たった2つ!中学入試「合格の鉄則」

+9
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
「仕留める」か「取りこぼす」か
鉄則は2つ「基礎と標準」
「なんとなく」脱却で芋づる正解
・「特急」と「各駅」の違い

スポンサーリンク

「仕留める」か「取りこぼす」か

  もちろん学校によって違いますが、実際の入試での合格基準となる得点率は6割から7割というのが「相場」です。入試問題を見ていると、レベルの差はあるものの、中学受験用にきちんと勉強してきていれば、60%から70%は正解に至る問題が並んでいます。

 つまり、受験生が入試までにやるべきことをきっちりやっていれば、全員合格できるものが出題されています。それでも差がついて合格、不合格に分けられてしまうのは、「正解すべき問題」「正解してほしい問題」として、学校側が出題した問題を、「きっちり仕留める」か「取りこぼすか」、これだけの差なのです。

鉄則は2つ「基礎と標準」

  入試問題は応用や難問がスラスラできるかできないかが、合否を左右するわけではありません。「合格の鉄則」は2つしかありません。第1に「基礎的な問題を確実に正解すること」です。模試でいえば正答率60%以上の問題です。偏差値45以上ならだれでも正解できるはずの問題を「的確に」つぶしていきます。 

 2番目は「標準問題の正解確率を高く保つこと」。模試でいえば正答率40~60%の問題を標準と位置付け、このゾーンの正解数が多い順に入試は合格します。模試で標準問題を取りこぼさず正解を積み重ねると、偏差値が高く出て、志望校判定で好評価が得られやすくなります。入試では当然合格します。

 模試や塾の月例テストが返却されると、 親御さんは解答欄が空欄の問題に目が行き、ここを重点的に勉強させようとします。逆に計算間違いや漢字の書き取りの不正解は「ケアレスミス」として、軽く考えがちです。実は空欄は後回し、最後の最後にやればよく、大切なのは基礎・標準問題の復習、間違えチェックです。「気を付ければ確実に正解する」「注意すべき点を守れば必ず得点になる」ところを押さえるのが、高偏差値と入試の合格の「最短距離」です。

スポンサーリンク

「なんとなく」脱却で芋づる正解

 基礎問題を確実に正解するには、「早さより正確さ」を心掛けます。ミスの多い子は、特にこの点を意識します。「●分間に●問解いた」ではなく、「●問解いて全問正解」を基本方針にします。最初は遅くてもOK。まずは確実に正解、を目指します。5問の計算問題を正確に解く時間を計り、そこを基準に全問正解するのに必要な時間を徐々に早くしていけば良いのです。「やっつけ仕事」感覚で毎日計算練習を10問やるより、「正確さを意識」しながらやる5問は10倍の効果があります。

 標準問題の正答率アップは演習量とともに、どうしてその解答になるのかの理解ができているかどうかで決まってきます。「なんとなく解いていたらこうなった」という曖昧さをなくすのです。親御さんが聞き役になって、子どもから「レクチャーを受ける」場面を数多くつくることで、理解力は磨かれます。

 特に算数、理科は有効な勉強法です。解法暗記ではなく、「原理原則」を念頭に置いて解くことを意識します。自分で問題の解答解説ができるようになれば、大問丸ごと正解は可能です。最近は小問の(1)から(5)まで関連している出題が多く、理屈さえ分かってしまえば「芋づる式」に解答が導き出せます。 算数、理科で好成績を弾き出す子は、この 「芋づる式」 を連発して一気に「大量得点」を挙げます。

「特急」と「各駅」の違い

 偏差値65以上の子がその数値に達するのも、大問ごと丸々正解という「特急列車」(最後の問題までノンストップですべて正解)があるからです。〇のものもあれば×のものもあるという「各駅停車」とは、スピードも得点力も大きく違うため、差が出るのです。

  多くの子は問題を「なんとなく」で解いている(曖昧な、理解不十分なところがある)レベルなので「各駅停車」になるのです。「なんとなく」をなくすことで、模試の成績の「乱高下」が解消され、もっと言えば「まさかの不合格」を防ぐことができます(受験デザイナー・池ノ内潤) 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク