中学受験 大量の「塾の宿題」を回すには?

+4
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
どうする?「宿題が回らない」
考えすぎず、でもこん跡を残せ
丸写しではない解答解説から学ぶ
・宿題をやる本当の意味

スポンサーリンク

どうする?「宿題が回らない」

 通塾している中で、親御さんの大きな悩みの1つは「宿題が多すぎて回らない」です。サピックスのように「宿題ではなく家庭学習」と言い換えながらも、事実上は宿題というものも含め、塾は大量の宿題を課す傾向にあります。

 成績の良い「デキる子」でもギリギリ翌週の授業までに終わるかどうか、という「特盛」の量に、8割くらいの生徒は宿題を全部やり切れずに「タイムリミット」を迎えます。よく、宿題が回らないので「塾の先生に相談して分量を減らしてもらう」といった話を聞きます。それも「あり」だと思います。終わらないことを気にしてストレスを溜めたり、寝不足になるくらいなら、今の力量に応じた質量で取り組むのは、中学受験の勉強をやり続けるうえで妥当な選択です。

考えすぎず、でもこん跡を残せ

 しかし、減らす前に「取り組み方」の工夫で宿題は回るものです。「できない理由」を探すより、「どうしたら少しでもできるかを考える」という姿勢があるだけで、その後の成績の伸びは大きく違います。 

 どうしたら大量の宿題をできるようになるのか――。1つは「考えすぎないこと」です。3分考えて解答の糸口がつかめないものは、どこまで考えたかをきちんと書いたうえで先生に質問します。「何も分かりません」の状態で先生に聞いても、頭に残りません。必ず考えた「こん跡」を携えて、先生にぶつかっていきます。 

 自分の考えたところまでと、先生の説明がドッキングして電流が通る(理解する、分かる)ようになるまで、先生に食らいついてください。1つの回路に電流が流れると、別の回路にも通電することがあります。「できる」の引き出しが増えるのです。この引き出しの数の多さと正確さが、「成績アップ」につながります。 

スポンサーリンク

丸写しではない解答解説から学ぶ

 宿題が手に負えず、解答を見て丸写ししてくる生徒もよくいます。同じ解答を見るでも、やり方次第で、力を付けることはできます。

 「こうじゃないかな」と解答への方向性はなんとなくわかるものの、自信のない問題には、先に解答解説を読み、正解へのプロセスを確認していきます。丸写しはNG。解答を指さしながら、プロセスをたどりまり、ノートに解答を書き込む際に、自分なりに分かるようにポイントとなる箇所に、自分の言葉で解説を加えます。次に日を空けてもう一度自力でトライします。理解しているかどうか、自分で答案を「復元」するのです。これを何度も繰り返して、自分のレパートリーにしてしまいます。 

 すぐにできない問題は、いつまでも考え続けず「タイムリミット」を設けて見切りをつけ、勉強を効率よく進めることが大切です。効率よく勉強するとは、宿題の量を少なくして楽することではなく、時間を大切にしながら「自力でできるための近道を探す」ということです。これが1つでも2つでもできれば、宿題が終わらなくてもOK。ノートの隙間を埋めて表面上だけ終わった宿題より、数十倍の効果があります。

宿題をやる本当の意味

 以上、宿題をやる際につまづいて前に進めない原因を取り除く方法でしたが、宿題をやる本当の意味は、やり切ることより「自分は何ができて、何ができないか」の見極めです。できなくても構わない、とは言いませんが、間違えたことは弱点が判明した「収穫」ととらえ、できたものは「自力でできるかの確認の場」と位置付けてください。

 もう一つ、成績を伸ばすコツを1つ。宿題が出た後、できれば先生に標準問題はどれですか」と尋ねてみてください。標準問題には基礎の要素と、応用問題を解く際の気づきにつながる要素が盛り込まれています。標準問題を完璧に自力でできるようになると、応用や初見の問題に強くなります。他の生徒との差はこうしてつきます。いたずらに難問ばかりに挑戦しなくても成績は上がります。(受験デザイナー・池ノ内潤) 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。

Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク