使い方

+16
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
・合同説明会を上手に使う
・「最終回」を狙え
・「本命」校のブースは訪ねない!?
・「意外と良かった」 はあるある
・ 学校説明会は早期参加がベスト

スポンサーリンク

合同説明会を上手に使う

 コロナ禍はまだ収束したとは言えませんが、それほど神経質にならなくても…という雰囲気になり、中学受験向けの学校説明会もオンラインから対面式に移行しつつあります。4月以降、各校とも規模を小さくして、あるいはほぼ個別で独自の説明会を開催、3年ぶりの「復活」とあって、ネット予約もなかなか取りづらい状況になっています。

 もう1つ、複数の学校が一堂に会し、各ブースを設けて自校の説明、質問を受け付ける「合同説明会」もさかんに行われています。こちらも人気があり、申し込みをしても抽選だったり、時間制限があったりと、コロナ前のような状態には戻っていません。それでも、1度に多くの学校の情報に接することができる大きなメリットがあります。限られた機会、時間を有効に過ごすための賢いポイントを3つ紹介します。

「最終回」を狙え

 まずは「時間」です。かつては午前から夕方まで1日中会場にいて、いくつもの学校の話を聞くことができた合同説明会ですが、コロナ禍では「1組2名まで1時間半から2時間までの入れ替え制」が基本ルールです。4回くらいの入れ替えが設定されていますが、人気は午前中の最初の回です。当然、希望が殺到し、予約が取れない、抽選にはずれるといった現象が多くおこります。

 逆に一番予約が取りやすいのが「最終回」です。お昼前に「予定」を済ませてしまいたいという気持ちはよく分かりますが、まずは説明会に参加する、というのが大前提なら、その日は1日この説明会を中心に過ごすくらいの気構えでいてほしいと思います。

 「最終回」はだいたい午後3時スタートです。あまり知られていないメリットとしては「終わりの線引きが比較的緩い」ということです。前の3回は「後が控えている」ため、時間内で打ち切り、入れ替えをしなければならず、待っていてもお目当ての学校の話を聞けない可能性も高いです。その点、最終回はエンドレス、とは言わないまでも、後がないので、学校側は会場の時間が許す限り対応してくれます。深い話をできる場合もあり、時間が遅いということを除けばメリットは多いと言えます。

スポンサーリンク

「本命」校のブースは訪ねない!?

  合同説明会へ参加するのは「お目当ての学校」があるからだと思います。しかし、ここは敢えて「本命」「次点」の学校は避けるのも、「賢い参加の仕方」です。

 恐らく「お目当ての学校」は「難関校」「人気校」である場合が多いでしょう。必然的に他の参加者も話を聞こうと殺到します。運よくすぐに担当者と話すことができれば問題なしですが、盛況で待ち時間だけ長くて「聞きたいことも聞けなかった」となりがちです。せっかくの機会なのに、かなりもったいないことです。

 本命あるいはそれに準ずる学校は、やはり学校主催の説明会でしっかり情報収集をするのが「王道」です。ここは考え方を変えて、「併願校」候補や「ちょっと気になる学校」のブースを尋ねてみることをおすすめします。

「意外と良かった」 はあるある

 特に割とすぐに話を聞ける学校は「推し」です。受験するしないに関わらず、私立が、男子校が、女子校が、共学がどういう方針で学校を運営しているのか、雰囲気はどうかなどがよく分かります。具体例は学校それぞれですが、現場の先生と話すだけでも「気づき」があります。さらに本命や次点の学校との「違い」がより鮮明になり、目指したい学校の「像」がはっきりするかもしれません。

 場合によっては「意外と良かった」となり、一気に受験校候補に「昇格」するという事例は、多くの先輩方が経験しています。合同説明会は1校でも多くの学校に「触れる」ことが、最大のミッションです。

学校説明会は早期参加がベスト

 最後は「早くから参加する」のがベストです。早くからというのは、受験学年の6年ではなく、できれば4年生くらいから参加します。つまり「学校研究」は、複数年計画でする、ということです。

 参加は親御さんだけで十分。受験の可能性が少しでもある学校、自宅から近い学校、場所に関わらず気になる学校は片っ端からコミュニケーションをとります。同じ質問をして各中学校の「スタンス」を知るもよし、「掘り出し物」の中学を探すもよし、パンフレットを持ち帰り、吟味して次の説明会の機会に話を聞くのも良いでしょう。

 さまざまな学校と接することで、我が家の目指す中学受験がどういうものなのかが徐々にはっきりしてきます。説明会参加での情報収集と分析、検討は親御さんの重要な任務になります。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク