6年生 偏差値20~30台前半のこれから

+13
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 筆者プロフィール

◆中学受験の窓口 今日のメニュー
・6年で30台前半は「作戦変更」を
中受撤退より継続の意味
時間は短く、だけど毎日継続
・「うざい」が「覚醒」の種になる

スポンサーリンク

6年で30台前半は「作戦変更」を

 偏差値30台後半~40台の生徒は、ある程度の時間と手順を間違えなければ“たいてい”成績は数値は上がります。一番大切なのは、先生でもテキストでもなく、本人の「どうしてもできるようになりたい」という意志の強さ(どうしても、というのが肝)。これに親御さんや塾、家庭教師の先生などの適切なアシストが加わると、偏差値で3ポイント前後のアップは短期間でできます。継続すれば、半年で10ポイント程度の上昇は可能です。 

 しかし、6年生の夏前に偏差値20台、30台前半の場合は「作戦変更」が必要かもしれません。、年から中学受験参戦の生徒と。通塾歴1~3年、万年偏差値30台とでは全く話が違ってきます。前者は偏差値30、40台からの子と同じ手順で成果が期待できますが、後者の状態の6年生なら入試までに「できるものを1つでも2つでも増やしていく」という勉強が現実的です。

中受撤退より継続の意味

 「中学受験からの撤退」を親御さんが考えても仕方ないかもしれません。高校受験で頑張る――、という考えもあります。ただ、一度勉強で「挫折」すると、中学で伸びる可能性はそう高いとは言えません。子どもの気持ちが前に向かないのなら、撤退もやむ得ませんが、負担を軽くして、目標を「貫徹」することの方が、中学での頑張りを期待できます。

 現状で偏差値20台から30台前半レベルは、全くといっていいほど「勉強に興味がない」ことを意味します。100点満点のテストで3分の1正解するのも厳しいかもしれません。記号問題を適当に選び、4分の1の確率で「当たった」というレベル。分かって解答していることは少ないでしょう。 

 こうなると基礎からとか、言っている状況ではありません。今自力で「できるもの」「ちょっと頑張ればできそうなもの」をピックアップし、その類題の演習を重ねます。国語は漢字と慣用句、ことわざや短い素材文の読解、算数なら計算問題とパターンで解ける一行問題、初歩の図形問題あたりに絞り込みます。算数はバターンの「暗記」もOKです。 

スポンサーリンク

時間は短く、だけど毎日継続

 集団塾ではなく、個別や家庭教師の先生にお願いするのが得策でしょう。親御さんが見てあげられるのならばそれも「あり」です。正直、「勉強体力」を望めないなので、短い時間を細切れに組み、集中力の持つ範囲内で頑張ります。ポイントは毎日継続すること。続けることで「勉強体力」はついてきます。体力がつくと、できる質量が違ってくるので、レベルが1ランク上がってきます。

 できないことに怒っても逆効果。どんな簡単な問題でも正解したことを認めてあげ、少しでも発展した問題にチャレンジしたら、その「勇気」を評価します。「他の子と比べないこと」を忘れずに。集団塾を離れた時点で「オリジナル受験」です。模試は受けても、狙った問題が正解ならそれで「任務完了」です。

「うざい」が「覚醒」の種になる

 中学受験を志した時に思い描いていた中学校ではない学校を目指すことになるかもしれません。塾の合格実績に赤い字や太い字で書かれる学校とも違うかもしれません。それでも受験をして「合格する」というのは、絶対に自信になります。なぜなら大半の子どもにとっては、初めて自分の力が「他人に選ばれる」という貴重な体験をするからです。

 中学入学直後なのか、中3から高校に上がる時なのか、高2の後半なのか、時期は人によって違いますが、子どもはきっと「覚醒する瞬間」を迎えます。大切なのは「学びを止めないこと」。私立中高一貫校は、時には「うざい」くらい面倒を見ます。でも、精神的に未成熟な子はこの「うざい」が必要です。「うざい」の何か1つでも、子どもの琴線に触れると「覚醒」します。「うざい」は「覚醒」の種です。(受験デザイナー・池ノ内潤)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
筆者プロフィール 最後までお読み頂き、ありがとうございます。マークをクリックして頂くと励みになります!


人気ブログランキング こちらにもとても参考になる中学受験ブログがあります。
Print Friendly, PDF & Email
スポンサーリンク